お金の未来:デジタル通貨が金融を変える方法

皆さんはお金とは何か、考えたことはありますか?

お金とは、物々交換の媒介として、価値を表現するものです。お金は、歴史の中で様々な形をとってきました。貝殻や穀物、金属や紙幣、そして現代では電子的なデータとして存在しています。お金の形が変わると、それに伴って金融や経済、社会も変わってきました。

現在、私たちはデジタル通貨という新しい形のお金に注目しています。デジタル通貨とは、インターネット上でやり取りできる電子的なお金のことで、中央銀行や民間企業が様々な形で開発し実験しています。

デジタル通貨は、現金のコストを削減し、データの活用や取引の高度化を促進し、金融政策や金融安定、プライバシーや包摂性に影響を与えるものです。

この記事では、デジタル通貨の種類や特徴、世界の動向や日本の取り組み、そして金融を変える方法と人々の暮らしをよくする方法について紹介します。

大手仮想通貨取引所のコインチェックは、日本国内において利用者数が多く、安全性や信頼性も高い取引所です。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨をはじめ、NFTも取引することができます。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみましょう!

おすすめ投資口座!
コインチェック
  • 取り扱い通貨数が豊富
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1.
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所のビットコイン取引手数料が無料
  • 運営の信頼性
  • 安全なセキュリティ対策
  • ビットコイン現物取引高2ヶ月連続「国内No.1」を獲得

\ 国内最大級の暗号資産取引所 /

目次

デジタル通貨とは何か

デジタル通貨という言葉には、一般的な定義はありませんが、ここでは「インターネット上でやり取りできる電子的なお金」という意味で使います。デジタル通貨には大きく分けて次の3つの種類があります。

電子マネー

法定通貨(円など)をデジタル化したもので、プリペイドカードやスマホ決済などが該当します。電子マネーは中央銀行や民間銀行が発行し管理します。 

暗号資産(仮想通貨)

ビットコインやイーサリアムなどのように、特定の国家や組織に依存しない非中央集権的な通貨です。暗号資産はブロックチェーンというインターネット上で共有される記録システムによって記録や取引が行われます。

中央銀行デジタル通貨

国家の中央銀行が発行するデジタル通貨で、法定通貨(円など)と同じ価値を持ちます。中央銀行デジタル通貨は現金の代替や国際決済の改善などを目的に開発されています。

おすすめ取引所!
BITPOINT
  • お得なキャンペーンを多数開催
  • 各種手数料が無料
  • ニッチ〜メジャーまで幅広い仮想通貨ラインナップ
  • SBIグループの運営で安心感◎

デジタル通貨のメリットとデメリット

デジタル通貨にはメリットとデメリットがあります。ここではそれぞれ詳しく見ていきましょう

電子マネーのメリットとデメリット

電子マネーのメリットは、支払いがスピーディーにできることや小銭を持ち歩かなくて済むことなどです。電子マネーはスマートフォンやカードなどで簡単に利用でき、ポイントやキャッシュバックなどの特典もあります。電子マネーは中央銀行や民間銀行が発行し管理するため、安全性や信頼性が高いと言えます。 

電子マネーのデメリットは、事前にチャージしておく必要があることや利用限度額が低いことなどです。

電子マネーは法定通貨と同じ価値を持たないため、残高が不足すると利用できません。また、電子マネーは利用できる店舗やサービスが限られている場合もあります。さらに、電子マネーはインターネットに接続されている必要があるため、通信障害や停電などの場合に利用できなくなる可能性もあります。

暗号資産のメリットとデメリット

暗号資産のメリットは、海外送金がスピーディーにできることや送金手数料が安いことなどです。暗号資産は国家や組織に依存しないため、国境を越えて自由に流通できます。

暗号資産はブロックチェーンというインターネット上で共有される記録システムによって記録や取引が行われるため、中間者が不要であり、送金手数料が低く抑えられます。さらに、匿名性や透明性が高いと言われています。 

暗号資産のデメリットは、値動きが激しく決済手段としては使いにくいことやクラッキングの可能性がゼロではないことなどです。暗号資産は需給や投機などの影響を受けやすく、価格変動が大きいため、決済時に損失を被る可能性があります。また、規制や監督が十分ではないため、不正や詐欺などの被害に遭う可能性もあります。そして、ブロックチェーン技術に基づいて監視されてはいますが、それ自体も完全ではなく、クラッキングや改ざんなどの危険性も否定できません。

