ChatGPTとBing AI Chatの違いは?ChatGPTとBing AI Chatの比較してみた!

2022年11月にChatGPTプロトタイプが登場してから、生成AI(ジェネレーティブAI)への注目が進んでいます。

生成(ジェネレーティブ)AIについては、毎日のようにメディアやSNSで新しい話題が生まれており、AI業界はこれまで以上に盛り上がっているようです。とはいえ、それ以前からAIや機械学習に関する論文は毎年数万と出ていたので、別にこれまでが冷めていたわけでもありません。

中でも、「ChatGPT」に代表されるチャットをベースとしたAIサービスは、もはやAIや生成AIの代名詞がChatGPTになってしまったような錯覚を受けるくらいです。

AI = ChatGPTみたいに思っている人も多そうですね……

あわせて読みたい
ChatGPTとは何か、どうやってChatGPTは稼ぐのか? 人工知能(AI)研究会社のOpenAIが2022年11月にリリースした無料チャットボット「ChatGPT」が、インターネットを席巻しています。 誕生から数カ月で、ChatGPTはユーザー...

そこで今回は、AIチャットシステムであるOpenAIの「ChatGPT」とMicrosoftの「新しいBing」を比較し、違いを確認していきます。

目次

ChatGPTの概要|ChatGPTとは

ChatGPTはOpenAIによって開発された会話AI言語モデルです。これはGPT(Generative Pre-trained Transformer)アーキテクチャに基づいており、特にGPT-3.5はGenerative Pre-trained Transformerモデルの第3世代を表します。

ChatGPTは、インターネット上の膨大なテキストデータで訓練された高度なディープラーニングモデルであり、人間のようなテキストを生成するように設計されており、さまざまな質問やプロンプトに対する首尾一貫した、文脈に関連した応答を理解し、生成することができます。

あわせて読みたい
ChatGPTを就活で活用!使い方を徹底解説! 就活生の皆さん、こんにちはー!! 就活でChatGPTが大活躍していると耳にしました。 そこで今回は、話題のAIチャットボット「ChatGPT」を就活で活用する方法についてご...

ChatGPTは、基本的に質問への回答、会話の実行、テキストの要約、言語の翻訳など、さまざまな自然言語処理(NLP)に使用できます。その多用途性と言語理解能力により、アプリケーションの構築、カスタマーサポートの提供、個人指導、コンテンツの生成、人間とコンピュータのインタラクションの強化のための強力なツールとなっていく可能性があります。

2022年11月にプロトタイプが公開されてからあっという間に、アクティブユーザ数が1億人を突破しました。自然言語に対応しますので、英語でも日本語でも言語から判断し適切な回答が得られます。

あわせて読みたい
【ChatGPTとGPT-4の違い】GPT-4がChatGPTを凌駕する5つの理由 OpenAI から新らたに登場した「GPT-4 AI モデル」は大きなデビューを果たし、すでに視覚障害者向けの仮想ボランティアから Duolingo の言語学習ボットまで、あらゆるも...

また、ChatGPTの開発元であるOpenAIのCEOのSam Altman氏と量子情報科学と機械学習の専門家であるAlex Blania氏が共同で立ち上げたプロジェクト 「ワールドコイン」も大注目です。

あわせて読みたい
ワールドコインとは?仮想通貨WorldCoin(WLD)の買い方や将来性、課題を徹底解説! 最近大いに注目を集めているのが「ワールドコイン(Worldcoin)」ですよね。 ワールドコインは、ChatGPTの開発元であるOpenAIのCEOのSam Altman氏と量子情報科学と機械...

大手仮想通貨取引所のコインチェックは、日本国内において利用者数が多く、安全性や信頼性も高い取引所です。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨をはじめ、NFTも取引することができます。

コインチェック

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみましょう!

\ 国内最大級の暗号資産取引所 /

ChatGPTに将来予想はできるのか?

