時価総額って何?時価総額が上がっている会社はいい会社?

時価総額(じかそうがく)とは、企業の市場での価値を示す指標です。具体的には、企業が発行している全ての株式の価格を合計したものです。計算方法は簡単で、「株価(1株の値段)×発行済株式数(企業が発行している全ての株の数)」で求められます。

ニュースでよく「時価総額世界〇〇位!」などをよく目にしますよね。

あわせて読みたい
東証がアジアで最高の時価総額を記録!日本の経済成長の秘密を中学生にもわかるように解説! 最近、東京証券取引所の株式時価総額がアジアで一番になりました。これは約3年半ぶりのことで、中国の上海証券取引所を上回る結果となりました。では、どうしてこんなこ...

しかし、なんとなくすごいのだろうけど、そもそも時価総額ってなに?って方が多いのではないかと思います。

そこで今回は、実際の事例を元に、時価総額について初心者向けに解説します。

目次

時価総額とは?

ニュースを見ていると、「この企業の時価総額は○億円~」といった表現をよく見かけます。この「時価総額」とは、現在の株価に発行済株式数をかけて求められる数値で、企業の価値や規模を評価する重要な指標のひとつです。業界分析する際に企業の時価総額もチェックすることで、より詳しくその企業の業界での位置や市場からの評価を知ることができます。

時価総額は、以下の計算式で求められます。

時価総額=株価×発行済株式数

時価総額の計算例

具体的な計算方法を見てみましょう。架空の企業「ナス商事」を例に取ります。

たとえばこの、ナス商事の株価が1株あたり100円で、発行済株式数が1000株だとします。この場合、時価総額は次のようになります。

100円 × 1000株 = 10万円

また、別の企業で株価が同じく1株100円で、発行済株式数が100株の場合、時価総額は次のようになります。

100円 × 100株 = 1万円

このように、株価が同じでも発行済株式数が多い企業のほうが、時価総額が大きくなります。

時価総額の変動とその要因

市場株価は、投資家の需要によって日々変動します。

株式を買いたい投資家が多ければ多いほど、株価は上がります。一方で、株式を売る投資家のほうが多いと、株価は下がります。発行済株式数は通常変化しませんが、株価は市場からの評価ですので日々変化し、それに伴って時価総額も日々変動します。

時価総額の重要性

時価総額が高い企業は、一般的に「大企業」とされ、経済的な影響力が大きいです。時価総額が低い企業は「中小企業」とされ、規模や影響力が小さいことが多いです。時価総額を見ることで、その企業の市場での評価や規模感がわかります。

時価総額の活用方法

時価総額は、企業の株を比較する際に非常に有用です。

企業を比較する場合、規模が同じくらいの企業同士を比較するのが望ましいです。たとえば、大企業であるエヌビディアとアップルはどちらも時価総額が大きいため、比較対象として適しています。

時価総額が上がっている会社はいい会社?

時価総額が上がっている会社は、株価が上昇していることを意味します。これは、多くの投資家がその企業の将来に期待しているということを示しています。しかし、必ずしも「いい会社」とは限りません。

時価総額が上がる理由は、様々な要因が考えられます。例えば、新製品の開発が成功したり、業績が好調であったり、良いニュースが報じられたりすると、投資家はその企業の株を買いたくなります。すると、需要が高まり株価が上昇し、結果として時価総額が上がります。

しかし、一時的なブームや噂によって株価が上がることもあります。その場合、実際の業績や企業の実力と関係なく時価総額が上がっているだけかもしれません。投資や転職を考える際は、時価総額だけでなく、その企業の財務状況や事業内容、将来性なども総合的に判断することが大切です。

時価総額の分類

企業は時価総額の大きさによって以下のように分類されます。

日本と米国でもその認識は少し異なりまして、日本では大まかに、TOPIX構成銘柄の中から、時価総額と流動性が高い上位100銘柄(TOPIX100の算出対象)を「大型株」、次いで時価総額と流動性が高い上位400銘柄(TOPIX Mid400の算出対象)を「中型株」、大型株・中型株に含まれない全銘柄(TOPIX Smallの算出対象)を「小型株」としているようです。

以下に、米国基準の分類を紹介いたします。

小型株(スモールキャップ):時価総額が3億ドルから20億ドル未満
中型株(ミッドキャップ):時価総額が20億ドルから100億ドル
大型株(ラージキャップ):時価総額が100億ドル以上

大型株(ラージキャップ)

大型株は、時価総額が100億ドル以上の企業です。

これらの企業は、成熟したビジネスを持ち、多くの収益を上げていることが多いです。また、安定した配当を支払うことができるため、投資家にとって魅力的です。しかし、大型株はすでに成長のピークを迎えていることが多いため、今後の成長率は限られています。

中型株(ミッドキャップ)

中型株は、時価総額が20億ドルから100億ドルの企業です。

中型株は安定性と成長余地のバランスが取れており、投資家にとって魅力的です。中型企業はまだ成長の余地があるため、将来的に大型株になる可能性があります。

小型株(スモールキャップ)

小型株は、時価総額が3億ドルから20億ドル未満の企業です。

小型株は成長のポテンシャルが高いですが、リスクも高いです。小型企業は、大型企業や中型企業に比べて不安定な場合が多く、ビジネスモデルがまだ確立されていないことが多いです。

時価総額と投資戦略

投資家は、自分のリスク許容度や投資目的に応じて、大型株、中型株、小型株を組み合わせたポートフォリオを構築することが重要です。安定した収益を求める場合は大型株に多く投資し、成長を期待する場合は小型株や中型株に投資することが考えられます。

まとめ 時価総額

時価総額は、企業の価値や規模を理解するための重要な指標です。投資家は時価総額を使って、企業の市場での評価を把握し、投資判断を行います。企業を比較する際は、同じ規模の企業同士を比較することが大切です。時価総額を知ることで、より賢明な投資判断ができるようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次