中央銀行デジタル通貨のメリットとデメリット

中央銀行デジタル通貨のメリットは、現金の製造や管理にかかるコストを削減できることやマネーロンダリングや脱税などを防げることなどです。中央銀行デジタル通貨は現金と同じ価値を持ちますが、紙幣や硬貨のように物理的に存在しないため、製造や管理にかかるコストを大幅に削減できます。また、中央銀行デジタル通貨は中央銀行が発行し管理するため、データの収集や分析が容易になり、マネーロンダリングや脱税などの金融犯罪を防ぐことができます。

中央銀行デジタル通貨のデメリットは、技術的なハードルが高いことや商習慣の大きな変化につながることなどです。中央銀行デジタル通貨は現金と同等かそれ以上の機能や性能を持たなければなりませんが、それを実現するには高度な技術やインフラが必要で、現金とは異なる性質を持つため、それに伴って金融や支払いの仕組みや習慣が大きく変わる可能性があります。

予想される物としては、中央銀行デジタル通貨が普及すると、民間銀行の預金や貸出しの需要が減少し、金融市場に影響を与える可能性があります。

大手仮想通貨取引所のコインチェックは、日本国内において利用者数が多く、安全性や信頼性も高い取引所です。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨をはじめ、NFTも取引することができます。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみましょう!

おすすめ投資口座!
コインチェック
  • 取り扱い通貨数が豊富
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1.
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所のビットコイン取引手数料が無料
  • 運営の信頼性
  • 安全なセキュリティ対策
  • ビットコイン現物取引高2ヶ月連続「国内No.1」を獲得

\ 国内最大級の暗号資産取引所 /

デジタル通貨の世界的な動向

デジタル通貨は国境を越えて流通する可能性が高いため、国際的な協調や規制が必要です。しかし、デジタル通貨に関する法的な枠組みや基準はまだ確立されておらず、各国で異なる対応がとられています。そのため、デジタル通貨の普及や安定にはさまざまな課題があります。

ここでは、先進国や新興国での中央銀行デジタル通貨の開発や実験、民間企業によるデジタル通貨の提供、国際協調や規制の課題について見ていきましょう。

先進国や新興国での中央銀行デジタル通貨の開発や実験 

世界各国では、中央銀行デジタル通貨の開発や実験が進められています。その中でも特に注目されているのは、中国のデジタル人民元です。中国は2020年にデジタル人民元の試験運用を開始し、2022年の北京冬季オリンピックに向けて本格的な導入を目指しています。デジタル人民元は、中国人民銀行が発行し管理し、商業銀行や決済プラットフォームを通じて一般に配布されています。デジタル人民元は現金と同じ価値を持ち、オフラインでも利用できます。中国はデジタル人民元によって、現金のコストを削減し、国内外での決済の効率化や規制を強化し、国際的な影響力を高めることを狙っています 。

他にも、スウェーデンでは2021年にe-krona(電子クローナ)のパイロットプロジェクトを開始しました。スウェーデンはキャッシュレス社会への移行が進んでおり、中央銀行が発行するお金へのアクセスを確保するためにe-kronaを開発しています。e-kronaはスウェーデン中央銀行が発行し管理し、個人や企業が専用アプリやカードで利用できます。e-kronaは現金と同じ価値を持ち、利息はつきません。

カナダでは2021年にCBDC(中央銀行デジタル通貨)の設計原則を公表しました。カナダはCBDCの設計原則として、次の5つを挙げています。

  • 通貨と金融システムの安定を損なわないこと
  • 公的・民間マネーとの共存・補完を図ること
  • イノベーションと効率性を促進すること
  • ユーザーのニーズと利便性を満たすこと
  • 法的・規制的な枠組みに適合すること

カナダでは現在CBDCの発行計画はありませんが、将来的に必要になる可能性に備えて準備を進めています。カナダはCBDCによって、現金の代替や国際決済の改善だけでなく、金融政策や金融安定への貢献も期待しています。

あわせて読みたい
米国のデジタルドルはどのようなものになるのか?米財務省はデジタルドルを準備中 米国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、連邦準備制度理事会(FRB)が発行するデジタルドルのまたは電子形式となるという話があります。これは暗号通貨に似ていますが、...

