仮想通貨Oasys(OAS)とは?ゲーム業界向けブロックチェーンの未来

こんにちは!仮想通貨Oasys(OAS)をご存知ですか?

Oasys(オアシス)は、ゲーム業界をターゲットにしたブロックチェーンプラットフォームです。

既存のブロックチェーンが抱える高額なガス代やスケーラビリティの問題を解決し、ゲーム業界に革命をもたらすことを目指しています。

2022年12月12日からOasysのネイティブトークンであるOASが、複数の海外取引所で上場する予定です。

Oasysは「Blockchain for The Games」というコンセプトのもと、以下の特徴を備えています。

  1. ガス代無料: 通常のブロックチェーンネットワークではトランザクションを実行するためにガス代が必要ですが、Oasysではユーザーにガス代の負担をかけません。これにより、ゲーム内でのトランザクションがスムーズに行えます。
  2. 高速かつ安定したトランザクション: Oasysは高速なトランザクション処理能力を持ち、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。さらに、ネットワークの安定性も確保されています。
  3. 大手ゲーム企業のサポート: スクウェア・エニックス、セガ、バンダイナムコなど、日本の大手ゲーム企業もOasysのバリデータ(ブロック生成者)として参加し、プラットフォームの信頼性を高めています。

Oasysはゲーム業界に新たな可能性をもたらすブロックチェーンプラットフォームとして注目されています。

OASの取引を検討している方は、この記事を参考にして、今後の展望や購入方法を把握してみてください!

仮想通貨投資を始めたい方は、GMOコインなどの国内取引所を活用して、スムーズかつ安全にOASを入手できるよう準備を進めましょう。

おすすめ投資口座!
GMOコイン
  • 取扱通貨が豊富
  • 500円から積立ができる
  • レバレッジ取引にも対応している
  • NFT銘柄の取り扱いがある
  • NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」でNFT取引ができる
  • 初心者向けと中〜上級者向けで使い分けができるスマホアプリ

\ イーサリアムがもらえる特典中! /

目次

Oasys(OAS)とは?

Oasys(オアシス)は、2022年2月8日にスタートしたブロックチェーンプロジェクトおよびプラットフォームです。このプロジェクトは、「Blockchain for The Games(ゲームのためのブロックチェーン)」というコンセプトを掲げ、ゲーム業界に特化した独自のブロックチェーンを開発しています。

名称Oasys
ネイティブトークンOAS
取り扱い取引所オーケーエックス(OKS)、クーコイン(Kucoin)、バイビット(Bybit)、ゲート(Gate)、フォビ(Huobi)
上場日2022年12月12日
初期発行枚数100億枚

プロジェクトの中核メンバーには、バンダイナムコ研究所の代表取締役社長である中谷始氏、doublejump.tokyoの代表取締役CEOである上野広伸氏、gumiの創業者かつThirdverseの代表取締役CEOである國光宏尚氏、セガ取締役副社長の内海州史氏、Yield Guild Gamesの共同創業者であるギャビー・ディゾン氏など、ブロックチェーン業界の著名人が名を連ねています。

Oasysの最も注目すべき特徴の一つは、高速なトランザクション処理速度とガス代の無料化です。これにより、ゲーム内でのスムーズな取引が可能となり、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

将来的には、他のゲームとの連携やNFT(非代替性トークン)に関連するマルチチェーン対応など、多彩な展望が描かれており、Oasysに対する期待が高まっています。

Oasysのネイティブトークンは仮想通貨OASです。2022年12月12日からは、OASが海外取引所で取り扱われ、多くの投資家から注目を浴びています。

ただし、現時点では国内の取引所での取り扱いは予定されていないため、OASを保有するには、国内取引所で仮想通貨を購入し、それを海外取引所に送金してOASと交換する手順を踏む必要があります。

あわせて読みたい
ビットコイン(仮想通貨)はどうして価値があると言われているのか? ビットコインをはじめとする仮想通貨に投資している方やこれから投資を検討している方々の中には、「なぜ仮想通貨に価値があるのか?」という疑問を抱く方も多いことで...

