【新NISA成長枠】ニッセイNASDAQ100インデックスファンドの急成長

ニッセイNASDAQ100インデックスファンドは、発売からわずか1年弱で純資産額が1000億円を突破しました!これは非常に速い成長で、2023年3月31日に発売されてからの短期間での大きな成果です。

このファンドの急速な成長の背景には、いくつかの要因があります。特に、アメリカの大手テック企業(「Magnificent 7」など)の株価が好調だったことが大きく影響しています。さらに、このファンドは本家のQQQ(NASDAQ-100を基にした有名なインデックスファンド)とほぼ同じような低コスト(信託報酬が0.2035%)を実現していることが魅力的です。

新NISAには「つみたて投資枠」と「成長投資枠」がありますが、ニッセイNASDAQ100インデックスファンドは「成長投資枠」専用の商品です。この枠は、より成長が期待できる投資に焦点を当てています。

他にも、楽天のNASDAQ-100インデックスファンドなどの選択肢があります。どちらがおすすめかは、それぞれのファンドの特性や、投資家の目的、リスク許容度によって異なります。ニッセイのファンドは低コストで急成長している点が魅力ですが、楽天のファンドもその特性をよく理解して、自分に合った選択をすることが大切です。

※当サイトには広告が含まれます。

目次

ニッセイNASDAQ100の驚異的な成長

ニッセイNASDAQ100インデックスファンドが、発売からわずか1年弱で純資産額1000億円を突破しました!2023年3月31日に発売されたこのファンドが、こんなに早く大きな成果を上げるのは素晴らしいことです。

ニッセイNASDAQ100インデックスファンドは、購入時や換金時に手数料がかからないため、投資家にとって非常に魅力的です。これは、投資を始める際の負担を少なくする大きなポイントです。

以前は、iFreeNEXT NASDAQ100インデックスが人気でしたが、その信託報酬は0.495%と比較的高めでした。このファンドも2018年8月31日に発売され、現在の純資産額が1009億円です。これと比較すると、ニッセイNASDAQ100の人気がどれだけ高いかがわかります。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックスの利点は、発売から5年以上経過しており、安定して資金が流入しているため、新NISAの「つみたて投資枠」で購入可能です。一方、ニッセイNASDAQ100や楽天・NASDAQ-100は、別の用途で選ぶと良いでしょう。

この記事では、ニッセイNASDAQ100インデックスファンドの急速な成長と、投資信託の選択肢について解説しました。投資する際には、各ファンドの特徴を理解し、自分に合ったファンドを選ぶことが大切です。

NASDAQ100指数

NASDAQ100指数は、アメリカのナスダック市場に上場している約3000の会社の中から、金融セクターを除いた時価総額が上位の100社で構成される指数です。時価総額とは、その会社の株式の価値の合計のことです。

この指数には「Magnificent 7」と呼ばれる7つの大手テクノロジー企業が含まれています。これにはアップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット(グーグル)、テスラ、メタ(旧フェイスブック)、エヌビディアが含まれます。これらの会社は、世界市場を引っ張る力を持っているため、この指数に投資するということは、これらの大手企業に投資することになります。

NASDAQ100指数の上位10社の中で、コストコを除くと、他はすべてIT関連の会社です。過去10年間で世界市場を牽引してきたのはこれらのアメリカの大手テクノロジー企業で、高いリターン(利益)が期待できます。

ただし、これらの銘柄は価格の変動が大きいので、投資初心者の方は特に注意が必要です。株価が大きく変動すると、投資したお金の価値も大きく変わることがありますので、リスクについてもよく理解しておくことが大切です。

ニッセイと楽天のNASDAQ-100インデックスファンド比較

ニッセイNASDAQ100インデックスファンドと楽天・NASDAQ-100インデックスファンドは、どちらも信託報酬が低いことで知られています。信託報酬とは、ファンドを管理するために支払う手数料のことです。ニッセイの信託報酬は0.2035%、楽天は0.198%となっています。

日本円でNASDAQ100に投資したい場合、ニッセイと楽天のどちらかを選ぶのが一般的です。これらのファンドは、アメリカのNASDAQ市場に上場している上位100社の銘柄に投資するものです。

ニッセイNASDAQ100は発売から1年弱が経過しており、隠れコストや実質コストがある程度明らかになっています。現時点での実質コストは約0.321%です。運用報告によっては、より正確なコストがわかるかもしれません。

一方、楽天・NASDAQ-100は今年1月末に発売されたばかりですが、既に純資産額が130億円を超えています。まだ実際の運用成績は不明なので、ベンチマーク(基準となる指数)との差異や隠れコストに注意する必要があります。

信託報酬はニッセイと楽天で大きな違いはありませんが、現在のところニッセイの方が純資産額が大きく、運用成績もわかっているため、安心感があります。また、ニッセイNASDAQ100は楽天証券以外でも購入できるので、購入の選択肢が広いのも魅力的です。

インデックス投資におすすめのネット証券会社!

