月1万円の配当収入を実現するための具体的な銘柄と必要投資金額

配当金を得るためには、配当利回りが高い銘柄への投資が必要です。ここでは、月1万円の配当収入を得るために必要な投資額と、それを実現するための具体的な銘柄を紹介します。

米国の株式市場には、定期的な配当を提供する銘柄が多く存在します。各銘柄の配当月と利回りを考慮して、月1万円の配当収入を得るために必要な投資金額を計算します。

高配当株投資の際はリスクも考慮が必要です。リスク管理の方法や、配当収入に影響を与える要因についても解説します。

投資による配当収入を得るためには、まず投資に回せる資金を増やすことが重要です。この記事では、貯蓄や投資へのアプローチ方法について解説し、効率的な資金増加の戦略を提供します。

※当サイトには広告が含まれます。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

目次

月1万円の配当金を得るための投資額

配当金を毎月1万円得るには、配当利回りに応じた適切な投資金額が必要です。この金額は、選択する株式の配当利回りに大きく依存します。

利回り必要資金
1%の場合1,506万円
2%の場合753万円
 3%の場合 502万円
 4%の場合 376万円
 5%の場合 301万円
6%の場合251万円
7%の場合215万円
8%の場合188万円
9%の場合167万円
10%の場合151万円

高配当株は投資家にとって魅力的な選択肢です。日本株の中でも「JT(2914)」、「KDDI(9433)」、「商船三井(9104)」などが特に有名です。

高配当株の平均利回りが3%〜5%であることを考慮すると、毎月1万円の配当を得るためには、約301万円〜502万円の投資が必要となります。この投資額は、選択する株の利回りによって変動します。

高配当株に投資することで、比較的安定した配当収入を得ることが可能です。しかし、投資先の企業の業績や市場状況によって配当額が変動する可能性もあるため、リスク管理も重要です。

月1万円の配当収入目指す:人気銘柄での投資金額の解説

投資家が毎月1万円の配当を得るためには、選んだ銘柄の配当利回りに基づいて、相応の資金投資が必要になります。

特に人気の高いバンガード・米国高配当株式 ETF(VYM)を例にとると、月1万円の配当を獲得するにはおよそ429万円の投資が求められます。

銘柄名配当金利回り必要資金
NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)4.90%307万円
日本郵政(6178)4.43%340万円
トヨタ自動車(7203)2.81%536万円
三菱商事(8058)3.60%418万円
三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)3.42%440万円
三井住友フィナンシャルグループ(8316)4.11%367万円
みずほフィナンシャルグループ(8411)4.22%357万円
バンガード・米国高配当株式 ETF(VYM)3.51%429万円
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)2.72%553万円
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)1.80%837万円
バンガード・S&P500 ETF(VOO)1.77%851万円
SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)4.78%315万円
iシェアーズ・コア米国高配当株式ETF(HDV)4.35%346万円
インベスコ QQQトラストシリーズ1ETF(QQQ)0.87%1731万円
マイクロソフト(MSFT)1.08%1394万円
エクソン・モービル(XOM)3.17%475万円
アップル(AAPL)0.63%2390万円
コカ・コーラ(KO)2.87%524万円

一般的に3%から4%の配当利回りを持つ銘柄が多いため、300万円から400万円の資金が必要となるケースが多いです。配当収入を目指す際には、このような銘柄の選定や必要な投資金額を正確に理解することが重要です。それにより、賢明な投資決定が行えるでしょう。

毎月配当を受け取るためのNYダウ30銘柄の配当スケジュール

NYダウに採用されている30の銘柄は、それぞれ独自の配当スケジュールを持っています。この特性を活用することで、毎月均等に配当金を受け取ることが可能です。以下に、各グループの配当月とその代表的な銘柄を紹介します。

  • 配当月が1月、4月、7月、10月の銘柄
    • ジェイピー・モルガン・チェース(JPM)
    • シスコシステムズ(CSCO)
    • メルク(MRK)
    • ナイキ(NKE)
  • 配当月が2月、5月、8月、11月の銘柄
    • ベライゾン・コミュニケーション(VZ)
    • キャタピラー(CAT)
    • プロクター・アンド・ギャンブル(PG)
    • アップル(AAPL)
    • アメリカン・エキスプレス(AXP)
  • 配当月が3月、6月、9月、12月の銘柄
    • ダウ(DOW)
    • エクソン・モービル(XOM)
    • アイビーエム(IBM)
    • ファイザー(PFE)
    • 他にも多数の銘柄が該当
  • 配当月が変則的な銘柄
    • コカコーラ(KO)
    • ウォルマート(WMT)
    • ウォルト・ディズニー(DIS)