仮想通貨投資をコスト効率よく始めたい方には、販売所の売買手数料や口座の作成・維持手数料が無料となっているGMOコインがおすすめです。この機会に、GMOコインの公式サイトをご覧になり、スムーズな投資スタートを検討してみてください。

おすすめ投資口座!
GMOコイン
  • 取扱通貨が豊富
  • 500円から積立ができる
  • レバレッジ取引にも対応している
  • NFT銘柄の取り扱いがある
  • NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」でNFT取引ができる
  • 初心者向けと中〜上級者向けで使い分けができるスマホアプリ

\ イーサリアムがもらえる特典中! /

Oasys(OAS)の特徴・仕組み

Oasys(OAS)の特徴と仕組みを詳しく解説します。

ゲーム特化型のブロックチェーン

Oasysは、その名の通り、ゲーム特化型のブロックチェーンおよびその関連プロジェクトとプラットフォームを総称しています。

従来のブロックチェーンゲームでは、プレイのために高額なガス代が必要で、取引が遅くなるという課題がありました。通常のゲームと同様のスピードで取引を行うことは難しいとされていましたが、Oasysは高速なトランザクション処理を実現し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

あわせて読みたい
【GameFi ゲームで稼ごう】Roblox(ロブロックス)の稼ぎ方を徹底解説! Robloxとは、オンラインゲームプラットフォーム、あるいはメタバースのことであり、ユーザーがゲームを制作したり、作ったゲームで稼ぐことが可能です。 https://moneyc...

手数料無料で利用できる

一般的なブロックチェーンゲームでは、NFT(非代替性トークン)の処理、管理、仮想通貨の送金などの過程で、ガス代として仮想通貨を支払う必要があります。

これは初心者にとっては敷居が高いものでした。しかし、Oasysでは取引時の手数料(ガス代)が無料です。ヴァース(Verse)とハブ(Hub)という2つの層の構造を採用し、ヴァースが手数料を負担する仕組みとなっています。そのため、新規ユーザーでも気軽に利用できます。

あわせて読みたい
NFTの稼ぎ方解説:初心者向けのポイントと将来の展望 改めて、初心者向けにNFTの稼ぎ方について解説します! NFTを利用して収益を上げる事例として、小学生が作成したNFTが240万円の価値を持つという話が広まっています。こ...

バリデータに多くの企業が参加

Oasysの初期バリデータには、多くの大手企業が参加しています。

OASの初期バリデータ
  • Aster Network(アスターネットワーク)
  • バンダイナムコ研究所
  • BOBG(ボブジー)
  • Com2uS(カムツス)
  • CryptoGames(クリプトゲームス)
  • doublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)
  • gumi(グミ)
  • jump(ジャンプ)
  • MCH(エムシーエイチ)
  • netmarble(ネットマーブル)
  • neowiz(ネオウィズ)
  • SEGA(セガ)
  • イールド・ギルド・ゲームス(Yield Guild Games)
  • Thirdverse(サードバース)
  • UBISOFT(ユービーアイソフト)
  • WEMADE(ウィメイド)
  • DMMビットコイン Blockchain(DMMビットコインブロックチェーン)
  • NHN PlayArt
  • グリー
  • ミシカルゲームス(Mythical Games)
  • スクウェア・エニックス

バリデータは、ブロックチェーンのデータが正しいかどうかを検証するノードで、ブロックチェーンネットワークの正常な運用に重要です。著名企業がバリデータとして参加することで、Oasysへの期待が高まります。

OasysのネイティブトークンであるOASは、2022年12月12日から海外取引所で取り扱いが開始されます。ただし、国内の取引所では取り扱われないため、OASを入手するには、国内取引所で仮想通貨を購入し、それを海外取引所に送金して交換する必要があります。