広く勘違いが発生していることとして、「ChatGPTによる将来予想ができるかどうか」ということです。

ChatGPTは基本的にAIの言語モデルであり、未来を予測する能力はありません。

ChatGPTの回答は、過去の最終更新までに学習したデータに存在するパターンと情報に基づいています。過去のデータに基づいて、過去の出来事や一般的な傾向、可能性に関する情報を提供することはできますが、将来の特定の結果を予見したり予測したりすることは原則として現状のところ(2023年)得意ではありません。

また、未来を予測することは複雑で不確実な作業であり、過去のデータや現在の知識の範囲を超えた要素がしばしば絡んできます。未来の出来事の多くは、予測不可能な変数や偶然の出来事、人間の意思決定によって左右されるため、正確な予測は困難です。

ChatGPTは、大規模なテキスト・データ・コーパスから学習したパターンに基づいて、人間のようなテキストを理解し、生成することに優れた言語モデルです。例えば、ChatGPTを使った株価予想をしたいと思っていても、ChatGPTは株価予測に特化して設計・最適化されているわけではないことに注意が必要です。

株価の予測は、膨大な量の金融データ、市場動向、経済指標、株価の動きに影響を与えるその他の要因の分析を伴う複雑なタスクです。株価予測のために開発された機械学習やディープラーニングのモデルもありますが、決定的な解決策がない難しい問題です。

ChatGPTやその他の言語モデルを含め、どのような株価予測モデルでも、その性能は、学習データの質や関連性、予測に使用する特徴量、モデル・アーキテクチャ、評価プロセスの頑健性など、いくつかの要因に左右されます。

株価予測に興味がある場合は、この目的のために特別に設計されたモデルやアプローチを検討することが勧められます。これには、時系列分析、リカレント・ニューラル・ネットワーク(RNN)、長短期記憶ネットワーク(LSTM)、または金融データ分析用に調整された注意ベースのモデルなどが含まれ、ChatGPTを使えばなんでもできるというのは大きな勘違いでしょう。

AI言語モデルであれ人間の専門家であれ、あらゆる予測や予想に批判的な考え方で取り組み、不確実性とリスクが未来予測に内在していることを認識することが不可欠です。重要な意思決定を行う際には、常にその分野の専門家に相談し、複数の情報源を検討することが最善でしょう。

おすすめの証券口座はSBI証券です!
国内株、個人取引シェアNo.1証券でNISA口座で国内4取引所, 海外9カ国の株式に投資できるのはSBIだけです。NISAでIPOもできるなど死角がないので、迷ったらSBI証券で口座開設しましょう。以下にリンクからすぐ開設ができますよ!

\ 株式取引シェアNo.1! /

Bing AI Chatの概要

Bing AI Chatは、ユーザーがインターネット上の情報、ウェブページ、画像、動画、ニュースなどを検索できる、マイクロソフトが提供する検索エンジンです。

アルゴリズムと機械学習技術を使用して、ユーザーの検索クエリとの関連性に基づいてウェブページをインデックス化し、ランク付けします。ビングの検索結果は、ユーザーが探している情報を素早く正確に見つけられるように設計されているようです。

すごい簡単に説明すると、ウェブ上にある最新情報を人間の代わりにAIが検索しながら質問に答えてくれるって感じですね。

例えば、「20万円台のゲーミングPCのおすすめ」を聞くと、最新のパーツの値段や在庫状況からおすすめを提案してもらうことができる、みたいな感じです。

ChatGPTとBing AI Chatの違い|ChatGPTとBing AI Chatの比較

BingとChatGPTは、OpenAIによって開発された2つの異なる技術であり、それぞれ異なる目的をもっています。

GPT-4(OpenAIの最も高度で強力な言語モデル)に無料でアクセスしたい場合は、現在のところBing Chatがお勧めです。GPT-4には有料サブスクリプションのChatGPT Plusからアクセスできますが、Bing AI ChatはMicrosoft Edgeから無料でアクセスできます。

Bing AI ChatChatGPT
言語モデルOpenAI’s GPT-4OpenAI’s GPT-3.5 (ChatGPT Plus: GPT-4)
プラットフォームマイクロソフトの検索エンジンと統合スタンドアロンのウェブサイトまたはAPI、iOSアプリ
インターネットアクセスウェブ検索ができ、リンクや推薦文を提供できるChatGPT Plusのブラウジング機能
画像生成DALL-Eを使用した画像など、クリエイティブなコンテンツを作成できる。テキスト生成のみ可能
最適な使い方リサーチアシスタント個人アシスタント
使用制限ユーザーは1セッションにつき20回、1日あたり合計200回のチャットが可能。1日の会話数は無制限。ChatGPT Plusユーザーは3時間ごとに25通のGPT-4メッセージを受け取れます。
値段無料無料。月額$20でChatGPT Plusが利用可能。