民間企業によるデジタル通貨の提供

中央銀行だけでなく、民間企業もデジタル通貨の提供に積極的に取り組んでいます。その中でも最も注目されているのは、以下のようなプロジェクトです。

  • ビットコイン:ビットコインは2009年に誕生した最初の分散型デジタル通貨です。ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳技術を用いて、中央機関や仲介者を必要とせずに、ピアツーピアで取引や決済を行えます。ビットコインは限られた発行量(2100万枚)と高い価格変動性を持ち、投資対象や価値の保存手段として人気があります。2021å¹´10月には、ビットコインの時価総額が1兆ドルを突破しました。
  • イーサリアム:イーサリアムは2015年に発表された分散型プラットフォームです。イーサリアムでは、スマートコントラクトと呼ばれる自動実行可能なプログラムをブロックチェーン上で動かすことができます。スマートコントラクトを利用して、金融やゲーム、NFT(非代替性トークン)など様々な分野のアプリケーションを開発することができます。イーサリアムのネイティブ通貨はイーサ(ETH)と呼ばれ、ビットコインに次ぐ時価総額を持ちます。
  • リップル:リップルは2012年に発表された国際送金ネットワークです。リップルでは、銀行や決済事業者などが参加する分散型台帳上で、異なる通貨間の即時かつ低コストな送金や決済を行えます。リップルのネイティブ通貨はXRPと呼ばれ、送金の仲介役として利用されます。リップルは世界中の200以上の金融機関と提携し、国際送金市場に革新をもたらそうとしています。

以上のように、民間企業によるデジタル通貨はそれぞれ異なる特徴や目的を持ち、世界中の人々に新しい価値やサービスを提供しています。しかし、同時に、規制やセキュリティ、スケーラビリティなどの課題も抱えており、今後の展開が注目されます。

国際協調や規制の課題

デジタル通貨は国境を越えて流通する可能性が高いため、国際的な協調や規制が必要です。しかし、デジタル通貨に関する法的な枠組みや基準はまだ確立されておらず、各国で異なる対応がとられています。そのため、デジタル通貨の普及や安定にはさまざまな課題があります。 例えば、G7(主要7カ国)では2021年にデジタル通貨に関する共同声明を発表しました。

G7ではデジタル通貨のイノベーションや利便性を認めつつも、消費者保護や金融安定、金融犯罪防止などの観点から厳格な規制と監督が必要だと主張し、特にFacebookのDiemに対して懸念を示し、高い基準を満たすまでは発行を認めないという姿勢を示しました。

IMF(国際通貨基金)では2021年にデジタル通貨に関する報告書を公表しました。IMFではデジタル通貨のメリットとリスクを分析し、中央銀行や民間企業が協力してデジタル通貨のエコシステムを構築することを提案し、デジタル通貨の普及には、法的な整備や技術的な相互運用性やセキュリティの確保、プライバシーや包摂性の配慮などが必要だと指摘しています。

日本におけるデジタル通貨の展望と課題 

日本では現在、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行計画はありませんが、日本銀行はCBDCに関する調査研究や実証実験を進めています。

日本銀行は2021年にCBDCの基本的な設計方針を公表しました。日本銀行はCBDCの設計方針として、汎用性、互換性、イノベーションの3つの原則を掲げています。

日本銀行は2021年10月にCBDCの実証実験の第一段階を終了し、その結果を報告書として公表しました。実証実験では、CBDCの発行・流通・利用に関する基本的な機能や性能を確認し、問題点や改善点を洗い出しました。

日本銀行は2022年4月からCBDCの実証実験の第二段階を開始する予定です。第二段階では、民間事業者や消費者などの外部協力者と共に、CBDCの詳細な設計や運用方法を検証します。具体的には、オフラインでの利用やプライバシー保護、相互運用性などの機能を試験的に導入します。

日本銀行は2023年度にCBDCの実証実験の第三段階を実施する方向で調整しています。第三段階では、実際に一般にCBDCを配布して利用感や効果を検証します。この段階では、メガバンクなどと協力して、民間銀行の口座からの入出金が円滑にできるかなどを確認します。

日本銀行は2026年までにCBDCの発行の可否を判断する方針です。発行する場合は、法律や制度、社会的な合意などが必要です。発行しない場合は、その理由や今後の方針を明らかにします。 日本ではCBDCの発行に対する需要や必要性がどの程度あるか、また、CBDCが既存の支払いシステムや金融市場とどのように調和するかなどを慎重に検討する必要があります。 日本は現在、キャッシュレス化が進んでおり、電子マネーやクレジットカードなどの支払い手段が多様化しています。