マネックスカードは、クレジットカード投資において最高のポイント還元率を提供しています。さらに、マネックス証券では現在特別キャンペーンを実施中で、新たに口座開設を行うと2,000円のボーナスが得られます。口座開設を検討している方にとって、これは大変魅力的な機会です。

このように、マネックス証券はこれから投資を始める方にとって、コスト効率の良い選択肢となり得ます。特にクレジットカード投資を利用することで、投資の利便性とともに追加のメリットを享受することが可能です。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

マネックス証券|無料クレジットカードと積み立て還元

マネックス証券は、主要なネット証券会社(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券を含む)の中で、最高のポイント還元率1.1%を提供しています。これは、クレジットカードを利用した積立投資において非常に有利な条件です。

加えて、ワン株(単元未満株)の買付手数料や投資信託の購入時の申込手数料が無料である点も、投資家にとって魅力的なポイントです。このため、インデックス投資や高配当株に興味がある方にもマネックス証券はおすすめです。

IPO(新規公開株)に関しても、マネックス証券は取り扱い銘柄数が多く、完全平等な抽選システムを採用しています。これにより、投資資金が少ない方でも当選する可能性があり、IPO投資を始めたい方にも適しています。

現在、マネックス証券では口座開設により2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中です。投資を始める絶好の機会となるでしょう。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

SBI証券の魅力|低手数料と多様な国の株式

SBI証券は、業界でトップクラスのシェア率を持ち、特にその低い手数料が大きな魅力です。

SBI証券では「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」という2種類の手数料プランがあります。スタンダードプランでは、手数料が55円からとなっており、アクティブプランでは1日の約定代金が100万円まで無料です。これらのプランは投資スタイルに応じて途中で変更が可能です。

あわせて読みたい
【図解】株式投資やったことない初心者が、SBI証券でとりあえず株を買ってみるまで!株の始め方で躓いて... こんにちは! 株式投資を始めてみたい!と思っても、どうやって株を買えばいいかわからないという初心者の方も多いのではないでしょうか? 私もSBI証券で証券口座を開い...

SBI証券は、外国株式の取り扱いが9カ国にわたり、業界で最多を誇ります。具体的には、米国、中国、韓国、ベトナム、ロシア、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの株式を扱っています。

三井住友カードで積立投資を行うと、積立額の0.5%~5.0%相当のVポイントが付与されます。クレジットカード積立投資の上限は月5万円で、その利用で250円~2,500円相当のポイントが得られるためお得です。

さらに、SBI証券では1株から取引できる単元未満株(S株)も取り扱っており、特に高配当株への投資にも適しています。

これらの特徴により、SBI証券は多様な投資ニーズに対応可能な証券会社として、多くの投資家に選ばれています。

おすすめ投資口座!
  • 豊富な商品・銘柄から投資先を選べる!
  • 高ポイント付与率でクレカ積立ができる!
  • IPO投資できる!
  • SBI証券の取扱商品数は業界トップクラス

\ 株式取引シェアNo.1! /

松井証券|老舗のネット証券と手厚いサポート

松井証券は、国内有数の老舗証券会社であり、投資家からの信頼も厚いです。多彩な投資商品やアドバイザリーサービスを提供しており、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに応えています。その他のメリットやサポート体制についても紹介します。

松井証券の魅力の一つは、手厚いサポート体制です。ウェブ上で簡単によくある質問を確認できるだけでなく、投資信託や株に関する相談について、それぞれ専用の電話相談窓口を設けています。これにより、サービス全般や特定の分野について必要な情報を迅速に入手できる環境が整っています。

さらに、契約者のパソコン画面を共有しながら相談できる「リモートサポート」も提供されており、パソコン操作に不慣れな方でも安心して相談を受けることができます。

この機会にぜひ松井証券公式サイトをチェックしてみてください!

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

まとめ ニッセイNASDAQ100インデックスファンドの急成長とその魅力

ニッセイNASDAQ100インデックスファンドは、発売から1年弱で純資産額が1000億円を突破しました。この短期間での大きな成長は、投資市場においてかなり速いペースと言えます。これは多くの投資家がこのファンドに注目し、投資している証拠です。

ニッセイNASDAQ100インデックスファンドの一番の魅力は、低コストであることです。このファンドは、アメリカのNASDAQ市場に上場している100の大手企業に投資するもので、本家のQQQインデックスファンドとほぼ同じような低いコスト(信託報酬)で運用されています。投資においては、コストが低いほど投資家にとって有利なので、この点は非常に重要です。

この記事では、ニッセイNASDAQ100インデックスファンドの急速な成長と、その低コストが投資家にとって大きな魅力であることをまとめて説明しました。投資を始める際には、こうしたファンドの特徴をよく理解することが大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次