GMOコインは、取引所の手数料が低く、利用しやすい国内取引所の一つです。仮想通貨投資を始める際には、GMOコインの公式サイトをチェックしてみてください。

\ 国内最大手 /

Oasys(OAS)の今後の見通し・将来性

Oasys(OAS)の今後の展望と将来性について詳しく見ていきましょう。

大手企業によるゲーム開発の期待

今後、Oasysを活用した大手企業によるブロックチェーンゲーム開発が期待されます。

Oasysの初期バリデータには、バンダイナムコ研究所、gumi、スクウェア・エニックスなど、大手ゲームメーカーが参加しており、これらの企業がブロックチェーンゲーム分野に参入する可能性が高まっています。2022年11月30日から12月4日にかけて実施されたパブリックセールには、60カ国から投資家が参加し、わずか半日で目標の100万ドルを達成しました。さらに、有名なベンチャーキャピタルであるGalaxy Interactive、韓国のゲーム業界大手Nexon、MZ Web3 Fund(前澤友作氏率いるファンド)なども投資に参加しており、業界全体から注目を浴びています。2022年7月に行われたOASの販売でも約25億円の資金調達に成功し、Republic Capital、Crypto.com、Huobi、Gate.io、KuCoinなどの海外取引所、日本のGREE、tofu NFT、bitbank、ネットマーブルのヨンシグ・クォン会長とグン・キムCEO、など個人投資家も参加しました。

ブロックチェーン未経験者の参入の可能性

Oasysは、ユーザー側の手数料が無料であるため、これまでブロックチェーンに興味を持っていなかったユーザー層にも参入しやすい環境を提供しています。また、ゲーム開発者側も、従来のブロックチェーンでは難しかった機能を実装できる可能性が高まり、より良いプレイ体験を提供できるでしょう。さらに、既存の家庭用ゲームがブロックチェーンゲームとして再リリースされれば、ブロックチェーンゲームの人気が急上昇するかもしれません。既存のゲームユーザーがブロックチェーンゲームに参加することで、業界全体の成長が期待されます。

OAS上場に伴う人気の高まり

OasysのネイティブトークンであるOASは、2022年12月8日に海外取引所に上場する予定です。この取引所はOKX、Kucoin、Bybit、Gate、Huobiの5カ所で、12月12日から取引が開始される見込みです。Oasysは資金調達に成功しており、OASの上場が注目されています。これにより、OASの価格上昇も期待されます。国内でのOASの取り扱いについては発表されていませんが、初期バリデータにDMMビットコインが参加しているため、将来的に国内取引所での取引も期待されます。GMOコインは、幅広い層に利用しやすい国内取引所の一つであり、仮想通貨投資を始める際に安心して利用できます。

興味をお持ちの方は、ぜひこの機会にGMOコインの公式サイトをご覧いただき、詳細を確認してみてください。

おすすめ投資口座!
GMOコイン
  • 取扱通貨が豊富
  • 500円から積立ができる
  • レバレッジ取引にも対応している
  • NFT銘柄の取り扱いがある
  • NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」でNFT取引ができる
  • 初心者向けと中〜上級者向けで使い分けができるスマホアプリ

\ イーサリアムがもらえる特典中! /

Oasys(OAS)の購入方法

OasysのネイティブトークンであるOASは、12月12日から海外の仮想通貨取引所で取引が可能となります。ここでは、国内取引所からの購入方法を詳しく確認しましょう。

国内取引所での口座開設

最初に、国内の仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。以下は、大手国内取引所であるGMOコインを例に説明します。

  1. GMOコインの公式サイトにアクセスし、メールアドレスを入力してアカウントを作成します。
  2. アカウント作成後、パスワードの設定と2段階認証の設定など、画面の指示に従って必要事項を入力します。
  3. 次に、確認コードを受け取り、本人情報の登録を行います。氏名、生年月日、住所などを正確に入力しましょう。
  4. 登録が完了したら、免許証やパスポートなどの本人確認手続きを行います。
  5. 登録が完了したら、GMOコインの専用入金口座に資金を入金します。

イーサリアムなどの仮想通貨を購入

口座に資金を入金したら、次は仮想通貨の購入手続きに進みます。一般的に、イーサリアムやビットコインなど汎用性の高い仮想通貨を購入します。

  1. マイページから「買う」ボタンを選択し、購入数量を決定します。
  2. 指定した金額に対応する数量と合計金額が表示されるので、金額を確認して「買い注文を確定する」を選択します。
  3. 「購入が完了しました」という表示が出れば、購入手続きは完了です。

