NVIDIA株は初心者には難しい?インデックス投資のススメ

最近、AIや半導体業界を牽引しているエヌビディア(NVIDIA、略称:NVDA)が注目されています。エヌビディアは、半導体技術の進歩により株価が急上昇しており、特に先週の決算発表後はその動きが顕著です。

しかし、この銘柄は投資の難易度が高いと言われています。一般の投資家がこの株を長期にわたって保有するのは困難であることが、過去10年のNVDAとインテルの時価総額の推移を見ると理解できます。

たとえば、2018年や2022年の株価暴落時には、多くの投資家がNVDA株を売却する可能性があります。こうした動きは、半導体市場の将来性を理解していても起こり得ることです。

そこで、一般投資家には、個別銘柄よりもインデックスへの投資をおすすめします。S&P500やNASDAQ100などの指数に投資することで、NVDAの株価上昇の恩恵を間接的に受けることができるのです。新NISA口座でも、これらのインデックスへの投資は良い選択肢と言えるでしょう。

このように、半導体業界のリーダーであるNVDA株の直接投資は難易度が高いものの、インデックス投資によってその成長をサポートする方法もあります。これにより、リスクを分散し、長期的な投資戦略を築くことが可能です。

あわせて読みたい
【初心者に超わかりやすく】NVIDIA決算分析!売上4兆800億円!エヌビディアの快進撃はいつまで続くのか? NVIDIAの勢いが止まらないですね。 そこで今回は「NVIDIA 売上4兆800億円、事業戦略と今後について」というテーマで初心者にもわかりやすく解説していきます。実際に、...

エヌビディア(NVDA)株の長期保有は難しい?

エヌビディア(NVDA)は、今、世界中から大きな注目を集めています。この会社は、コンピューターグラフィックスや人工知能(AI)などの分野で活躍している半導体企業です。2月21日には、投資アナリストたちの予想をはるかに超える決算を発表しました。このニュースによって、たった1日で株価が約15%も上がったんです。

NVDAの株価の5年間の推移を見ると、もし手持ちのお金を全額NVDAに投資し、5年間そのままにしていたら、そのお金が約20倍に増えていたと考えられます。しかし、実際にはこれが非常に難しいことです。

例えば、2022年には、半導体業界全体が大きく値下がりしました。この時、NVDAに注目していた人は少なく、株価は毎日下がり続けていました。そんな状況で、ずっと株を保有し続けるのは、簡単なことではありません。

「もし10年前から特定の銘柄を保有していたら、今頃資産が10倍になっていた」という話はよく聞きますが、これはあくまで理論上の話です。実際には、市場の動きを正確に予測し、長期間にわたって株を保有することは、特に投資初心者には非常に困難なことです。

したがって、投資の初心者は、こうした理想的なシナリオに惑わされることなく、自分のリスク許容度や投資スタイルに合った方法で投資を進めることが大切です。それが、長期的に見て成功への道を開く鍵となります。

目次

インデックス投信で間接的にエヌビディア(NVDA)への投資をする!

エヌビディア(NVDA)は、最先端の技術を持つ半導体企業です。多くの人がこの会社に注目していますが、直接エヌビディアの株を買うのは、投資の初心者には難しいかもしれません。

実際、エヌビディアの株価は大きく変動することがあります。一部の人はエヌビディアに大きく投資して大成功を収めていますが、それはごく一部の話。多くの人は、株価の暴落に耐えきれずに、途中で株を手放してしまうことが多いです。

エヌビディアの株価が下がっている時、他の銘柄が上昇していることがよくあります。そのため、一時的に他の銘柄に投資する方が良い機会に見えるかもしれません。

でも安心してください。エヌビディアへの投資は、S&P500やNASDAQ100のような大手指数への投資を通じて間接的に行うことができます。S&P500ではエヌビディアの占める割合は約4.5%、NASDAQ100では約5.6%です。

https://www.slickcharts.com/sp500

https://www.slickcharts.com/nasdaq100

インデックス投信に投資することで、エヌビディアだけでなく、多くの優良企業に分散投資することが可能になります。これにより、投資リスクを低減しながら、エヌビディアの成長の恩恵を受けることができます。

結論として、エヌビディアに直接投資するよりも、インデックス投信を通じた分散投資を行う方が、特に投資初心者には適しています。これにより、不必要なリスクを避け、安定した投資を長期にわたって行うことができるでしょう。

ゆっくりと確実に大金持ちになる投資のススメ

投資の世界では、ゆっくりと確実に富を築く方法がおすすめされています。有名な投資家ウォーレン・バフェットも、株式投資で急いで大金持ちになろうとするのではなく、時間をかけて資産を増やすことの大切さを説いています。

多くの人は、短期間での大儲けを狙って一攫千金を夢見ます。しかし、このような投資方法で成功する人はごくわずかです。ほとんどの場合、大きなリスクを背負うことになり、失敗してしまう人が多いのが現実です。

投資のプロたちは、分散投資の重要性やその有用性について強調しています。にもかかわらず、多くの初心者はこのアドバイスを無視し、わずかな銘柄に集中投資することで、大きなリスクを背負ってしまいます。

賢明な投資家は、偶然の当たりを期待するのではなく、堅実な投資方法を長期にわたって続けます。これにより、再現性が高く、リスクが低い方法で徐々に資産を増やしていくことが可能です。

20年から30年という長い目で見た投資は、時間を味方につけることができます。このようなアプローチは、短期的な市場の変動に振り回されず、じっくりと資産を育てることができるため、結果として大きな富を築くことができるのです。

したがって、投資初心者は、単に一攫千金を狙うのではなく、時間をかけて着実に富を築く方法を選ぶことが重要です。分散投資を通じて、安全に投資を行い、長期的な視点で資産を増やしていくことが、成功への鍵となります。

まとめ エヌビディア(NVDA)株への投資

エヌビディア(NVDA)は、今世界中で注目されている会社です。特にAIや半導体業界で大きな影響を与えています。しかし、この株は価格が大きく上下することが多く、投資初心者には扱いにくい銘柄です。

株価が激しく変動することは、投資家にとって大きなリスクになります。特に初心者は、株価の急な変動に対応する経験や知識が不足しているため、エヌビディア株を直接保有するのは難しいかもしれません。

そこで、S&P500やNASDAQ100のような指数投信に投資することをおすすめします。これらの指数は、エヌビディアを含む多くの企業の株価の平均を反映しています。指数に投資することで、エヌビディアの株価上昇の恩恵を間接的に受けることができます。

また、指数投信は分散投資の一形態です。多くの異なる企業に投資することで、一つの企業の株価が大きく下がっても、全体の投資に与える影響は限定されます。これにより、リスクを抑えつつ、長期的な資産の成長を目指すことができます。

エヌビディアのような変動の激しい株への投資は、経験豊富な投資家にとっては魅力的かもしれませんが、初心者にはS&P500やNASDAQ100のような安定した指数投信への投資が最適です。これにより、投資の世界での経験を積みながら、安全に資産を増やしていくことが可能です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次