はじめての投資:インデックス投資の基本とメリット・デメリット

投資初心者のためにおすすめされているのがインデックス投資です。しかし、「インデックス投資って何?」、「インデックス投資の詳細が知りたい」、「インデックス投資の利点と欠点を理解したい」と思っている方も多いことでしょう。

この記事では、インデックス投資の基本から、そのメリットとデメリット、そして始め方について詳しく説明します。投資の第一歩として役立ててみてください。

マネックス証券は、初心者からベテラントレーダーまで幅広く使いやすく、米国株の取引が充実している、資金が少ない人でもIPOに参加しやすいです。
この機会にぜひマネックス証券公式サイトをチェックしてみてください。

※当サイトには広告が含まれます。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

目次

インデックス投資とは?

初めての投資法を探している方々に、インデックス投資の基本を分かりやすく説明します。

インデックス投資は、市場全体への投資を目指す方法で、株価指数を代表する投資信託などを利用します。これは、個別株の価格変動に比べてリスクが低く、長期にわたる投資に適しているとされています。さらに、手数料やコストが低く、投資初心者にとっても手軽な選択です。

インデックス投資には、次の9つの主要な種類があります。

  1. 国内債券
  2. 海外債券(先進国)
  3. 海外債券(新興国)
  4. 海外債券(ハイイールド)
  5. 国内株式
  6. 海外株式(先進国)
  7. 海外株式(新興国)
  8. 国内REIT
  9. 海外REIT

インデックス投資でおすすめされる主要な指数には、全世界株式(オール・カントリー)、米国のS&P 500、欧州のEuro Stoxx 50などが含まれます。

あわせて読みたい
オールカントリーとS&P500、どちらが投資に適している? オールカントリー(オルカン)とS&P500は、インデックス投資の人気先として注目を集めていますが、両者の選択に迷うこともあるでしょう。 https://moneychat.life/m...

最後に、インデックス投資では”入金力が全て”とよく言われます。投資資金を増やす方法や、投資のシミュレーションについて知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

あわせて読みたい
資産形成と入金力: 効果的な資産運用の基礎を知ろう! こんにちは! 投資や資産運用に関心を寄せている方には、「投資は資金量が肝心」「積立投資の重要性」といった言葉を聞いたことがあるかもしれません。 この記事では、...

インデックス投資と投資信託:5つの違いを解説

本記事では、インデックス投資と投資信託の5つの主要な違いについて詳しく解説します。

インデックス投資と投資信託、どちらが自分に適しているのか気になりませんか?この記事では、その違いを以下の5つのポイントで詳しく解説します。

インデックス投資と投資信託の違い①:投資対象

インデックス投資は市場指数を再現することを目的とし、投資信託は複数の資産クラスに投資できます。

インデックス投資と投資信託の違い②:運用方法

インデックス投資は指数に基づいて銘柄を選び、投資信託はファンドマネージャーが選択と管理を行います。

インデックス投資と投資信託の違い③:管理費用

インデックス投資は一般的に管理費用が低く、投資信託はファンドマネージャーによる運用が必要なため、費用がかかります。

インデックス投資と投資信託の違い④:ポートフォリオ

インデックス投資は市場指数に従って銘柄を選ぶため、シンプルなポートフォリオを持ちがちです。投資信託は多様な銘柄を持つことがあります。

インデックス投資と投資信託の違い⑤:リターン

インデックス投資は市場指数に追随し、リターンは市場の動向に依存します。投資信託はファンドマネージャーのスキルや運用方針に影響を受けます。

これらの違いを理解することで、あなたにとって最適な投資方法を選ぶ手助けになるでしょう。

松井証券は、国内有数の老舗証券会社であり、投資家からの信頼も厚いです。多彩な投資商品やアドバイザリーサービスを提供しており、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに応えています。

この機会にぜひ松井証券公式サイトをチェックしてみてください!

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

インデックス投資のはじめ方:ステップバイステップガイド

インデックス投資を始めることは、シンプルな手順に従って進められます。以下がそのステップです。

ステップ 1: 証券口座の開設

まず、証券口座を開設しましょう。

タイトル: “初心者におすすめ:毎月5万円以下の投資に最適なマネックス証券口座開設”

手軽な投資スタート:マネックス証券での口座開設をおすすめ

毎月5万円以下の投資を始めるなら、マネックス証券での口座開設がおすすめです。なぜなら、「マネックス証券」×「マネックスカード」の組み合わせにより、1.1%のポイントが還元されるからです。さらに、今ならクイズに答えるだけで2000円がもらえるキャンペーンも実施中です。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