また、日本は金融市場が発達しており、金融政策や金融安定に影響を与える可能性があります。 さらに、日本はプライバシーや包摂性などの社会的な課題も考慮しなければなりません。例えば、CBDCの利用にはスマートフォンやインターネットなどのアクセスが必要ですが、それらにアクセスできない人々は利用できなくなる可能性があります。 以上のように、日本ではCBDCに関する取り組みが進められていますが、同時に多くの課題も抱えています。日本はこれらの課題を慎重に検討しながら、CBDCの可能性と必要性を探っていく必要があります。

デジタル円についての解説は、以下の記事で行っています。

あわせて読みたい
デジタル円とは?日本での取り組みやメリット・デメリットを解説 お金の形態は時代とともに変化してきました。紙幣や硬貨、電子マネーや暗号資産など、さまざまなお金が存在します。 その中で、今注目されているのが「デジタル円」です...

大手仮想通貨取引所のコインチェックは、日本国内において利用者数が多く、安全性や信頼性も高い取引所です。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨をはじめ、NFTも取引することができます。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみましょう!

おすすめ投資口座!
コインチェック
  • 取り扱い通貨数が豊富
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1.
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所のビットコイン取引手数料が無料
  • 運営の信頼性
  • 安全なセキュリティ対策
  • ビットコイン現物取引高2ヶ月連続「国内No.1」を獲得

\ 国内最大級の暗号資産取引所 /

民間デジタル通貨とDCJPYやJPYCの開発

日本では中央銀行だけでなく、民間企業もデジタル通貨の開発に取り組んでいます。その中でも最も注目されているのは、DCJPYとJPYCです。DCJPYは日本円に連動した安定コインで、日本経済新聞社が主導する「デジタル通貨フォーラム」が開発し、三菱UFJ銀行やソフトバンクなどの大手企業が参加しています。DCJPYは「デジタル通貨フォーラム」が運営するプラットフォーム上で発行され、参加企業の間でやり取りできます。DCJPYは日本の金融システムに準拠し、法的な信頼性や安全性を確保することを目指しています。DCJPYは2021年に試験運用を開始し、2024年7月にサービス開始を目指しています。

JPYCは日本初の一般向け前払式支払手段扱いのステーブルコインです。JPYCはEthereumやPolygonなどの複数のパブリックチェーン上で発行され、1 JPYC=1円で常に購入・使用できます。JPYCはVプリカギフトなどと交換して日常のお買物に使うことができます。また、海上輸送や環境価値取引などの分野で実証実験も行っています。

以上のように、DCJPYとJPYCはそれぞれ異なる特徴や目的を持つ日本円連動型のデジタル通貨です。両者はブロックチェーン技術を活用して、金融や支払いのイノベーションを促進しようとしています。しかし、同時に、規制や競合他社、市場の反応などの課題も抱えており、今後の展開が注目されます。

日本固有の金融経済環境とデジタル通貨へのニーズ

日本ではデジタル通貨の普及には、日本固有の金融経済環境やデジタル通貨へのニーズを考慮する必要があります。日本では現金の使用率が高く、キャッシュレス化が遅れています。日本では2023年に現金決済の割合が約64%であり、G7国の中で最も高い水準でした。

日本では現金に対する信頼感が強く、また電子マネーやクレジットカードなどの既存の支払い手段に満足している人が多いため、デジタル通貨への移行には抵抗感があるかもしれません。 また、日本ではデフレや低金利が続いており、金融政策や金融安定への影響も考慮する必要があります。

デジタル通貨は現金と同じように利息がつかない場合、デフレ圧力を強める可能性があります。デジタル通貨は現金よりも流動性が高く、金融危機などの際には民間銀行から中央銀行への資金移動を加速する可能性があります。これらの問題に対処するためには、デジタル通貨に利息をつけることや民間銀行と協調することなどが必要かもしれません。

一方で、日本ではデジタル通貨へのニーズも存在します。例えば、国際決済や海外送金においては、デジタル通貨によって時間やコストを削減できる可能性があります。日本は世界第三位の経済大国でありながら、国際決済システムにおいては米ドルやユーロに大きく依存しています。日本は自国通貨である円をデジタル化することで、国際的な影響力を高めることができるかもしれません。 

デジタル通貨が金融を変える方法と人々の暮らしをよくする方法

現金社会にはさまざまな問題があり、その解決策としてデジタル通貨は現金社会からキャッシュレス社会への移行を促進する可能性があります。

現金の製造や管理には多くのコストがかかります。日本では2019年に現金の製造や管理にかかるコストが約1.7兆円であり、GDPの約0.3%に相当します。また、現金はマネーロンダリングや脱税などの犯罪や不正に悪用される可能性があります。

