FXで稼ぎたいならこれだけは知っておこう!FXの仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

こんにちは!!

あなたはFXという言葉を聞いたことはありますか?

FXは外国為替証拠金取引という投資の一種で、世界中の通貨を売買して利益を狙うものです。FXは銀行の外貨預金と似ていますが、FXには外貨預金にはない魅力があります。それはレバレッジと空売りです。

レバレッジとは、自分の資金の何倍もの取引ができる仕組みです。たとえば、10万円を担保にして250万円分の通貨を買えるということです。これにより、少額でも大きな利益を得る可能性があります。

空売りとは、価格が下がることを予想して通貨を売ることです。価格が下がったら買い戻して差額で利益を得ます。これにより、価格が上がるだけでなく下がる場合でも利益を狙えます。

FXは魅力的な投資ですが、やり方や注意点を知らないと失敗する可能性もあります。そこで、この記事ではFXの基礎知識や成功するために心がけることをわかりやすく解説します。FXに興味がある方はぜひ参考にしてください。

目次

FXの概要

まずはFXの概要について説明します。FXでは必ず2カ国の通貨をセットにして取引します。たとえば、「米ドルと日本円」や「ユーロと日本円」などです。この2カ国の通貨の組み合わせを「通貨ペア」と呼びます。

通貨ペアは「ベース通貨」と「クオート通貨」から構成されます。ベース通貨は通貨ペアの前にある通貨で、クオート通貨は後にある通貨です。たとえば、「米ドル/日本円」では米ドルがベース通貨で日本円がクオート通貨です。「ユーロ/日本円」ではユーロがベース通貨で日本円がクオート通貨です。

通貨ペアの価格(レート)はクオート通貨で表されます。たとえば、「米ドル/日本円」のレートが110.00だった場合、1米ドル=110.00円という意味です。「ユーロ/日本円」のレートが130.00だった場合、1ユーロ=130.00円という意味です。

FXでは通貨ペアを「売り」と「買い」で取引します。「売り」とはベース通貨を売ってクオート通貨を買うことです。「買い」とはベース通貨を買ってクオート通貨を売ることです。たとえば、「米ドル/日本円」で「売り」をした場合、米ドルを売って日本円を買うことです。「ユーロ/日本円」で「買い」をした場合、ユーロを買って日本円を売ることです。

FXではレートの変動によって利益や損失が発生します。レートが上がると「買い」のポジションは利益になりますが、「売り」のポジションは損失になります。レートが下がると「売り」のポジションは利益になりますが、「買い」のポジションは損失になります。

たとえば、「米ドル/日本円」で1ドル=100円のときに10万円を1,000ドルに交換し、「買い」のポジションを持ったとします。その後、レートが1ドル=110円に上昇したときに日本円に戻した場合、1,000ドルに代わって11万円を受け取ることができます。つまり、レートが上昇した結果、1万円の利益が発生したことになります。

逆に、「米ドル/日本円」で1ドル=100円のときに10万円を1,000ドルに交換し、「売り」のポジションを持ったとします。その後、レートが1ドル=110円に上昇したときに日本円に戻した場合、1,000ドルに代わって9万円を受け取ることになります。つまり、レートが上昇した結果、1万円の損失が発生したことになります。

FXではレバレッジを使って自分の資金以上の取引ができます。たとえば、10万円を担保にして250万円分の通貨を買えるということです。これにより、少額でも大きな利益を得る可能性があります。しかし、同時に大きな損失も発生する可能性があります。レバレッジはFXの魅力でもあり危険でもあるため、注意深く使う必要があります。

FXではスワップ収益という金利のようなものも得られる場合があります。スワップ収益は2国間の金利差によって発生します。低金利の国の通貨を売って高金利の国の通貨を買うことで得られます。たとえば、日本(金利0.1%)とオーストラリア(金利0.5%)の通貨ペアである「豪ドル/日本円」で「買い」をした場合、毎日スワップ収益が発生します。逆に高金利の国の通貨を売って低金利の国の通貨を買った場合はスワップ支払いが発生します。

