仮想通貨投資家がEthereum ETF承認後に資本を投入すべき分野

Ethereumは9年間で、オンチェーンのスマートコントラクトやプログラム可能な仮想通貨の先駆者から、分散型金融(DeFi)とブロックチェーンインフラの基盤へと進化しました。

スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術を利用した自動化された契約のことを指します。この契約はプログラムコードとして書かれており、特定の条件が満たされると自動的に実行されます。

最近の米国証券取引委員会(SEC)によるETH ETFの承認は、この旅の一歩に過ぎませんが、Ethereumを成熟した資産クラスとして確立する重要なマイルストーンです。

ここでは、投資家が注目すべきEthereumエコシステム内の最も有望な分野について詳しく説明します。

あわせて読みたい
イーサリアムの現物ETFがついに承認!これからイーサリアムはどうなる? ETF(上場投資信託)とは、Exchange Traded Fundsの略で、株式や債券、金、石油といった様々な資産の価格変動に連動する投資ファンドのことです。ETFは、通常の株式と同...

※この記事は広告を含みます。

おすすめ投資口座!
コインチェック
  • 取り扱い通貨数が豊富
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1.
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所のビットコイン取引手数料が無料
  • 運営の信頼性
  • 安全なセキュリティ対策
  • ビットコイン現物取引高2ヶ月連続「国内No.1」を獲得

\ 国内最大級の暗号資産取引所 /

目次

レイヤー2 ディセントラライズド ファイナンス(DeFi)

Ethereumは分散型オンチェーン市場の誕生を促し、グローバルなDeFiセクター(時価総額1045.5億ドル)を育てました。DeFiは従来の金融にはない独自の金融メカニズムを提供し、その安全性、速度、分散化はEthereumのスマートコントラクトに依存しています。レイヤー2ネットワーク(Base、Arbitrum、zkSyncなど)は、Ethereumのスケーラビリティの問題を解決し、使用コストを削減し、取引速度を向上させます。

オンチェーンとオフチェーンの違い

スマートコントラクトはオンチェーンとオフチェーンの両方で存在することができますが、オンチェーンのスマートコントラクトはブロックチェーン上に直接記録されます。これにより、以下の利点があります。

  • 透明性: ブロックチェーン上のデータは誰でも閲覧できるため、スマートコントラクトの実行状況も透明です。
  • 改ざん防止: 一度ブロックチェーンに記録されたデータは改ざんできないため、スマートコントラクトの内容も変更されません。
  • 自動化: 条件が満たされると自動的に契約が実行されるため、人為的なミスや不正が排除されます。

DeFiプロジェクトの成功例

DeFi分野では、貸し借りプラットフォーム、先物取引プラットフォーム、トークン発行プラットフォーム、中央集権型および分散型取引所などが大成功を収めています。

これらの技術は、ETHが小規模な市場参加者の注目を集めていた頃から多様なビジネスモデルに展開され、DeFiソリューションに対する真の需要を証明しました。多くのトップDeFiプロトコルは数十億ドルの評価額に達しており、このセクターの強さを示しています。

Ethereumが認知された商品へと移行する中、DeFiの成長可能性はさらに確実になります。投資家にとって、資本を投入する魅力的な分野です。

人工知能(AI)

人工知能(AI)は、ブロックチェーン技術と同様に、現代の最も重要な技術の一つです。信頼できる、中央集権化されていないAI技術が求められています。

ブロックチェーンとAIの融合

ブロックチェーンは、安全でプライベート、かつ分散型のフレームワークを提供し、希少な計算資源の独占を防ぎます。Ethereumのブロックチェーンを利用したAIプロジェクトは、既に安全で分散型のAIサービスを構築しています。この分野への投資は、分散型かつ安全なAIソリューションの需要が高まる中で非常に魅力的です。

AIプロジェクトがEthereum上でマルチビリオンダラーの市場規模に達していることから、この分野の成長は顕著です。ETH ETFの承認は、この分野のさらなる拡大のきっかけとなるでしょう。

分散型物理インフラ(DePIN)

DePINは、スマートコントラクトの奇跡のおかげで出現したエキサイティングなブロックチェーン依存のセクターです。物理的インフラとデジタルネットワークを融合し、限られたリソース(センサー、データストレージ、無線接続など)を暗号通貨トークンと交換する仕組みです。

DePINの特徴

DePINは、分散型ガバナンス、ピアツーピアのインフラ共有、トークン化、セキュリティとプライバシーの強化を提供します。需要が増加する中で、これらのリソースの市場は拡大し、トークンの価値が上昇します。

ETH ETFの承認により、投資家がDePINに注目する可能性が高まり、その高いリターンと実質的な影響を認識するでしょう。

ETH リステーキング

ステーキングは、Ethereumのような分散型ネットワークを経済的ゲーム理論を通じて保護する基本的な要素です。バリデーターはETHをステークし、ルールに従えば報酬を得られ、ルールを破ればステークしたETHを失います。

リステーキングの仕組み

リステーキングは、このコンセプトをさらに進め、ブロックチェーン上の任意のプロトコルを保護します。これにより、小規模な参加者も高いレベルのセキュリティを維持できます。リステーキングは、複数のプロトコルのためのより強靭なネットワークを構築し、単一の参加者に対する攻撃を費用対効果が高くします。

リキッドリステーキングサービスは、複雑なバリデーターを管理することなくトークンをステークするプロセスを簡素化します。これらのサービスは、バリデーター報酬からの利息を蓄積し、追加の報酬を生成するために再ステークできます。このセクターの成長は、ブロックチェーンのセキュリティにおける重要性を示しており、投資家にとって魅力的な分野です。

まとめ 仮想通貨投資家がEthereum ETF承認後に資本を投入すべき分野

ETH ETFの承認により、Ethereumは主要な投資対象として確立されました。Ethereumエコシステムには、レイヤー2のDeFi、AI統合、DePIN、リステーキングなど、投資家にとって魅力的な機会が数多く存在します。これらのセクターを研究し、その成長の触媒を理解することで、投資家はスマートな資本を投入し、Ethereumの成長に貢献することができます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次