アクティブ運用の大半がインデックス運用に勝てないという事実

新NISA口座での投資を考える際に、アクティブ投資とインデックス投資の違いを理解することは非常に重要です。

アクティブ投資は、専門のファンドマネージャーが市場を分析し、特定の株式や資産を選んで投資する手法です。多くの投資初心者は、これらの「プロ」による運用がインデックス運用より優れていると考えがちです。しかし、実際には、多くのアクティブ運用は長期的にはS&P500や全世界株インデックスのリターンに勝てないという事実があります。

これは、投資のプロでさえインデックスに勝てないことが多いという現実を示しています。特に、特別な知識やスキルを持たない個人投資家がアクティブ投資でインデックスを上回るのは非常に困難です。最初の1年や2年でインデックスに勝てたとしても、その成功を10年から20年続けるのは極めて難しいとされています。

あわせて読みたい
はじめての投資:インデックス投資の基本とメリット・デメリット 投資初心者のためにおすすめされているのがインデックス投資です。しかし、「インデックス投資って何?」、「インデックス投資の詳細が知りたい」、「インデックス投資...

この事実から、新NISAを活用して投資を行う際には、インデックス投資が推奨されます。インデックス投資は、特定の株価指数に連動するように設計されたファンドに投資する方法で、分散投資と長期的な視点を持つことにより、安定したリターンを目指します。

投資初心者は、これらの情報を踏まえて、新NISAでの投資方針を固める際にインデックス投資を重視することが賢明です。アクティブ投資の困難さとインデックス投資の安定性を理解することが、長期的な資産形成の鍵となるでしょう。

投資を始めるためには証券口座の開設が必要です。現在、マネックス証券では新規口座開設者向けのキャンペーンを行っており、口座を開設すると特典が得られます。投資に興味がある方は、この機会にぜひ口座を開設してみてください。

※当サイトには広告が含まれます。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

目次

アクティブ運用 vs. インデックス運用

投資の世界にはさまざまな運用方法がありますが、特に重要なのがアクティブ運用とインデックス運用です。これらの違いを理解することは、投資戦略を立てる上で非常に重要です。

https://www.am-one.co.jp/warashibe/article/fuyasu-20191211-1.html

インデックス運用とは?

インデックス運用は、TOPIX、S&P500などの指数に連動する投資成績を目指す方法です。この種の投資は市場平均の運用成果を狙い、株価指数に含まれる銘柄全体に投資することで、指数の動きをできるだけ忠実に反映しようとするものです。インデックス運用は、分散投資の原則を活用し、リスクを抑えつつ市場の平均的なリターンを目指すことが特徴です。

アクティブ運用とは?

アクティブ運用は、個々の銘柄を選び抜き、インデックスを上回る投資成果を目指す運用方法です。ファンドマネージャーや投資プロフェッショナルが銘柄分析を行い、売買のタイミングを決めることで、市場平均よりも高いリターンを目指します。アクティブ運用の魅力は、市場の平均を超えるパフォーマンスの可能性にありますが、それを実現するためには高い専門知識と経験が必要とされます。

このように、アクティブ運用とインデックス運用は、その目標と手法が大きく異なります。投資初心者は、これらの違いを理解し、自分の投資スタイルやリスク許容度に合った方法を選択することが重要です。

米国でも日本でも、アクティブファンドの80%以上がインデックスファンドに負けている

投資の世界では、アクティブファンドとインデックスファンドのどちらが優れた投資成績を出しているかが頻繁に議論されます。アクティブファンドは専門のファンドマネージャーによって運用され、インデックスファンドは特定の市場指数に連動しています。では、どちらがより優れた成績を出しているのでしょうか?

この疑問に答えるために、「SPIVAスコアカード」が重要な指標となります。このスコアカードは、アクティブファンドとインデックスファンドのパフォーマンスを比較するために用いられます。米国と日本でのデータを見ると、驚くべき結果が明らかになります。

結論として、「米国でも日本でも、アクティブファンドの80%以上がインデックスファンドに負けている」という事実が明らかになりました。この傾向は、短期間から長期間にわたるデータで一貫しており、世界中のさまざまな国や地域でも同様の結果が見られます。

この分析から、アクティブファンドがインデックスファンドのパフォーマンスを上回るのは非常に困難であることが理解できます。投資初心者はこの情報を踏まえ、自身の投資戦略を考える際に、実績に基づいた選択をすることが重要です。アクティブファンドとインデックスファンドの性質と実績を理解することは、賢明な投資決定のための基盤となります。

プロでさえ難しいインデックス投資への挑戦

投資の世界では、アクティブファンドがインデックスファンドに勝つことの難しさがしばしば議論されます。アクティブファンドは専門家によって運営されていますが、統計的にインデックスファンドに勝ち続けるのは困難なのです。

アクティブファンドのもう一つの大きな課題は、その高い手数料です。多くのアクティブファンドは、購入時に2.0~3.0%、信託報酬に1.0%以上のコストがかかります。これに対して、インデックスファンドは購入時手数料がゼロ、また信託報酬も0.1%前後という低コストが一般的です。

このような状況では、「リターンで負け、コストでも負け」というアクティブファンドがインデックスファンドに勝てる可能性は極めて低いです。そのため、個人投資家はコストの高いアクティブファンドを避け、低コストで運用されるインデックスファンドに注目する必要があります。低コストインデックスファンドは、長期的な投資において効率的かつ安定したリターンを目指す上で、優れた選択肢となります。

投資のプロでさえインデックスファンドに勝てない現実を踏まえると、個人投資家が思いつきで銘柄を選んで成功する可能性は非常に低いことが理解できます。インデックス投資の優位性を受け入れ、賢明な投資戦略を立てることが重要です。

インデックス投資を始める方におすすめの証券会社!

