新NISA初心者はつみたて投資枠だけで1800万円使うべき!?

新NISA制度は、特に投資初心者にとって非常に有益な制度です。この制度には、「つみたて投資枠」と「成長投資枠」という2つの部分があります。ここでは、特に「つみたて投資枠」に注目しましょう。

新NISAは、特に投資初心者にとっては、資産形成の強力なツールとなり得ます。つみたて投資枠に焦点を当て、自分に合ったペースでコツコツと積み立てていくことが、成功への鍵です。無理なく、長期的な視点で投資を行うことを心がけましょう。

あわせて読みたい
新NISA「成長投資枠」も、インデックス投資で1800万円埋めていってもOK!? 新NISA制度の導入は、多くの投資初心者にとって絶好の機会です。特に、「成長投資枠」での投資選択に際して、インデックスファンドへの注目が高まっています。新NISAで...

※当サイトには広告が含まれます。

目次

「つみたて投資枠」の活用

資産を形成する上での基本は、「長期・分散・積立投資」の3原則に基づいて行うことです。これにより、ゆっくりと複利の効果で資産を増やすことが可能になります。

新NISAの「つみたて投資枠」では、初心者でも比較的安心して投資ができるよう、厳しい基準をクリアした商品が選定されています。この枠で投資できる商品は、すべて長期間にわたる分散投資と積立投資に適しています。

新NISAでは、「つみたて投資枠」の年間上限額が120万円に増えています。これは従来のつみたてNISAの年間上限40万円よりも大幅に増加しており、毎月10万円を積立投資することが可能です。これは特に、投資資金をこれから貯める方にとっては十分な額と言えるでしょう。

新NISAの生涯投資枠は1800万円あり、この全額を「つみたて投資枠」として利用することも可能です。例えば、毎月5万円を積立投資する場合、年間60万円の投資になり、これを30年間続けることで生涯枠を活用することができます。これにより、無理なく長期的な資産形成を行うことが可能です。

長期保有のための最良の選択

投資初心者の皆さんにとって、リスクを抑えつつ長期的に保有できる投資商品を選ぶことはとても重要です。安全性を重視する場合、株式だけでなく、債券や不動産投資信託(REIT)などを含むバランス型の投資信託を選ぶのも一つの良い方法です。

しかし、投資期間が20年から30年といった長期にわたる場合、株式のリターンは債券やその他の資産クラスに比べて圧倒的に高いことが多くの研究で示されています。そのため、長期的な視点で投資を考えるならば、株式中心の投資が有利と言えるでしょう。

特に新NISAの場合、非課税で運用できる期間が無期限になっていることから、20年以上の長期投資が前提となります。このような長期投資の場合、期待リターンが高い株式を中心にポートフォリオを組むことが推奨されます。

長期的に安定したリターンを目指すためには、株式市場の動向をよく理解し、分散投資を心がけることが重要です。また、投資のリスクを理解し、自分に適した投資戦略を選ぶことも大切です。

株式インデックスファンドを中心にした投資戦略

株式投資には、自分で選んだ特定の株式(個別株)に投資する方法と、多くの株式をまとめたセット商品(投資信託やETF)に投資する方法があります。

新NISAの「つみたて投資枠」では、主にインデックスファンドに投資することになります。インデックスファンドは、世界中の株式を集めた投資信託の一種で、多くの株式市場を幅広くカバーしています。

個別株の投資は、倒産や上場廃止などのリスクを伴いますが、インデックスファンドのようなセット商品を選ぶことで、リスクをより限定しながら投資することが可能です。インデックスファンドは多くの株式から構成されるため、個々の銘柄のリスクを分散することができます。

新NISAで株式インデックスファンドに投資する場合、一見すると株式への集中投資となりリスクが高いように思えますが、預貯金などを含めた全体の資産バランスを考えることで、リスクを適切に管理することができます。

現役世代の方々や、これから長期間にわたって投資を続ける予定の人は、新NISAでは株式インデックスファンドを中心に購入することが推奨されます。これにより、株式市場の長期的な成長に資産を委ねることができます。

世界中の株式に分散投資するインデックスファンドがオススメ

投資初心者の方には、世界中の株式市場に投資するタイプのインデックスファンドがおすすめです。これは、全世界株式型のインデックスファンドと呼ばれます。

このタイプのインデックスファンドでは、一つの国や地域だけでなく、世界中のさまざまな国や地域の株式に投資します。これにより、一つの株式や国に依存するリスク(個別株リスクやカントリーリスク)を減らすことができます。

日本のように人口減少や経済縮小が予測される国にだけ投資するのはリスクがあります。全世界株式型のインデックスファンドを使えば、成長が期待される他の国々の株式市場への投資もでき、多様な経済成長を利用できます。

インデックスファンドでは、一気に大きな利益を得ることは難しいですが、世界市場全体の成長に期待して投資することは、長期的に安定した資産増加の方法と言えます。シンプルで理解しやすい投資方法なので、投資初心者には特に適しています。

まとめると、全世界株式型のインデックスファンドは、リスクを分散させながら、世界の成長を取り入れることができるため、投資初心者におすすめの投資方法です。

eMAXIS Slim全世界株式は初心者に最適!

