入院に必要なお金をチェック!保険料を見直して節約しよう

こんにちは!あなたは入院をしたことがありますか?

入院に際しては、高額な医療費が発生することがあります。

しかし、保険料を適切に支払っているかどうかや、実際に入院した場合に必要なお金をあなたは正確に把握していますか?

そこで本記事では、保険料の支払いについて見直しをし、入院に必要な費用や高額療養費制度について詳しく解説します初心者にも分かりやすいように、具体的な情報や申請方法なども紹介します。

目次

保険料を見直す理由

保険料を適切に見直すことは、経済的な健康管理の一環です。

保険料を払いすぎている場合、ムダな支出を減らすことができます。また、入院や病気に備えて適切な保険プランを選択することも重要です。

公的医療保険の給付には高額療養費制度というものがあります。
高額療養費制度とは月間の医療費が自己負担限度額を超えた場合、その超過分の給付を受け取ることができる制度です。(個人の年齢や所得に応じて自己負担限度額は異なります)

では実際に入院した場合、どのくらいの自己負担額を支払っているが把握してますか?
自己負担額を把握し、個人が備えるべきリスクを認識しておきましょう!

保険チャンネルでは、サイト運営のほかに、お金や保険に関することを無料でFPに相談できるようにもなっています。
この機会にぜひ保険チャンネル公式サイトをチェックしてみてください!

\ 無料で家計の相談 /

保険チャンネル

入院に必要なお金の実際

入院にはさまざまな費用がかかります。

入院費、手術費、検査費、薬代などが主な項目です。また、個人差や病院の条件によっても費用は異なります。具体的な費用の例や注意点を解説し、読者が入院時の費用を正確に把握できるようにします。

  1. 入院費: 入院費は、病院や医療機関の施設料や医療サービスの費用を指します。入院期間や病院の種類によって異なります。公立病院や民間病院、特定の疾患に特化した専門病院など、各病院の料金体系は異なるため、事前に確認することが重要です。
  2. 手術費: 手術が必要な場合は、手術費用も発生します。手術の種類や複雑さによって費用が異なります。手術には手術室の使用料や麻酔費用、医師や看護師の手術費用などが含まれます。
  3. 検査費: 入院中に必要な検査(血液検査、X線、MRIなど)には費用がかかります。検査の種類や頻度によって費用が異なるため、医療機関に事前に確認しておくことが重要です。
  4. 薬代: 入院中に処方される薬にも費用がかかります。病院内の薬局で購入する場合や、外部の薬局で処方箋を持って購入する場合があります。薬の種類や量によって費用が変動するため、事前に確認しておくことが必要です。
  5. 食事費: 入院中に提供される食事にも費用が含まれます。一般的に、食事費は入院費用に含まれていることが多いですが、特別な食事制限や要望がある場合には追加料金が発生することもあります。
  6. その他の費用: 入院中に必要なその他の費用には、看護師や医師への指示に従って追加で処方される医療用具や補助具、入院中の快適な環境を提供するための追加サービスなどがあります。

重要な点として、医療費の負担は保険の範囲によっても異なります。保険によっては入院費用の一部を補償してくれる場合がありますが、自己負担額や保険適用外の費用には注意が必要です。保険の内容や適用範囲を事前に確認し、入院時の費用を把握することが大切です。

みんなの生命保険アドバイザーは、相談者とファイナンシャルプランナーをマッチングするサービスです。
2004年にサービスを開始してから、累計で40万件以上の相談実績を誇ります。相談満足度は95%以上と非常に高いです。
この機会にぜひみんなの生命保険アドバイザー公式サイトをチェックしてみてください!

みんなの生命保険アドバイザー

高額療養費制度とは

高額療養費制度は、長期間にわたる治療による高額な医療費に対して自己負担額を軽減する制度です。

月の初めから終わりまでで医療費が個人の自己負担限度額を超えた場合に、その超過分の給付を受け取ることができます。限度額は、年齢や所得に応じて定められており、いくつかの条件を満たすことにより、負担を更に軽減するしくみも設けられています。

また、一度の受診だけが対象ではなく、同一月内であれば、同じ診療所で複数回受診した場合や、異なる診療所で受診し、その合算が自己負担限度額を超えた場合にも給付対象になります。

この制度は、公的医療保険に加入している人が対象です。公的医療保険とは、健康保険組合、共済組合、後期高齢者医療制度等のことです。

また、個人の所得状況や、年齢が69歳以下であるか70歳以上であるかに応じて自己負担限度額が異なりますので注意してください。

例えば年収500万円で35歳の人が、総医療費80万円の治療を1カ月間で受けた場合、

80,100+(800,000-267,000)×1%=85,430円

が支払いの上限額です。

公的医療保険に加入していれば、窓口での負担は3割なので実際は80万円の3割に相当する24万円を支払っています。
この24万円のうち、85,430円を超えた154,570円の給付を受け取ることができる制度が高額療養費制度です。

高額療養費制度の注意ポイント

高額療養費制度の給付対象にならない費用があることに注意が必要です。

給付対象外の費用として入院時の食事代、差額ベッド代、先進医療にかかる医療費等の保険適用外治療が挙げられます。

食事代は日常生活でもかかる費用であり、差額ベッド代は「個室がいい」という贅沢費として考えられるからです。先進医療費は原則として保険適用外の治療なので、高額療養費制度からも適用外となります。

保険マンモスは、創業18年の歴史が特徴的です。比較的新しいビジネスモデルである保険相談の業界で、15年以上の歴史を誇ります。
同社は18年の歴史の中で、相談件数57万件を突破しています!相談件数が多いことからも、高品質なFPが在籍していることがわかるでしょう。
この機会にぜひ保険マンモス公式サイトをチェックしてみてください!

\ FPの質第一位 /

保険料の見直しと適切な保険プランの選択

保険料を見直すためには、自分の保険プランと現在の保険ニーズを評価する必要があります。

保険料を下げるためには、保険の見直しや他の保険会社との比較検討も必要です。保険プランの選択には、保険の種類や補償内容、保険料のバランスを考慮することが重要です。

保険チャンネルでは、サイト運営のほかに、お金や保険に関することを無料でFPに相談できるようにもなっています。
この機会にぜひ保険チャンネル公式サイトをチェックしてみてください!

\ 無料で家計の相談 /

保険チャンネル

まとめ 保険料の見直し

保険料を見直し、入院時の実際の費用を正確に把握することは、経済的な健康管理の重要な一環です。

高額療養費制度の理解や保険料の見直し、適切な保険プランの選択が、経済的な安心と負担軽減につながります。これらの情報を通じて、読者が保険料を適切に管理し、入院時の費用を見積もる上で役立つ知識を提供します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次