新NISAの戦略!毎月積立投資と一括投資、どちらが有利?

新NISA(少額投資非課税制度)の開始が注目を集めています。非課税期間が無期限になり、非課税投資限度額も大幅に増加したことで、多くの投資家の期待が高まっています。

しかし、インターネット上では「毎月定額での積立投資と、1月に一括で投資する方法のどちらがより有利か」について意見が分かれています。

さらに、投資先として「全世界株式(通称“オルカン”)」と「米国S&P500」のどちらを選択すべきかについても議論があります。

この記事では、それぞれの投資方法と投資先に関するメリットやデメリットを明らかにし、読者が自分に最適な投資戦略を選択できるように解説します。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株No.1! /

目次

一括投資 vs. 毎月積立投資 どちらが有利だったか?

「1月に一括投資する方法」と「毎月1万円積立投資する方法」を比較し、どちらがより有利なのでしょうか?

参考記事によると、23年11月末時点での資産額を比較した結果、「S&P500への1月一括投資」が最も有利だったようです。このケースでは、元本287万円が1,603万円に増え、年平均利回りは7.5%でした。一方で「S&P500毎月積立投資」の場合、資産額は1,476万円(年平均利回り7.1%)でした。

「オルカン(MSCI-ACWI)」や「TOPIX」においても、一括投資の方が有利な結果となりました。従来よく言われていた「毎月積立投資(ドルコスト平均法)が有利」という解説とは異なり、実際の検証結果は一括投資が有利であることを示しました。これは、株価指数の長期的な上昇傾向が一括投資の恩恵を大きくしたためのようです。

特に、S&P500やオルカンのように長期的に大きな上昇率を示した指数では、一括投資と毎月積立投資の間で最終的な資産額に顕著な差が出ました。TOPIXはアベノミクス以前の成長の鈍さが影響し、24年間の上昇率が相対的に小さかったため、投資タイミングの違いが少なくとも一括投資が有利な結果になりました。

毎月積立投資」が有利だった年は

では、「毎月積立投資」が有利だった年はどのような状況だったのでしょうか?

参考記事によると、過去24年間で、3つの指数すべてで「毎月積立投資」が有利だったのは2002年と2008年の2回だけでした。

これらの年におけるS&P500の推移を見ると、一貫して株価が下落していたことが分かります。そのため、「1月一括投資」では投資額全体が株価下落の影響を受けたのに対し、「毎月積立投資」では株価下落の影響が相対的に軽減されました。

また、平均購入単価が低くなったため、「毎月積立投資」はその後の株価上昇からより多くの利益を得ることができました。これはドルコスト平均法の効果が顕著に現れた例です。

オルカンとS&P500の比較

オルカン(全世界株式)とS&P500のどちらが優れた投資先なのでしょうか?

参考記事では、検証した24年間のデータを基に、両指数のリスクとリターンを比較しました。特に、検証期間を前後半の12年ずつに分け、それぞれの時期の動向を検証しています。

前半12年間では、リスクとリターンの両方でMSCI-ACWI(オルカン)が若干優れていました。この時期には新興国経済の成長が顕著でしたが、経済危機時には新興国株の下落が米国株を上回り、リスクが高まりました。

一方で、後半12年間(2012年以降)は、米国ハイテク産業の台頭、政治的変動、中国経済の成長鈍化などが影響し、S&P500のリスクとリターンがオルカンを上回ったようです。

今後の展望を考えると、国際情勢の不透明さや政治的分断が影響を与える可能性があります。しかし、米国のイノベーション力と人材の集積が持続する限り、新たな成長産業の登場が期待されます。この点から、リスクとリターンの観点でS&P500がオルカンを上回る可能性が高いと考えられます。

あわせて読みたい
オールカントリーとS&P500、どちらが投資に適している? オールカントリー(オルカン)とS&P500は、インデックス投資の人気先として注目を集めていますが、両者の選択に迷うこともあるでしょう。 https://moneychat.life/m...

新NISAを始める方におすすめの証券会社!