全世界株式型のインデックスファンドの中でも、特に「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」がおすすめです。

理由と特徴

  1. 低い信託報酬: このファンドの信託報酬は0.05775%と、業界で最も低い水準にあります。信託報酬が低いと、長期間の運用においてより多くの利益を手元に残すことができます。
  2. 安定した運用実績: 過去5年以上にわたり、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は安定した運用成果を示しています。投資においては安定性が重要です。
  3. 大規模なファンド: 純資産総額が2兆円を超える「メガファンド」であるため、安心して投資できると言えます。

なぜこのファンドを選ぶべきか

全世界株式型のインデックスファンドの中でも、特にeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は、低いコストと高い安定性を兼ね備えているため、特に初心者には理想的な選択肢です。

つみたてNISAでは、運用期間が長期にわたるため、信託報酬の低いインデックスファンドが特に有利です。そのため、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)への100%投資は、つみたてNISAの枠を効率的に使うための最善の方法と言えるでしょう。

あわせて読みたい
【投資初心者必見】eMAXIS Slimシリーズをおすすめしない理由 eMAXIS Slimシリーズはその低い手数料で投資初心者に人気を博しています。投資の基本として、コストを抑えることは重要であり、このシリーズはその点で非常に魅力的です...

インデックス投資におすすめのネット証券会社!

マネックスカードは、クレジットカード投資において最高のポイント還元率を提供しています。さらに、マネックス証券では現在特別キャンペーンを実施中で、新たに口座開設を行うと2,000円のボーナスが得られます。口座開設を検討している方にとって、これは大変魅力的な機会です。

このように、マネックス証券はこれから投資を始める方にとって、コスト効率の良い選択肢となり得ます。特にクレジットカード投資を利用することで、投資の利便性とともに追加のメリットを享受することが可能です。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

マネックス証券|無料クレジットカードと積み立て還元

マネックス証券は、主要なネット証券会社(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券を含む)の中で、最高のポイント還元率1.1%を提供しています。これは、クレジットカードを利用した積立投資において非常に有利な条件です。

加えて、ワン株(単元未満株)の買付手数料や投資信託の購入時の申込手数料が無料である点も、投資家にとって魅力的なポイントです。このため、インデックス投資や高配当株に興味がある方にもマネックス証券はおすすめです。

IPO(新規公開株)に関しても、マネックス証券は取り扱い銘柄数が多く、完全平等な抽選システムを採用しています。これにより、投資資金が少ない方でも当選する可能性があり、IPO投資を始めたい方にも適しています。

現在、マネックス証券では口座開設により2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中です。投資を始める絶好の機会となるでしょう。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

SBI証券の魅力|低手数料と多様な国の株式

SBI証券は、業界でトップクラスのシェア率を持ち、特にその低い手数料が大きな魅力です。

SBI証券では「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」という2種類の手数料プランがあります。スタンダードプランでは、手数料が55円からとなっており、アクティブプランでは1日の約定代金が100万円まで無料です。これらのプランは投資スタイルに応じて途中で変更が可能です。

あわせて読みたい
【図解】株式投資やったことない初心者が、SBI証券でとりあえず株を買ってみるまで!株の始め方で躓いて... こんにちは! 株式投資を始めてみたい!と思っても、どうやって株を買えばいいかわからないという初心者の方も多いのではないでしょうか? 私もSBI証券で証券口座を開い...

SBI証券は、外国株式の取り扱いが9カ国にわたり、業界で最多を誇ります。具体的には、米国、中国、韓国、ベトナム、ロシア、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの株式を扱っています。

三井住友カードで積立投資を行うと、積立額の0.5%~5.0%相当のVポイントが付与されます。クレジットカード積立投資の上限は月5万円で、その利用で250円~2,500円相当のポイントが得られるためお得です。

さらに、SBI証券では1株から取引できる単元未満株(S株)も取り扱っており、特に高配当株への投資にも適しています。

これらの特徴により、SBI証券は多様な投資ニーズに対応可能な証券会社として、多くの投資家に選ばれています。

おすすめ投資口座!
  • 豊富な商品・銘柄から投資先を選べる!
  • 高ポイント付与率でクレカ積立ができる!
  • IPO投資できる!
  • SBI証券の取扱商品数は業界トップクラス

\ 株式取引シェアNo.1! /

松井証券|老舗のネット証券と手厚いサポート

松井証券は、国内有数の老舗証券会社であり、投資家からの信頼も厚いです。多彩な投資商品やアドバイザリーサービスを提供しており、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに応えています。その他のメリットやサポート体制についても紹介します。

松井証券の魅力の一つは、手厚いサポート体制です。ウェブ上で簡単によくある質問を確認できるだけでなく、投資信託や株に関する相談について、それぞれ専用の電話相談窓口を設けています。これにより、サービス全般や特定の分野について必要な情報を迅速に入手できる環境が整っています。

さらに、契約者のパソコン画面を共有しながら相談できる「リモートサポート」も提供されており、パソコン操作に不慣れな方でも安心して相談を受けることができます。

この機会にぜひ松井証券公式サイトをチェックしてみてください!

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

まとめ 新NISAの「つみたて投資枠」をフル活用しよう!

  • 新NISAの利点: 新NISAでは「つみたて投資枠」が非常に重要です。これは長期、分散、積立に最適化された商品群で構成されており、資産形成の土台として優れています。
  • 拡大される投資枠: 近い将来、クレジットカードでの積立が月額10万円まで拡大される可能性があります。これにより、新NISAの「つみたて投資枠」を活用することの重要性がさらに高まるでしょう。
  • 初心者に優しい: この投資枠は初心者にとっても安心して取り組めるよう設計されています。リスクが抑えられ、長期的な視点で資産を増やしていく戦略に適しています。
  • 拡大される投資機会: クレカ積立の拡大により、毎月の投資額を増やし、より大きな資産形成を目指すことができます。これにより、積極的な資産運用が可能になります。

新NISAの「つみたて投資枠」は、資産形成の基礎として優れています。クレカ積立の拡大は、この投資枠の利用をさらに有効にし、安定した資産形成をサポートします。投資初心者もこの機会を利用して、賢く資産を増やしていくことをお勧めします。

インデックス投資をするにあたって、人気の商品であるオールカントリーやS&P500についても知っておく必要があるでしょう。

以下の記事で学習してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次