購入した仮想通貨を海外取引所に送金

次に、OASを購入できる海外取引所で口座を開設します。以下は、その手順です。

  1. 次に、OASを購入できる海外取引所を選び、その公式サイトから口座開設手続きを行います。一般的な海外取引所には、オーケーエックス(OKX)、クーコイン(Kucoin)、バイビット(Bybit)、ゲート(Gate)、フォビ(Huobi)が含まれます。
  2. 口座が開設されたら、GMOコインの口座から購入した仮想通貨を送金します。
  3. マイページの「入出金」メニューから、送金したい仮想通貨を選択し、「送付」から「アドレスを登録する」を選択します。
  4. 登録メールアドレス宛に、外部アドレス登録に関するメールが送信されます。そのメール内のリンクをクリックし、海外取引所のアドレスを登録します。
  5. 登録が完了したら、再び「入出金」メニューから仮想通貨の「送付」を選択し、設定した海外取引所のアドレスに仮想通貨を送金します。送金数量を指定し、「送付する」ボタンをクリックすることで手続きが完了します。

注意:送金先のアドレスを正確に入力することを確認し、誤って入力しないようにしましょう。

海外取引所でOASを購入

海外取引所に仮想通貨を送金できたら、まずはUSDT(テザー)と交換します。USDTと交換後、OASとUSDTの通貨ペアで再度交換することで、OASを取得できます。取引手続きは、各海外取引所の画面の指示に従いながら進めましょう。

このように、OASの購入はいくつかの手順を踏むことで可能です。興味のある方は、まずGMOコインでの口座開設方法を確認し、始めてみてください。

おすすめ投資口座!
GMOコイン
  • 取扱通貨が豊富
  • 500円から積立ができる
  • レバレッジ取引にも対応している
  • NFT銘柄の取り扱いがある
  • NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」でNFT取引ができる
  • 初心者向けと中〜上級者向けで使い分けができるスマホアプリ

\ イーサリアムがもらえる特典中! /

よくある質問 Oasys(OAS)

仮想通貨OASが日本での取引に登場する可能性は?

2022年から、仮想通貨OASは以下の海外取引所で取引が可能になりました。

OASを扱う海外取引所

  • オーケーエックス(OKX)
  • クーコイン(Kucoin)
  • バイビット(Bybit)
  • ゲート(Gate)
  • フォビ(Huobi)

しかし、現時点では日本国内の仮想通貨取引所でのOASの取り扱いは予定されていません。

ただし、将来において国内取引所での取り扱いが始まる可能性は依然として存在します。

まとめ Oasys(OAS)

この記事では、Oasys(OAS)の特徴や将来性、購入方法について詳しく説明しました。

以下がまとめです。

  • Oasysは「Blockchain for The Games」をコンセプトに掲げる、ゲーム特化型ブロックチェーンです。これにより、ゲーム関連の課題を解決し、トランザクションを改善しています。
  • ユーザーはOasysを使用する際にガス代を気にする必要がありません。ガス代が無料で提供され、利用が簡単です。
  • 高速で安定したトランザクション処理を提供し、大手ゲーム企業もバリデータとして参加しています。これにより、業界全体に大きな影響を与える可能性があります。
  • 仮想通貨OASは、2022å¹´12月12日から複数の海外取引所で取り扱いが開始されました。
  • GMOコインは、コストを抑えた取引を提供し、海外取引所への送金も簡単に行える国内取引所の一つです。

仮想通貨OASは、海外取引所で取引が可能となっており、今後の展開に注目が集まっています。

大手仮想通貨取引所のコインチェックは、日本国内において利用者数が多く、安全性や信頼性も高い取引所です。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨をはじめ、NFTも取引することができます。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみましょう!

おすすめ投資口座!
コインチェック
  • 取り扱い通貨数が豊富
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1.
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所のビットコイン取引手数料が無料
  • 運営の信頼性
  • 安全なセキュリティ対策
  • ビットコイン現物取引高2ヶ月連続「国内No.1」を獲得

\ 国内最大級の暗号資産取引所 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次