これらの銘柄から選び、毎月の配当受け取りを最適化することで、均等なキャッシュフローを生むポートフォリオを構築できます。投資戦略に応じて適切な銘柄選択が重要です。

高配当株投資のリスク理解: 4つの主要ポイント

高配当株はその魅力的な配当金により多くの投資家を引きつけますが、これらの投資には無視できないリスクも伴います。以下では、高配当株投資における主なリスクを明確に理解するための4つのポイントを解説します。

配当減少(減配)のリスク

高配当株は利益の一部を配当として還元しますが、企業の業績が悪化したり、経営戦略が変更されたりすると、配当が減少する可能性があります。経営状況や市場動向を考慮しながら、注意深く投資する必要があります。

株価下落のリスク

株式投資には元本保証がなく、株価の下落リスクが常に存在します。特に、企業の収益性が低下すると株価は下落し、配当金の原資も減少するリスクがあります。安易な選択を避け、株価の動向をしっかり分析することが重要です。

業界リスク

高配当株は一般的に配当性向が高い企業が多く、業界の不況によって配当が減少する可能性があります。そのため、業種に偏りのない分散投資を心がけることが大切です。例えば、為替リスクを考慮して、円安に強い銘柄と円高に強い銘柄の両方に投資するなどの戦略が考えられます。

金利上昇リスク

金利が上昇すると、株式市場は下落する傾向があります。金利の動きは株価に大きな影響を与えるため、金融政策や経済環境の変化に注意を払うことが重要です。

これらのリスクを正しく理解し、長期的な投資戦略を立てることが、高配当株投資の成功への鍵です。

毎月の配当金1万円を目指すための資金形成戦略

毎月1万円の配当金を得ることは、多くの投資初心者にとって魅力的な目標です。これを実現するためには、301万円から502万円の投資資金が必要になります。ここで重要なのは、投資に回せる資金をいかに増やすかです。以下に、資金形成のための実践的なアプローチを紹介します。

  1. 家計の見直しと節約: 家計を見直し、無駄な支出を削減することで、投資資金を増やすことができます。キャッシュレス決済の利用、家計簿アプリの活用、先取り貯蓄、自炊など、日常生活で実践できる節約方法が数多く存在します。また、ふるさと納税や格安SIMの利用などを通じて、固定費の削減も可能です。
  2. 副業による収入増: 収入の多様化を図るために副業を検討するのも良い選択です。特にクラウドソーシングサイトを利用すると、自宅で、または自分の得意な分野で仕事を見つけることが可能です。これにより、本業に影響を与えずに追加の収入を得ることができます。
  3. 転職による収入増: 現在の職場での収入に限界を感じる場合、転職を考えるのも一つの方法です。より高い給与を得られる職場やキャリアアップが望める環境への変更は、長期的な資産形成に大きく寄与します。

また、お金の管理や運用に関する専門的なアドバイスが必要な場合は、金融コンサルティングサービスを利用するのも一つの手段です。

「年金・貯金の無料相談サイト ガーデン」では、お金のプロであるFPに無料で相談することができ、貯蓄や年金、資産運用など幅広い悩みに対応してもらうことができます。
この機会にぜひ年金・貯金の無料相談サイトガーデンの公式サイトをチェックしてみてください!

貯蓄の無料相談サイト「ガーデン」

\無料でライフプランを作成/

投資に回せるお金を増やすことは、株式投資を始める上での大切なステップの一つです。節約、副業、転職など、多角的なアプローチを通じて資金を確保し、投資の基盤をしっかりと築きましょう。

まとめ 毎月1万円の配当金を目指すための具体的な戦略

投資の世界では、毎月の配当金を安定した収入源として目指すことは、多くの投資家にとって魅力的な目標です。この記事では、具体的な銘柄を参考にしながら、毎月1万円の配当金を得るために必要な投資額について詳しく解説しました。

現実的な配当利回りが3%〜5%とすると、301万円から502万円の投資が必要となります。この金額を達成するためには、節約や副業、さらには転職による収入増など、様々な方法が考えられます。

配当金生活を目指してコツコツと資産形成に取り組むことは、将来への安定した投資と言えるでしょう。毎月の小さな配当金も積み重なれば、大きな資産へと成長していくのです。是非、この目標に向けて着実な一歩を踏み出しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次