日本では2019年にマネーロンダリング防止法に基づく不審な取引の報告件数が約54万件であり、そのうち約8割が現金取引でした。 キャッシュレス社会にはさまざまなメリットが挙げられます。

支払いがスピーディーにできることや小銭を持ち歩かなくて済むこと、また、データの活用や取引の高度化を促進することです。

デジタル通貨は支払いの履歴や傾向を分析することで、消費者のニーズや行動を把握し、より適切なサービスや商品を提供することができ、スマートコントラクトという仕組みを用いることで、支払いと契約の履行を自動化することができます。

デジタル通貨による金融政策や金融安定への影響

デジタル通貨は金融政策や金融安定へ繋がる可能性があります。デジタル通貨は中央銀行が発行する場合、中央銀行の政策伝達力を強化する可能性があります。中央銀行はデジタル通貨に利息をつけることで、市場の金利水準やインフレ率を誘導することができます。中央銀行はデジタル通貨に数量的な制限を設けることで、市場の流動性や信用創造を調整することができます。 

一方で、民間銀行の役割や収益性に悪影響を与える可能性もあります。デジタル通貨は民間銀行から中央銀行への資金移動を促進させて、民間銀行の預金量や貸出量を減らし、民間銀行の収益源や信用創造力を低下させる可能性があります。

デジタル通貨によるプライバシーや包摂性への配慮 

デジタル通貨はプライバシーや包摂性への配慮も必要です。プライバシーとは個人情報や取引履歴などの秘密性や自由性を保護することです。包摂性とはすべての人々が金融サービスにアクセスできることです。 

デジタル通貨は支払いのデータを収集し分析することで、消費者のニーズや行動を把握し、新たなビジネスモデルやサービスとして適切なサービスや商品を提案し、起業家や中小企業などの金融的に挑戦的な人々にも金融サービスを提供することができます。 

しかし、デジタル通貨は個人のプライバシーを侵害する可能性もあります。デジタル通貨は中央銀行や民間企業などの第三者によって管理される場合、個人情報や取引履歴が漏洩したり、不正に利用されたりする可能性もあり、マネーロンダリングや脱税などの防止のために、個人情報や取引履歴の開示や追跡を求められる場合もあります。 

デジタル通貨はインターネットに接続できるスマートフォンやパソコンなどがあれば利用できるため、銀行口座やクレジットカードなどの既存の金融サービスにアクセスできない人々にも金融サービスを提供することができ、さらに送金や決済のコストを削減し、利便性を向上させることで、低所得者や農村部の住民などの金融的に不利な人々にも金融サービスを提供することができます。

しかし、デジタル通貨はデジタル技術や金融知識が必要であるため、インターネットに接続できるスマートフォンやパソコンなどがない人々は利用できません。デジタル通貨は現金と競合する可能性があるため、現金に依存している人々は利用しづらくなります。

まとめ デジタル通貨 

この記事では、デジタル通貨の種類や特徴、世界の動向や日本の取り組み、そして金融を変える方法と人々の暮らしをよくする方法について紹介しました。

デジタル通貨は現金に代わる新しい支払い手段として、コストの低減やデータの有効活用、取引の効率化などのメリットを提供します。しかし、同時に、金融政策や金融安定、プライバシーや包摂性などにも様々な影響や課題を生み出します。デジタル通貨は金融や経済、社会に大きな変革をもたらす可能性があります。デジタル通貨はお金の進化です。

では、あなたはどうでしょうか?デジタル通貨に興味はありますか?デジタル通貨を使ってみたいですか?デジタル通貨は今後ますます普及していくと予想されます。あなたもデジタル通貨の動向に目を向けて、取り残されないように準備しておきましょう。

大手仮想通貨取引所のコインチェックは、日本国内において利用者数が多く、安全性や信頼性も高い取引所です。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨をはじめ、NFTも取引することができます。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみましょう!

おすすめ投資口座!
コインチェック
  • 取り扱い通貨数が豊富
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1.
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所のビットコイン取引手数料が無料
  • 運営の信頼性
  • 安全なセキュリティ対策
  • ビットコイン現物取引高2ヶ月連続「国内No.1」を獲得

\ 国内最大級の暗号資産取引所 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Stellaria 代表
2002年生まれ、iU1期生。大学3年生でCOOとして学生起業。現在は退職しCreative Label Stellariaを立ち上げ中。ゲームや音楽などのエンターテインメントや生成AIに関する事業を行っている。

目次