ステップ 2: インデックスファンドを選ぶ

次に、自分の投資目標に合ったインデックスファンドを選びます。

人気のあるインデックスファンドは以下の通りです。

順位ファンド名投資先の国/地域対象インデックス
1eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)米国S&P500
2eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)グローバル
(日本・新興国を含む)
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス
3eMAXIS Slim 先進国株式インデックスグローバル
(除く日本)
MSCIコクサイ・インデックス
4SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
(愛称:SBI・V・S&P500)
米国S&P500
5<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドグローバル
(除く日本)
MSCIコクサイ・インデックス

初心者の方は、広範な分散投資ができるインデックスファンドで積立投資がおすすめです。

ステップ 3: 投資する

選んだファンドに投資を始めることで、インデックス投資がスタートします。

特に、マネックス証券を利用すると、積み立ての設定を最初に行うだけで、その後は自動的に積み立てが行われるので、効率的な投資を実現できます。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

また、

moomoo証券は米国株に関する情報を迅速かつ効率的に提供する高性能アプリです。プロ投資家が利用するようなツールを試してみたい方は、moomoo証券のiOSアプリまたはAndroidアプリをぜひ試してみてください。

あわせて読みたい
​moomoo証券(ムームー証券)についての詳細解説:口コミ、評判、口座開設方法、手数料 moomoo証券は、米国の金融情報アプリ「moomoo(ムームー)」を運営する企業であり、米国株のファンダメンタルズ分析やテクニカル分析に役立つ多彩な機能や、最新の米国...
おすすめ投資口座!
moomoo証券
  • リアルタイムマーケット情報
  • 金融ニュース(経済指標や決算速報含む)
  • 板情報(米国株のみ)
  • 銘柄ランキング(高配当利回り・上昇トップ・空売り増減など)
  • 銘柄検索・スクリーニング
  • ヒートマップ
  • 機関投資家売買動向
  • 投資家同士のコミュニティー「moo」

\ 機関投資家や著名な投資家の取引情報がわかる! /

メリット インデックス投資

インデックス投資には、以下のメリットがあります。

メリット①: リスク分散が容易

インデックス投資は、複数の企業や業種など、多様な投資対象に分散して投資できます。このため、特定の企業や業種の不振によるリスクを低減できます。

メリット②: 低い運用コスト

インデックス投資では、ファンドマネージャーが銘柄の選択やポートフォリオの組み換えを行わないため、運用コストが低く抑えられます。そのため、アクティブ型の投資に比べて管理費用が安いのが特徴です。

メリット③: 長期投資に向いている

インデックス投資は、長期的な投資に適しています。数十年にわたる長期投資を続けることで、リスクを最小限に抑えることができます。

メリット④: シンプルなポートフォリオ

インデックス投資は、単一のファンドで投資を行うため、ポートフォリオがシンプルで管理が楽です。複雑な銘柄の組み合わせを考える必要がありません。

メリット⑤: 透明性が高い

インデックス投資は、基準となる指数が公開されているため、投資家はどの銘柄に投資されているかを把握しやすいです。透明性が高いので、投資家は運用内容を理解しやすくなります。

デメリット インデックス投資

インデックス投資には多くの魅力がありますが、デメリットも存在します。以下に、インデックス投資のデメリットについて説明します。

デメリット①: アウトパフォームが難しい

インデックス投資は、特定の市場指数に追随することを主な目的としています。そのため、市場全体のリターンを期待できますが、市場を上回ることは難しいとされています。アウトパフォームとは、投資成績がベンチマークを上回ることを指す言葉です。

デメリット②: 指数構成銘柄に偏りがある場合もある

特定の指数に採用されている銘柄には、業種や地域に偏りがあることがあります。このため、投資ポートフォリオに過度の偏りが生じる可能性があります。

デメリット③: 大幅な下落時の損失を回避できない

市場全体が大きく下落する場合、インデックス投資も同様に損失を被ることになります。大幅な下落から資産を保護するための仕組みは備わっていません。

デメリット④: ポートフォリオの変更が難しい

インデックス投資は、特定の市場指数に基づいて銘柄を選択するため、投資ポートフォリオを変更することが難しいというデメリットがあります。ポートフォリオをカスタマイズする余地が限られています。

デメリット⑤: 不要な銘柄がポートフォリオ内に含まれる可能性

インデックスに含まれる銘柄は、個々の投資家の関心や戦略とは必ずしも一致しないことがあります。そのため、ポートフォリオ内に投資家が興味のない銘柄が含まれる可能性があります。

インデックス投資の利回りについて

インデックス投資の利回りは、投資対象の市場や指数、期間によって異なります。重要なことは、過去の運用成績が将来の成績を保証しないということです。それでも、一般的には、インデックス投資には約7〜10%程度の利回りが期待されています。

マネックス証券は、初心者からベテラントレーダーまで幅広く使いやすく、米国株の取引が充実している、資金が少ない人でもIPOに参加しやすいです。
この機会にぜひマネックス証券公式サイトをチェックしてみてください。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