FXブロードネットでは更に「1,000通貨」での取引もできますので少ない資金から安い手数料(狭いスプレッド)でFX取引が可能になります。

FXのやり方

次にFXのやり方について説明します。FXでは以下の手順で取引を行います。

  1. FX口座を開設する
  2. FX口座に入金する
  3. 通貨ペアや取引量を選択する
  4. 売りか買いかを決めて注文する
  5. レートが目標値に達したら決済する

FX口座はインターネット上で簡単に開設できます。FX会社は多数ありますが、手数料やスプレッド、スワップポイントなどの条件やサービス内容は異なります。自分の投資スタイルや目的に合ったFX会社を選ぶことが大切です。

FX口座への入金方法はFX会社によって異なりますが、一般的には銀行振込やクレジットカード、電子マネーなどが利用できます。入金した資金は証拠金としてFX取引に使われます。証拠金は自分の資金の何倍もの取引ができるレバレッジを使うために必要なものです。

通貨ペアや取引量を選択するときは、自分のリスク許容度や目標利益などを考慮する必要があります。通貨ペアによって値動きの激しさやスワップポイントなどが異なります。取引量によって利益や損失の大きさが変わります。一般的には1万通貨単位で取引することが多いです。

売りか買いかを決めて注文するときは、レートの変動を予想する必要があります。レートの変動は様々な要因によって影響を受けますが、主に経済指標や政治情勢、金利政策などが重要です。これらの情報をチェックして、レートが上昇すると思えば買い、下降すると思えば売りを選びます。

レートが目標値に達したら決済することで、利益や損失が確定します。決済するタイミングは自分で決めることもできますし、あらかじめ設定した価格に達したら自動的に決済することもできます。自動的に決済する注文方法には「指値注文」と「逆指値注文」があります。「指値注文」は利益確定のために使われ、「逆指値注文」は損切りのために使われます。

ネオトレードCFD

FXで成功するために心がけること

最後にFXで成功するために心がけることを紹介します。FXは簡単そうに見えても難しい投資です。勝ち続けるためには以下のことを意識してください。

  • 自分の投資スタイルや目的を明確にする
  • 自分のリスク許容度や資金管理を徹底する
  • 市場の動向や情報を常にチェックする
  • 分析や判断の根拠を持つ
  • 感情的にならず冷静に対処する
  • 失敗から学び改善する

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

アイネットFX

自分の投資スタイルや目的を明確にする

FXで成功するためには、自分がどんなトレーダーであるか、どんな目標を持っているかを明確にすることが大切です。自分に合った取引スタイルや時間帯、通貨ペア、手法などを見つけることで、効率的に利益を得ることができます。

例えば、以下のような質問に答えてみましょう。

  • どれくらいの期間でどれくらいの利益を目指すか?
  • どれくらいの時間や頻度でトレードするか?
  • どんな値動きやスワップポイントの通貨ペアを選ぶか?
  • どんな分析方法や指標を使うか?
  • どんな注文方法や決済方法を使うか?

これらの質問に答えることで、自分のトレードルールを作ることができます。トレードルールは自分の判断基準や行動指針となります。トレードルールを作ることで、無駄な取引や感情的な取引を防ぐことができます。

自分のリスク許容度や資金管理を徹底する

FXはレバレッジ効果がありますが、それは利益だけでなく損失も大きくなる可能性があることを意味します。FXで成功するためには、自分がどれくらいのリスクを取れるか、どれくらいの資金を使えるかを把握しておく必要があります。

ついでに、損失回避についても知っておきましょう!

あわせて読みたい
【知らないと損!】損失回避の心理「プロスペクト理論」とは?行動経済学の基礎の基礎を解説! プロスペクト理論(prospect theory)は「人は損失を回避する傾向があり、状況や条件によってその判断が変わってしまう」という意思決定に関する理論です。 Prospectと...