インデックス投資を検討している場合、特に月額5万円以下の投資を考えている方には、クレジットカードを使用した投資方法がおすすめです。この方法では、マネックス証券と提携している「マネックスカード」の利用が特に有効です。

マネックスカードは、クレジットカード投資において最高のポイント還元率を提供しています。さらに、マネックス証券では現在特別キャンペーンを実施中で、新たに口座開設を行うと2,000円のボーナスが得られます。口座開設を検討している方にとって、これは大変魅力的な機会です。

このように、マネックス証券はインデックス投資を始める方にとって、コスト効率の良い選択肢となり得ます。特にクレジットカード投資を利用することで、投資の利便性とともに追加のメリットを享受することが可能です。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

マネックス証券|無料クレジットカードと積み立て還元

マネックス証券は、主要なネット証券会社(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券を含む)の中で、最高のポイント還元率1.1%を提供しています。これは、クレジットカードを利用した積立投資において非常に有利な条件です。

加えて、ワン株(単元未満株)の買付手数料や投資信託の購入時の申込手数料が無料である点も、投資家にとって魅力的なポイントです。このため、インデックス投資や高配当株に興味がある方にもマネックス証券はおすすめです。

IPO(新規公開株)に関しても、マネックス証券は取り扱い銘柄数が多く、完全平等な抽選システムを採用しています。これにより、投資資金が少ない方でも当選する可能性があり、IPO投資を始めたい方にも適しています。

現在、マネックス証券では口座開設により2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中です。投資を始める絶好の機会となるでしょう。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

SBI証券の魅力|低手数料と多様な国の株式

SBI証券は、業界でトップクラスのシェア率を持ち、特にその低い手数料が大きな魅力です。

SBI証券では「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」という2種類の手数料プランがあります。スタンダードプランでは、手数料が55円からとなっており、アクティブプランでは1日の約定代金が100万円まで無料です。これらのプランは投資スタイルに応じて途中で変更が可能です。

あわせて読みたい
【図解】株式投資やったことない初心者が、SBI証券でとりあえず株を買ってみるまで!株の始め方で躓いて... こんにちは! 株式投資を始めてみたい!と思っても、どうやって株を買えばいいかわからないという初心者の方も多いのではないでしょうか? 私もSBI証券で証券口座を開い...

SBI証券は、外国株式の取り扱いが9カ国にわたり、業界で最多を誇ります。具体的には、米国、中国、韓国、ベトナム、ロシア、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの株式を扱っています。

三井住友カードで積立投資を行うと、積立額の0.5%~5.0%相当のVポイントが付与されます。クレジットカード積立投資の上限は月5万円で、その利用で250円~2,500円相当のポイントが得られるためお得です。

さらに、SBI証券では1株から取引できる単元未満株(S株)も取り扱っており、特に高配当株への投資にも適しています。

これらの特徴により、SBI証券は多様な投資ニーズに対応可能な証券会社として、多くの投資家に選ばれています。

おすすめ投資口座!
  • 豊富な商品・銘柄から投資先を選べる!
  • 高ポイント付与率でクレカ積立ができる!
  • IPO投資できる!
  • SBI証券の取扱商品数は業界トップクラス

\ 株式取引シェアNo.1! /

松井証券|老舗のネット証券と手厚いサポート

松井証券は、国内有数の老舗証券会社であり、投資家からの信頼も厚いです。多彩な投資商品やアドバイザリーサービスを提供しており、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに応えています。その他のメリットやサポート体制についても紹介します。

松井証券の魅力の一つは、手厚いサポート体制です。ウェブ上で簡単によくある質問を確認できるだけでなく、投資信託や株に関する相談について、それぞれ専用の電話相談窓口を設けています。これにより、サービス全般や特定の分野について必要な情報を迅速に入手できる環境が整っています。

さらに、契約者のパソコン画面を共有しながら相談できる「リモートサポート」も提供されており、パソコン操作に不慣れな方でも安心して相談を受けることができます。

この機会にぜひ松井証券公式サイトをチェックしてみてください!

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

まとめ アクティブ運用の大半がインデックス運用に勝てないという事実

投資において、アクティブファンドとインデックスファンドの成績を比較することは、投資戦略を決定する上で重要な要素です。驚くべき事実として、プロが運用するアクティブファンドでさえ、8割以上がインデックスファンドの成績に負けているのです。

専門家によって運営されるアクティブファンドは、市場の平均を上回るリターンを目指しています。しかし、実際にはこれが非常に難しいという現実があります。多くのアクティブファンドがインデックスファンドに負けている事実は、市場を上回るリターンを継続的に生み出すことの困難さを示しています。

この状況は、特別な知識やスキルを持たない個人投資家にとっても大いに意味があります。アクティブファンドに勝つことがプロにとってさえ難しいのであれば、個人投資家がインデックスファンドに勝つ確率は極めて低いと言えます。これは、多くの個人投資家にとって、リスクを低く抑えつつ市場平均のリターンを目指すインデックスファンドが、より合理的な選択肢であることを示唆しています。

投資初心者は、これらの事実を踏まえ、自分にとって最適な投資戦略を慎重に選ぶ必要があります。アクティブ投資とインデックス投資の違いを理解し、長期的な視点で資産形成を考えることが重要です。

投資を始めるためには証券口座の開設が必要です。現在、マネックス証券では新規口座開設者向けのキャンペーンを行っており、口座を開設すると特典が得られます。投資に興味がある方は、この機会にぜひ口座を開設してみてください。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

インデックス投資をするにあたって、人気の商品であるオールカントリーやS&P500についても知っておく必要があるでしょう。

以下の記事で学習してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次