インデックス投資が投資初心者におすすめの理由”

インデックス投資は、投資初心者にも取り組みやすい方法としておすすめされています。以下にその理由をご紹介します。

理由① 単純明快で理解しやすい

インデックス投資は、特定の市場指数に追随することを目的としており、銘柄や投資戦略がシンプルで、初心者にも理解しやすい点が魅力です。そのため、投資初心者にとってインデックス投資はおすすめです。

理由② 分散投資が簡単

広範な市場指数に投資するため、インデックス投資は分散投資が簡単に実現できます。投資初心者はリスク管理の一環として分散投資が重要ですが、自己流のポートフォリオ構築は難しいことも。その点で、インデックス投資はおすすめです。

理由③ コストが安い

インデックス投資は、アクティブファンドに比べて運用コストが低いのがメリットです。投資初心者にとって、低い初期投資ハードルは大きな利点です。

理由④ 長期投資に適している

インデックス投資は長期的な投資に向いています。投資初心者は長期の投資目標を持つことが重要であり、この点でもインデックス投資はおすすめできます。

松井証券は、国内有数の老舗証券会社であり、投資家からの信頼も厚いです。多彩な投資商品やアドバイザリーサービスを提供しており、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに応えています。

この機会にぜひ松井証券公式サイトをチェックしてみてください!

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

インデックス投資 おすすめ証券会社

インデックス投資を始める際、おすすめの証券会社を紹介します。初心者にも適した選択肢です。

SBI証券 | 手数料が格安

SBI証券は業界トップのシェア率を誇り、手数料が格安という特徴があります。

手数料には「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」の2つのプランがあります。スタンダードプランの手数料は55円から始まり、アクティブプランは1日の約定代金が100万円までなら無料です。プランは途中で変更可能なので、投資スタイルに合わせて好きなプランを選びましょう。

また、外国株式を9カ国で取り扱っており、証券会社の中では最多です。

  • 米国株式
  • 中国株式
  • 韓国株式
  • ベトナム株式
  • ロシア株式
  • インドネシア株式
  • シンガポール株式
  • タイ株式
  • マレーシア株式

さらに、三井住友カードを使用すると積み立て投資で0.5%から5.0%相当のVポイントを獲得できます。クレジットカード積み立て投資の上限は5万円で、三井住友カードを利用すると250円から2500円のお得があります。

SBI証券は、1株から取引できるS株(単元未満株)も取り扱っているため、高配当株の投資にも最適です。

おすすめ投資口座!
  • 豊富な商品・銘柄から投資先を選べる!
  • 高ポイント付与率でクレカ積立ができる!
  • IPO投資できる!
  • SBI証券の取扱商品数は業界トップクラス

\ 株式取引シェアNo.1! /

マネックス証券 | 積み立てで最高のポイント還元率 1.1%

マネックス証券は、主要ネット証券(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券、マネックス証券)の中で最高のポイント還元率、なんと1.1%を実現しています。

また、嬉しいことに、ワン株(単元未満株)の購入手数料や投資信託の購入時申込手数料は一切かからないので、手数料の心配は不要です。これは、インデックス投資や高配当株に挑戦したい方々にとって、大きな魅力となるでしょう。

さらに、IPO(新規公開株)の取り扱い銘柄数が非常に多く、完全平等抽選なので、投資資金が限られている方でも当選の期待ができます。そのため、IPO投資に興味がある方々にもおすすめです。

さらに、今なら口座開設時に2000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中です。絶好の機会をお見逃しなく。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

松井証券 | 老舗のネット証券

松井証券は、国内有数の老舗証券会社であり、投資家からの信頼も厚いです。多彩な投資商品やアドバイザリーサービスを提供しており、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに応えています。その他のメリットやサポート体制についても紹介します。

あわせて読みたい
SBI証券と松井証券で投資を始める! メリットとデメリットを徹底解説 投資を始める際には、信頼性のある証券会社を選ぶことが大切です。 しかし「どの証券会社がベストなのか分かりにくい」という方も多いのではないでしょうか。 本記事で...

手数料の安さでも評判の良い松井証券。1日当たりの現物取引・信用取引の合計売買代金が50万円以下なら手数料無料と大変お得!低位株なら松井証券です。

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

まとめ インデックス投資を始めよう

本記事では、インデックス投資の基礎知識から、そのメリットやデメリット、そして始め方について詳しく解説しました。

特に、投資初心者にはインデックス投資をおすすめします。まだ口座開設を行っていない方は、ぜひマネックス証券で口座を開設してみてください。これから資産形成に向けて新たな一歩を踏み出す素晴らしいスタートとなるでしょう。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次