リスク許容度とは、自分が損失を被っても耐えられる範囲のことです。リスク許容度は人それぞれ異なりますが、一般的には以下のような要素によって決まります。

  • 資産規模
  • 収入水準
  • 家族構成
  • å¹´é½¢
  • 性格

リスク許容度を超えてトレードすると、精神的なストレスやパニックに陥りやすくなります。その結果、冷静な判断ができなくなり、さらに損失を拡大する可能性があります。リスク許容度は自分で決めることができますが、一般的には以下のような目安があります。

  • 1回のトレードでの損失は資金の2%以下にする
  • 1日のトレードでの損失は資金の5%以下にする
  • 1ヶ月のトレードでの損失は資金の10%以下にする

資金管理とは、自分の資金を効果的に使うことです。資金管理をすることで、利益を最大化し、損失を最小限に抑えることができます。資金管理には以下のような要素があります。

  • 資金の分散
  • レバレッジの適正化
  • 損切りと利食いの設定

資金の分散とは、自分の資金を一つの通貨ペアや一つの取引に集中させないことです。資金の分散をすることで、リスクを分散し、相場の変動に対応できる余裕を持つことができます。一般的には、一つの通貨ペアや一つの取引に使う資金は全体の10%以下にすることが推奨されます。

レバレッジの適正化とは、自分の資金以上の取引をしないことです。レバレッジは自分の資金を何倍も増やして取引できる仕組みですが、それは損失も何倍も増やす可能性があることを意味します。レバレッジを高く設定すると、少しの値動きで強制決済(ロスカット)されるリスクが高まります。一般的には、レバレッジは5倍以下にすることが推奨されます。

損切りと利食いの設定とは、自分がどれくらいの損失や利益を得たら取引を終了するかを決めることです。損切りと利食いを設定することで、利益を確定させたり、損失を制限したりすることができます。損切りと利食いは事前に指値注文や逆指値注文などで自動的に行われるように設定することができます。

市場の動向や情報を常にチェックする

FXでは通貨ペアの価格(レート)が常に変動します。レートの変動は様々な要因によって影響を受けますが、主に以下のようなものがあります。

  • 経済指標
  • 政治情勢
  • 金利政策
  • 自然災害
  • その他ニュース

これらの要因は通貨ペアごとに異なる影響力や方向性を持ちます。例えば、米国の雇用統計(NFP)が発表された場合、米ドル/円やユーロ/米ドルなど米ドル関連の通貨ペアに大きな影響を与えます。また、NFPが予想よりも良かった場合、米ドル高円安やユーロ安米ドル高など米ドル高傾向になります。

市場の動向や情報を常にチェックすることで、レートが上昇するか下降するかを予想することができます。予想が正しければ利益を得ることができますし、予想が外れても早めに対処することができます。市場の動向や情報をチェックする方法は以下のようなものがあります。

  • 経済カレンダー
  • ニュースサイト
  • SNS

経済カレンダーとは、経済指標や政治イベントなどの予定や結果を確認できるツールです。経済カレンダーを見ることで、重要な発表がいつあるか、どの通貨ペアに影響があるか、予想と実績の差がどれくらいかなどを知ることができます。経済カレンダーはFX会社やニュースサイトなどで無料で利用できます。

ニュースサイトとは、経済や政治などの最新のニュースを提供するサイトです。ニュースサイトを見ることで、市場の動向や情勢の変化を把握することができます。ニュースサイトはインターネットやテレビなどで無料で利用できますが、有料の専門サイトもあります。

SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービスの略で、TwitterやFacebookなどのコミュニケーションツールです。SNSを見ることで、他のトレーダーや専門家の意見や分析を参考にすることができます。SNSはインターネットやスマートフォンなどで無料で利用できますが、信頼性や正確性には注意が必要です。

FXブロードネットは、「トラッキングトレード」という自動売買のサービスを提供しているFX会社です。自動売買に興味があり、気になっている人も多いのではないでしょうか。
独自の自動売買サービス以外でも、1,000通貨から取引が可能であることや、主要通貨スプレッドが業界最低水準であるなど多くのメリットを持つFXブロードネット。2018年のゼネラルリサーチ社の調査ではFXサービス取引コスト満足度第1位を取っています。

分析や判断の根拠を持つ

FXではレートの変動を予想してトレードしますが、その予想には根拠が必要です。根拠がなければ、単なるギャンブルになってしまいます。根拠を持つことで、自信を持ってトレードすることができますし、失敗した場合でも改善することができます。

