資産形成と入金力: 効果的な資産運用の基礎を知ろう!

こんにちは!

投資や資産運用に関心を寄せている方には、「投資は資金量が肝心」「積立投資の重要性」といった言葉を聞いたことがあるかもしれません。

この記事では、入金力の基本的な理解から資産形成や運用における入金力の重要性、適切な入金力の目安や向上方法について解説します。ぜひ最後までお読みください!

※当サイトには広告が含まれます。

おすすめ投資口座!
  • 豊富な商品・銘柄から投資先を選べる!
  • 高ポイント付与率でクレカ積立ができる!
  • IPO投資できる!
  • SBI証券の取扱商品数は業界トップクラス

\ 株式取引シェアNo.1! /

目次

入金力とは何か?

入金力とは、「投資に回すことのできる資金」を指します。

つまり、投資に使用できる資金のことを指し示します。一般的には、特に高配当株への個別投資ではなく、主にインデックス投資などの積み立て投資に関連して用いられます。

投資元本を増やすことの成功は、つまるところ「どれだけ資金を投資に充てることができるか=入金力」にかかっています。 例えば、月収が100万円であっても、それをすべて日常生活に使い果たしてしまう場合、入金力はゼロとなります。 逆に言えば、月収30万円でも、その内20万円で生活し、残りの10万円を投資に回すならば、こちらのケースの方が高い入金力を持っていると言えます。

資産形成・資産運用において、なぜ入金力が重要視される理由とは?

その理由は、投資における複利の概念にあります。複利とは、運用から得られた利益を元本に加えて再び投資することで、利益が利益を生み出し、資産の成長を促進するメカニズムを指します。

投資信託を長期間保有することにより、複利効果によって元本自体が増加します。

収入から支出を差し引いた額が入金力です。確かに高収入の人は、入金力を向上させるのが有利ですが、前述の通り、「収入が少ない=入金力が低い」というわけではありません。

もちろん、最低限の生活費は確保しなければならず、家族がいる場合はその必要性は一段と高まりますが…。

米国の著名な投資家で「投資の神様」と称されるウォーレン・バフェットは、年利20%の運用利回りを実現しています。

例えば、投資元本が100万円の場合、1年後には20万円の利益を出すことができます。

普通の人にとって年利20%は難しい目標かもしれませんが、投資元本を400万円に増やせば、年利5%でも同じ20万円の利益を出すことが現実的です。

ウォーレン・バフェットのような投資スキルを身につけるのは難しいかもしれませんが、投資元本を増やすこと=入金力を向上させることは実現可能な目標です。

おすすめ投資口座!
  • 豊富な商品・銘柄から投資先を選べる!
  • 高ポイント付与率でクレカ積立ができる!
  • IPO投資できる!
  • SBI証券の取扱商品数は業界トップクラス

\ 株式取引シェアNo.1! /

資産を倍にする「72の法則」

資産を複利で倍にするまでにかかる期間を簡単に計算できる「72の法則」という方法が存在します。

この法則は、「72÷利回り(%)」の計算式で表されます。たとえば、利回りが1%の場合、元本が2倍になるまで72年かかります。3%の場合は24年、5%の場合は14.4年となります。

利回り倍になるまでかかる期間(年)
1%72å¹´
2%36å¹´
3%24å¹´
4%18å¹´
5%14.4å¹´
6%12å¹´
7%10.3å¹´
8%9å¹´
9%8å¹´
10%7.2å¹´

資産を3倍にする「115の法則」

資産を複利で3倍にするためにかかる期間を簡単に計算できる「115の法則」という方法が存在します。

この法則は、「115÷金利≒お金が3倍になる期間(年)」という計算式で表されます。たとえば、金利が1%の場合、元本が3倍になるまで115年かかります。3%の場合は38年、5%の場合は23年となります。

利回り3倍になるまでかかる期間(年)
1%115å¹´
2%57.5å¹´
3%38.3å¹´
4%28.75å¹´
5%23å¹´
6%19.17å¹´
7%15.43å¹´
8%14.375å¹´
9%12.78å¹´
10%11.5å¹´

投資が「入金力ゲーム」と呼ばれる2つの理由

投資が「入金力ゲーム」として言われる理由は、2つの要因に起因します。

入金力が大きい人のほうが投資で成功しやすい

投資は、資産を効果的に運用して増やすことを目指す行為です。資本を増やすためには、最初に投入する元本が大きいほど、運用の成果も大きくなります。このため、十分な資金を持つ人は、より多くの資産を運用し、成功への道を歩む確率が高くなるのです。

あわせて読みたい
投資で失敗する人に共通する行動 〜「高値づかみ」に陥りがちな人に有益な投資戦略 こんにちは! 「投資で失敗する人に共通する行動」というテーマは、多くの投資家にとって興味深く、学びのあるものです。投資は確かにチャンスを提供しますが、同時にリ...