Bingの特徴

Bingはマイクロソフトによって開発されたウェブ検索エンジンです。

ユーザーのクエリに基づいて検索結果を提供することで、ユーザーがインターネット上の情報を見つけるのを助けるように設計されています。Bingは複雑なアルゴリズムと機械学習技術を用いてウェブページをインデックス化し、検索クエリとの関連性に基づいてランク付けする。情報検索に不可欠なツールであり、一般的なウェブ検索に広く利用されている。

また、テキストから画像を生成できたり、画像つきの質問に答える、無料で画像や動画を使って答えてくれる、なんてことも可能です。

マイクロソフトが開発しているので、Edgeブラウザとの連携機能が豊富なのが特徴です。

Bing AI Chatは検索エンジンBingの進化系というだけあって、ブラウザ上での検索や最新情報の収集に特化していました。

Bing ChatはMicrosoft Edgeに組み込まれているため、より統合され、カスタマイズされた方法で回答を検索できます。そのため、強力なリサーチアシスタントとなります。

ChatGPT

ChatGPTはOpenAIによって開発された会話AI言語モデルです。

GPT (Generative Pre-trained Transformer) アーキテクチャに基づき、人間のようなテキストを生成し、ユーザーと会話するように特別に設計されています。

ChatGPTは自然言語のクエリを理解し、受け取った入力に基づいて文脈に応じた応答ができる。ChatGPTは、質問への回答、カスタマーサポート、個別指導、コンテンツ生成などのタスクによく使用されます。

ChatGPTは、より孤立した体験ですが、どのブラウザからでもアクセスでき、より強力な統合とプラグインを持っています。リサーチ・アシスタントというよりは、パーソナル・アシスタントに適していると言えるでしょう。

Bing AI Chatは検索の一部、ChatGPTは独立したインターフェース

ChatGPTとBing ChatはどちらもOpenAIの言語モデルを使用しているため、ほとんどの場合、非常によく似た結果を生成します。

両者の最大の違いは、Bing ChatもマイクロソフトのPrometheus(Bing SearchとAIツールを統合したモデル)を搭載していることです。

ウェブの「副操縦士」として販売されているBing Chatは、ウェブ全体から最新の情報を抽出し、プロンプトに答える際に要約します。さらに、ソースを引用し、関連リンクのリストを生成する(画像も含む)。

一方、ChatGPTは2021年までの情報しか学習していないため、インターネットから現在の結果を取り込むことはできません。

回避策として、ChatGPT Plusで利用可能なOpenAIのネイティブ・ウェブ・ブラウザ・プラグイン(Bingによって提供されている)にアクセスすることが挙げられます。

BingはChatGPTのデフォルトの検索エクスペリエンスで、ユーザーはウェブをソースにした最近の最新の答えを得ることができます。

ただ、ChatGPTはBingのようにビジュアルを統合していないようなので、結果として、テキストを多用することになります。

欠点は、事実、ニュース、歴史的な出来事を調査する場合、ChatGPTは必ずしもソースを引用しないことです。
天気予報を引用するのは問題ないようですが、その他の情報については、特にソースを提供するように指示しない限り、ヒットするかどうかは微妙です……

一方のBingは、引用の信頼性が高いだけでなく、Bingは次に何を検索すべきかを推奨してくれます。
また、チャットのページを下にスクロールすると、マイクロソフトは通常の検索ページに戻り、チャットで質問した最新の質問へのリンクが表示されます。

一方、ChatGPTは、より機械的な感じがします。
フォローアップをするわけでもありませんし、あなたがChatGPTを使用しているWebブラウザは、あなたがそれを質問した内容を記憶していません。

注:2023年7月現在、ChatGPTのBingとのブラウズ機能は、現在許可されていない方法でコンテンツを表示するため、OpenAIによって一時的に無効化されています。同社は、これを修正中であり、間もなく復旧するようです。

全体として、Bing AI Chatは複雑な答えを要約してくれる検索ツールのように感じられます。自分で複数のページを検索する必要もありません。

ChatGPTでも同じような使い方ができそうですが、それはより孤立した体験であり、検索ツールではなく、よりチャットボットのように感じられます。

Bingは、よりカスタマイズされた出力が可能になる

BingはMicrosoft EdgeブラウザのDiscoverと呼ばれるサイドバーに統合されており、Chat、Composition、Insightsと呼ばれるいくつかの機能が含まれています。