新NISAを検討している場合、特に月額5万円以下の投資を考えている方には、クレジットカードを使用した投資方法がおすすめです。この方法では、マネックス証券と提携している「マネックスカード」の利用が特に有効です。

マネックスカードは、クレジットカード投資において最高のポイント還元率を提供しています。さらに、マネックス証券では現在特別キャンペーンを実施中で、新たに口座開設を行うと2,000円のボーナスが得られます。口座開設を検討している方にとって、これは大変魅力的な機会です。

このように、マネックス証券は新NISAを始める方にとって、コスト効率の良い選択肢となり得ます。特にクレジットカード投資を利用することで、投資の利便性とともに追加のメリットを享受することが可能です。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株No.1! /

マネックス証券|無料クレジットカードと積み立て還元

マネックス証券は、主要なネット証券会社(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券を含む)の中で、最高のポイント還元率1.1%を提供しています。これは、クレジットカードを利用した積立投資において非常に有利な条件です。

加えて、ワン株(単元未満株)の買付手数料や投資信託の購入時の申込手数料が無料である点も、投資家にとって魅力的なポイントです。このため、インデックス投資や高配当株に興味がある方にもマネックス証券はおすすめです。

IPO(新規公開株)に関しても、マネックス証券は取り扱い銘柄数が多く、完全平等な抽選システムを採用しています。これにより、投資資金が少ない方でも当選する可能性があり、IPO投資を始めたい方にも適しています。

現在、マネックス証券では口座開設により2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中です。投資を始める絶好の機会となるでしょう。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株No.1! /

SBI証券の魅力|低手数料と多様な国の株式

SBI証券は、業界でトップクラスのシェア率を持ち、特にその低い手数料が大きな魅力です。

SBI証券では「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」という2種類の手数料プランがあります。スタンダードプランでは、手数料が55円からとなっており、アクティブプランでは1日の約定代金が100万円まで無料です。これらのプランは投資スタイルに応じて途中で変更が可能です。

あわせて読みたい
【図解】株式投資やったことない初心者が、SBI証券でとりあえず株を買ってみるまで!株の始め方で躓いて... こんにちは! 株式投資を始めてみたい!と思っても、どうやって株を買えばいいかわからないという初心者の方も多いのではないでしょうか? 私もSBI証券で証券口座を開い...

SBI証券は、外国株式の取り扱いが9カ国にわたり、業界で最多を誇ります。具体的には、米国、中国、韓国、ベトナム、ロシア、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの株式を扱っています。

三井住友カードで積立投資を行うと、積立額の0.5%~5.0%相当のVポイントが付与されます。クレジットカード積立投資の上限は月5万円で、その利用で250円~2,500円相当のポイントが得られるためお得です。

さらに、SBI証券では1株から取引できる単元未満株(S株)も取り扱っており、特に高配当株への投資にも適しています。

これらの特徴により、SBI証券は多様な投資ニーズに対応可能な証券会社として、多くの投資家に選ばれています。

おすすめ投資口座!
  • 豊富な商品・銘柄から投資先を選べる!
  • 高ポイント付与率でクレカ積立ができる!
  • IPO投資できる!
  • SBI証券の取扱商品数は業界トップクラス

\ 株式取引シェアNo.1! /

松井証券老舗のネット証券と手厚いサポート

松井証券は、国内有数の老舗証券会社であり、投資家からの信頼も厚いです。多彩な投資商品やアドバイザリーサービスを提供しており、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに応えています。その他のメリットやサポート体制についても紹介します。

松井証券の魅力の一つは、手厚いサポート体制です。ウェブ上で簡単によくある質問を確認できるだけでなく、投資信託や株に関する相談について、それぞれ専用の電話相談窓口を設けています。これにより、サービス全般や特定の分野について必要な情報を迅速に入手できる環境が整っています。

さらに、契約者のパソコン画面を共有しながら相談できる「リモートサポート」も提供されており、パソコン操作に不慣れな方でも安心して相談を受けることができます。

この機会にぜひ松井証券公式サイトをチェックしてみてください!

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

まとめ 毎月積立投資と一括投資、どちらが有利?

この検証によれば、過去においては「S&P500への1月一括投資」が最も有利な結果でした。しかし、これはあくまで過去のデータに基づくものであり、将来の市場は常に不確実です。現時点での予測では、長期的にはS&P500がオルカンよりも少しリスクとリターンが高い可能性があります。

しかし、リーマンショックのような大きな経済危機を恐れる場合や、米国株の大幅下落を避けたいと考える場合は、「1月一括投資」が必ずしも適切な選択とは限りません。また、まとまった投資資金がない人にとっては、実用的な選択肢として「毎月積立投資」が現実的です。

さらに、今後S&P500がオルカンを常に上回るとは限らず、投資戦略は個々のリスク許容度に依存します。オルカンの投資では、投資資金の約60%を米国株に、残りは世界各国に分散投資することができます。一方で、米国株への一極集中投資を選ぶ場合も、S&P500への投資は有効な選択肢です。

最終的には、投資は個人の好みやリスク選好に大きく依存するものです。資産運用においては、国際情勢や企業の動向など時代の流れに応じて柔軟に投資先を選択することが重要です。短期的な市場の変動に惑わされず、長期的な視点で投資戦略を立てることが成功の鍵となります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次