リスクを取るにも資金力があると有利

投資にはリスクがつきものです。成功するためには、失敗や損失を受け入れる覚悟が必要です。しかし、そのリスクを冒すためには資金力が必要です。大きな損失を被ることなく投資を行うためには、運用の変動や市場の不確実性に対処する十分な資金力があることが重要です。

要するに、投資においては、十分な入金力を持つことが成功への道を大いに助ける要因となるのです。そして、これが「入金力ゲーム」と呼ばれる理由です。

マネックス証券は、初心者からベテラントレーダーまで幅広く使いやすく、米国株の取引が充実している、資金が少ない人でもIPOに参加しやすいです。
この機会にぜひマネックス証券公式サイトをチェックしてみてください。

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

マネックス証券

積み立て投資の入金力に必要な金額と目安

積み立て投資を行う際、どれくらいの入金力が必要なのでしょうか。

株式市場への積極的な投資家たち、通称「株クラ」として知られる人々の中では、投資金額が「10万円以下」の割合が約半数に達するようです

したがって、平均的な投資家が目指す範囲として、投資金額は5万円から10万円を目安にすることが適切と言えるでしょう。

さらに、毎月30万円以上の入金力を持つ投資家も約23.8%存在することが判明しました。これは収入が一定水準以上になると、月々の投資に30万円を選ぶことも一つの選択肢となることを示唆しています。

投資を始める際には、自身の経済状況や目標に基づいて入金力を考えることが重要です。

投資を煽る記事やメディアは多いですが、余剰資金で投資を行うことが一般的にはベターです。くれぐれも無理のない範囲で行ってください!

投資を煽る記事やメディアは多いですが、余剰資金で投資を行うことが一般的にはベターです。くれぐれも無理のない範囲で行ってください!

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

入金力向上のための3つの方法

では、どのようにして入金力を向上させることができるのでしょうか。入金力を高めるためには、次の3つの方法があります。

  1. 家計の見直しや節約
  2. 副業による収入増加
  3. 転職による本業収入のアップ

それぞれについて詳しく解説します。

1. 家計の見直しや節約

入金力を高めるためには、支出を削減し、その節約分を投資に回す方法が考えられます。

支出を減らすためには、家計の見直しや節約が有効です。以下は、すぐに実践できる節約のアイデアです。

  • キャッシュレス決済を活用する
  • 家計簿アプリを使用して支出を管理する
  • 先取り貯金を始める
  • 自炊を心掛けて外食費を減らす
  • ふるさと納税を利用する
  • エネルギーコストを削減するためにガス・電力会社を見直す
  • 省エネ家電に切り替えて電気代を節約する
  • 格安SIMに切り替えることで携帯電話代を節約する
  • 不要な物品をフリマアプリで売却する

無理な節約はストレスを引き起こす可能性があるため、無理なく取り組める範囲で行いましょう。

あわせて読みたい
【節約術】科学的には節約で削らないほうがいい3つの出費とは? 人生において節約は大切です。 若いうちは貯金などせず有り金を全て使うべきだという主張もありますが、自分にとって無駄な出費まで作る必要はないのではないでしょうか...

「年金・貯金の無料相談サイト ガーデン」では、お金のプロであるFPに無料で相談することができ、貯蓄や年金、資産運用など幅広い悩みに対応してもらうことができます。
この機会にぜひ年金・貯金の無料相談サイトガーデンの公式サイトをチェックしてみてください!

\無料でライフプランを作成/

保険の無料相談サイト「ガーデン」

副業による収入増加

入金力向上のための2つ目の方法は、副業を始めて収入を増やすことです。

おすすめの副業は、クラウドソーシングサイトを利用して仕事を見つけることです。成功すればブログやYouTubeなどで大きな収入を得ることができますが、必ずしも収入が得られるわけではないため、注意が必要です。

そのため、最初は確実に収入を増やすために、労働型の副業を始めることをおすすめします。

あわせて読みたい
【貯金を増やしたい方必見!】最大137%貯金が増える裏技! ひと財産作るためにも元手が必要ですよね。 トマ・ピケティも『21世紀の資本』で言っているように、残念ながらお金を働かせている人のところにお金は集まります。一番お...

転職による本業収入の向上

本業の収入を増やすことも、入金力を向上させる方法の一つです。

フリーランスに最適な就業機会を提供するフューチャリズム

よくある質問 入金力

入金力とは何ですか?

入金力とは、投資に回すことが可能な資金のことを指します。簡潔に言えば、投資に使えるお金のことです。

入金力の目安や平均はどのくらいですか?

入金力の目安は、通常5万円から10万円程度です。入金力の平均値は5万円未満ですが、中には毎月30万円以上の入金を行っている人も存在します。

まとめ:投資における入金力の重要性

この記事では、投資において入金力がなぜ重要なのかについて解説しました。

自身の理想的な資産形成に必要な入金力はどれくらいでしたか?もし現在の入金力が目標に届かない場合、節約や副業を考えることが有益です。

一緒に資産形成に取り組んでいきましょう。

あわせて読みたい
簡単に実践!無計画パパ・ママでも1年で100万円貯める方法ベスト5 「子供がいるから難しいけど、実は1年間で100万円くらい貯金できたらいいのに。」と、今まで全く貯金ができていないことに悩んで焦っている方。 貯金を試みたけれども、...

ネット証券会社最大手のSBI証券は、手数料の安さと金融商品の豊富さに定評があり、国内株式個人取引シェアNo.1の実績があります。

この機会にぜひSBI証券公式サイトをチェックしてみてください。

おすすめ投資口座!
  • 豊富な商品・銘柄から投資先を選べる!
  • 高ポイント付与率でクレカ積立ができる!
  • IPO投資できる!
  • SBI証券の取扱商品数は業界トップクラス

\ 株式取引シェアNo.1! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次