米国のデジタルドルはどのようなものになるのか?米財務省はデジタルドルを準備中

米国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、連邦準備制度理事会(FRB)が発行するデジタルドルのまたは電子形式となるという話があります。これは暗号通貨に似ていますが、根本的な違いは、CBDCが連邦準備制度によって裏付けられ規制され、法定通貨として機能することでしょう。

アメリカの議員は中央銀行デジタル通貨(CBDC)を導入するかどうかを決めかねているようですが、アメリカ財務省(USDT)は、実現に向けての強い意思を示しています。

米国CBDCにより、国民は物理的な現金や個人や企業の銀行口座に保有されるデジタル残高以外に、別の形態の中央銀行マネーを利用することができます。

アメリカには現在CBDCはありませんが、このオプションが議論されている以上、何がアメリカのCBDCになるのか、付随するメリットとリスク、そして実施に向けた現在のステップを理解することが重要です。

ちなみに、現在、日本ではデジタル円の発行に向けた検討や実証実験が進められています。

あわせて読みたい
デジタル円とは?日本での取り組みやメリット・デメリットを解説 お金の形態は時代とともに変化してきました。紙幣や硬貨、電子マネーや暗号資産など、さまざまなお金が存在します。 その中で、今注目されているのが「デジタル円」です...
目次

米国中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは何か?|デジタルドルとは?

貝殻を支払いに使っていた時代から金本位制が存在し、不換紙幣が登場するまでのように、お金の形態は絶えず進化しています。デジタル通貨もまた、お金の変容のひとつと言えるでしょう。

不換紙幣とは、金や銀などの現物ではなく、発行した政府によって裏付けされた通貨です。このタイプの通貨は、現在ほとんどの国で取引を行うための主要な手段となっています。
人々は、経済における財やサービスの交換を促進するためにこれを使用しています。中央銀行は国家が使用する不換紙幣を発行し、米国では連邦準備制度理事会がその役割を担っています。

米国の CBDC は、既存の中央銀行の預金残高と、現在使われている不換紙幣を補完する役割を果たしますが、それに加えて、即時かつシームレスな国境を越えた取引を実行するための媒体を提供する必要があります。

通貨のデジタル化はどんどん進んでいます!

大手仮想通貨取引所のコインチェックは、日本国内において利用者数が多く、安全性や信頼性も高い取引所です。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨をはじめ、NFTも取引することができます。

コインチェック

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみましょう!

\ 国内最大級の暗号資産取引所 /

米国版CBDCをより理解する|デジタルドルとは?

2022年9月16日、ホワイトハウスはデジタルドルを模索するため、デジタル資産の規制をまとめた枠組みを発表しました。

連邦準備制度理事会(FRB)でさえ、デジタル資産の技術革新が貨幣の一形態であることを認めています。しかし、その可能性を理解しているにもかかわらず、FRBは、顧客が盗難や詐欺に遭う可能性があるリスクがあると警告しています。

米国のCBDCをスタートする前に、FRBは、それが一般にアクセス可能な安全なデジタル資産であること、信用リスクや流動性リスクがないこと、プライバシー保護、仲介、譲渡可能、身元確認がなされていることを証明しなければなりません。

具体的には、

・プライバシー保護:消費者のプライバシー権を保護し、犯罪行為を防止すること。
・仲介:商業銀行やノンバンクを含む民間セクターで提供されるデジタルウォレットや口座を通じて、連邦準備制度理事会がCBDCの管理および支払いを許可すること。
・譲渡可能:CBDC が米国の顧客にとって、どの仲介業者を使ってもアクセス可能であり、支払いをより効率化すること。
・身元確認: は、CBDC を採用する人を検証することで、マネーロンダリングやテロ資金調達を防止すること。

連邦準備制度理事会が目指すCBDCは、不換紙幣やその他の補助的な通貨オプションよりも多くの用途と効率を提供することで、家計、企業、起業家、消費者を考慮に入れています。

米国CBDCの要件

米国がデジタル通貨を一般に発行する前に、特定の要件を満たす必要があります。政策立案者と連邦準備制度理事会による長年の集中的な研究によって開発された要件には、次のようなものがあります。

・米国の CBDC は、米国の家計、企業、そして経済全体に対して、そのコストとリスクを上回る便益を提供しなければならない。
・代替となる不換紙幣や現物貨幣よりも、より効果的にこれらの利益をもたらすものでなければならない。
・米国 CBDC は、現在の貨幣の形態や金融サービスの提供方法を置き換えるのではなく、むしろ補完するものでなければならない。
・消費者のプライバシーを保護し、犯罪行為を防止するものでなければならない。
・重要なステークホルダーからの支持を得なければならない。

まとめ デジタルドル

デジタル米ドルは法定通貨であり、ユーザーは紙幣や準備金などの中央銀行の他の資産と1対1で交換できるようです。また、CBDCは、暗号資産(仮想通貨)やステーブルコインと同様に、瞬時に決済・清算することができます。

デジタルドルを追求する動機には、より包括的な金融システムの促進、銀行口座のない人でも利用できる手軽さや取引コストの低減などがあると述べられていますが、リスクもあります。

今後は、政治及び法的な観点も踏まえて、テクノロジーを活用した金融取引に国を挙げて取り組むところが増えていくことでしょう。

通貨のデジタル化はどんどん進んでいます!

大手仮想通貨取引所のコインチェックは、日本国内において利用者数が多く、安全性や信頼性も高い取引所です。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨をはじめ、NFTも取引することができます。

コインチェック

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックの公式サイトをチェックしてみましょう!

\ 国内最大級の暗号資産取引所 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次