根拠を持つ方法は以下のようなものがあります。

  • テクニカル分析
  • ファンダメンタルズ分析
  • センチメント分析

テクニカル分析とは、過去のレートや取引量などのデータをもとに、チャートや指標などを使ってレートの動きを分析する方法です。テクニカル分析をすることで、トレンドやサポート・レジスタンスなどの重要なポイントを見つけることができます。テクニカル分析はFX会社やチャートソフトなどで無料で利用できます。

ファンダメンタルズ分析とは、経済指標や政治情勢などの基本的な要因をもとに、通貨の需給バランスや金利差などを分析する方法です。ファンダメンタルズ分析をすることで、通貨の強弱や方向性を見つけることができます。ファンダメンタルズ分析は経済カレンダーやニュースサイトなどで無料で利用できます。

あわせて読みたい
ファンダメンタルズ分析とは?初心者にもわかりやすく解説 投資やトレードをするときに、どのようにして銘柄や通貨ペアを選びますか? 市場の動向やニュースをチェックしたり、チャートや指標を分析したりすることが多いでしょう...

センチメント分析とは、市場参加者の心理状態や感情をもとに、レートの動きを分析する方法です。センチメント分析をすることで、多数派や少数派の動向や反転シグナルなどを見つけることができます。センチメント分析はFX会社やSNSなどで無料で利用できます。

感情的にならず冷静に対処する

FXではレートの変動によって利益や損失が発生しますが、その結果によって感情が揺さぶられることがあります。感情が揺さぶられると、冷静な判断ができなくなり、無理や無駄な取引をしてしまう可能性があります。FXで成功するためには、感情的にならず冷静に対処することが大切です。

感情的にならず冷静に対処する方法は以下のようなものがあります。

  • トレード日誌をつける
  • 休憩をとる
  • メンタルトレーニングをする

トレード日誌をつけるとは、自分の取引履歴や理由や感想などを記録することです。トレード日誌をつけることで、自分の強みや弱み、改善点や学びなどを客観的に見つけることができます。トレード日誌はノートやエクセルなどで無料で作成できます。

休憩をとるとは、トレード中やトレード後に一定の時間、画面から離れてリラックスすることです。休憩をとることで、疲労やストレスを解消し、気分をリフレッシュすることができます。休憩中は深呼吸やストレッチなどをして体と心をほぐしましょう。

メンタルトレーニングをするとは、自分の心理状態や感情をコントロールするための訓練をすることです。メンタルトレーニングをすることで、自信や集中力、忍耐力などを高めることができます。メンタルトレーニングは本やアプリなどで無料で学ぶことができます。

失敗から学び改善する

FXでは誰でも失敗することがあります。失敗は避けられないものですが、それにどう対処するかが重要です。FXで成功するためには、失敗から学び改善することが大切です。

失敗から学び改善する方法は以下のようなものがあります。

  • 原因分析をする
  • フィードバックを得る
  • 改善策を実行する

原因分析をするとは、自分の失敗の原因や背景を探ることです。原因分析をすることで、自分のミスや誤解、勘違いなどを見つけることができます。原因分析は5W1H(Who, What, When, Where, Why, How)などの手法を使って行うことができます。

フィードバックを得るとは、他人の意見や評価を聞くことです。フィードバックを得ることで、自分では気づかなかった問題点や改善点などを知ることができます。フィードバックは友人や家族、先輩や専門家などに頼むことができます。

改善策を実行するとは、自分の失敗から得た学びやフィードバックから導かれた解決策を実践することです。改善策を実行することで、自分のトレードスキルやメンタルを向上させることができます。改善策は具体的で実行可能なものにすることが大切です。

少額から取引できるヒロセ通商のLION FXは、顧客満足度が非常に高いことが特徴です。

株式会社oricon MEが実施した2021年オリコン顧客満足度ランキングでは総合1位に耀き、項目別ランキングでも下記10項目で1位を獲得しています。

まとめ FXとは

この記事ではFXとは何かやFXで勝つ方法について解説しました。FXは以下のような特徴を持つ投資です。

  • 世界中の通貨を売買して利益を狙う
  • レバレッジと空売りが使える
  • スワップ収益が得られる場合がある
  • ほぼ24時間取引できる

FXは魅力的な投資ですが、やり方や注意点を知らないと失敗する可能性もあります。FXに興味がある方はぜひこの記事を参考にして、FXの世界に挑戦してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次