Bing Chat のウェブページに行かなくても、サイドバーから直接Bing Chat とチャットすることができます。良いところは、情報満載のウェブサイトにいるとき、そのページからの質問に文脈に沿って答えてくれることです。

情報量の多いインターネットリサーチ中にAIアシスタントが必要な場合、かなり役立つでしょう。

これは、ChatGPT Plusでも可能です。リンクを送り、情報を要約してもらうだけですが、今いるページとシームレスに統合されているわけではありません。

BingにはInsightsタブがあり、今いるページについてさらに詳しい情報を得ることができることも特徴です。Q&A、キーポイント、ページのトピック、関連記事などが表示されます。

下の方へスクロールしていくと、訪問しているウェブサイトに関する分析(ドメイン名、ホスティングサービス、トラフィックランクなど)の簡単な概要を得ることもできます。これはChatGPTにはないもので、主にテキスト生成に焦点を当てています。

構成

ChatGPTでは、プロンプトを非常に具体的に書く必要があります。そうしないと、アウトプットはかなり曖昧になり、ほとんどの場合、求める回答を入手することは難しいでしょう。

一方で、Bingの作文機能は、あらかじめ用意されたオプションを利用することで、あなたが望む具体的なアウトプットを得られるように手助けしてくれます。テキストボックス内では、プロンプトを書き出し、求めるトーンを設定し、形式(ブログ記事、Eメールなど)を選択し、長さを設定することができる。AIが文章を作成するジェネレーターのような感覚です。

どのようにプロンプトを作ればいいのかわからないという方には便利ですが、ChatGPTにプロンプトと同じことを伝えれば、それなりの仕事をしてくれます。

ChatGPTは、効率的なアシスタント

Bing Chatもユーザーにプラグインを展開し始めましたが、その数は(今のところ)両手で数えられるほどです。

一方、ChatGPTは、AIを他のアプリと組み合わせて、より多様なユースケースを解き放つことができる幅広いプラグインを提供しています。

例えば、Zapierプラグインをインストールすることで、ChatGPTのインターフェイス内で直接ワークフローを自動化することができます。

Googleカレンダーにイベントを追加したり、Slackのステータスを更新したり、技術スタックに関わることならChatGPTから直接行えます。

ChatGPTは、プラグイン外のZapierとも統合しているので、他の何千ものアプリと接続し、最もよく使うアプリからChatGPTにアクセスすることができます。ChatGPT を自動化する方法についてはこちらをご覧ください。

まとめ ChatGPTとBingの違い

まとめると、Bingはウェブ検索や情報検索に使われる検索エンジンであり、ChatGPTは人間のようなテキストを生成し、会話を行うために使われる言語モデルということです。

両者の目的は異なり、Bingはウェブ上の情報を検索することに重点を置き、ChatGPTはテキストベースの応答を生成し、会話形式でユーザーと関わることに重点を置いています。

ChatGPTとBingはどちらも便利なライティングツールであり、有益なチャットボットですが、どちらが優れているかは実際の使用ケースによります。

ウェブブラウザと統合された強力なリサーチツール(そして、詳細なページインサイト、画像生成、信頼できるソースの引用の点で優れている)が必要な場合は、Bing Chat が最適と言えるでしょう。

しかし、AIを搭載したパーソナル・アシスタントを持ちたい場合は、ChatGPTの方が適してると言えます。

両方試して、何が自分に合うかを知りましょう!

また、ChatGPTの開発元であるOpenAIのCEOのSam Altman氏と量子情報科学と機械学習の専門家であるAlex Blania氏が共同で立ち上げたプロジェクト 「ワールドコイン」も大注目です。

あわせて読みたい
ワールドコインとは?仮想通貨WorldCoin(WLD)の買い方や将来性、課題を徹底解説! 最近大いに注目を集めているのが「ワールドコイン(Worldcoin)」ですよね。 ワールドコインは、ChatGPTの開発元であるOpenAIのCEOのSam Altman氏と量子情報科学と機械...

大手仮想通貨取引所のコインチェックは、日本国内において利用者数が多く、安全性や信頼性も高い取引所です。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨をはじめ、NFTも取引することができます。

コインチェック

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみましょう!

\ 国内最大級の暗号資産取引所 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次