【高配当株投資の落とし穴】 買ってはいけない高配当株の特徴とは?

高配当株に投資する際、魅力的な配当利回りだけに目が行きがちですが、すべての高配当株が良い投資先とは限りません。

この記事では、投資家が避けるべき高配当株の特徴や、なぜ高配当株だけに投資する戦略がリスクを伴うのかについて詳しく解説します。

一例として、JT株のように配当利回りが高い株式は一見魅力的に見えますが、その背後には業績悪化や市場環境の変化など、配当を維持するための持続可能性に関する問題が隠れている可能性があります。また、高配当株だけに投資する戦略は、市場の変動に対して脆弱である可能性があり、バランスのとれたポートフォリオの構築が重要です。

高配当株投資においては、単に高い配当利回りを追求するのではなく、企業の財務健全性や将来の成長見込み、業界の動向などを総合的に考慮し、リスクを理解した上で投資判断を下すことが重要です。また、投資家は高配当株に対する一般的な見方や、これらの株に投資する際の注意点を理解し、賢明な投資決定を行うことが求められます。

目次

高配当株とは

高配当株は、株主に対して一般的に高い配当を提供する株式のことです。

投資家にとって、配当利回りが4%以上の株式は「高配当株」と見なされることが多いです。配当利回りは、年間の1株あたり配当額を現在の株価で割り、その結果に100を掛けることで計算されます。これは、投資に対する直接的な収益率を示す指標として用いられます。

配当利回り(%)=1株あたりの配当(年間)÷株価×100

さて、高配当株の世界では、特定の銘柄がその安定性と利回りの高さで知られています。これらの銘柄は、長期的な収益源として投資家に人気があり、安定したキャッシュフローを求める投資戦略において重要な役割を果たします。本記事では、そうした有名な高配当株の例をいくつか紹介し、それらが投資家にどのようなメリットを提供するのかを掘り下げていきます。

高配当株については以下の記事で詳しく解説しています。

買ってはいけない高配当株の特徴

高配当株への投資は魅力的ですが、その背後に潜むリスクも理解しておく必要があります。この記事では、「買ってはいけない高配当株」の特徴と、その選択がなぜ危険なのかを詳しく解説します。

高過ぎる配当利回りの危険性

配当利回りが非常に高い株は、しばしば企業の業績悪化の兆しを示しています。株価が低下することで配当利回りが高く見える場合、その背後には企業の経営状態の悪化があるかもしれません。

業績の不安定性

安定しない業績を持つ企業の株は、将来の配当支払いが不確実です。現時点での高配当利回りが、将来も継続する保証はありません。

利益率の低さ

利益率が低い企業は、不況時に赤字に転じやすく、減配の可能性が高まります。配当性向が高い企業も、利益が減少した場合にはすぐに配当を減らす傾向にあります。

「特別配当」や「記念配当」による誤解

一時的な特別配当や記念配当により、配当利回りが高く見えることがありますが、これらは継続的な配当ではないため、長期的な投資判断には適しません。

特に話題となることが多いJT株など、具体的な銘柄に関しても、そのリスクを詳しく分析し、高配当株投資を行う際の落とし穴を避ける方法について考察します。高配当株投資を検討する際は、これらの点を念頭に置いて、慎重に銘柄選定を行うことが重要です。

高配当株投資の知っておきたい4つの注意点

高配当株は魅力的な投資オプションですが、その背後に隠れたリスクに注意する必要があります。この記事では、高配当株投資に伴う主なリスクを4つに分けて詳しく解説します。

減配のリスク

高配当株はしばしば利益の大部分を配当に回しています。しかし、業績の悪化や経営戦略の変更により、配当額が減少するリスクがあります。減配は投資家にとって予期せぬ収入の減少を意味するため、注意が必要です。

株価下落のリスク

高配当株は、元本保証のない投資です。もし企業が赤字になれば、株価は下落し、配当の支払い能力も低下します。単に高配当であるという理由だけで投資することは、株価下落による損失を招く可能性があります。

業界リスク

高配当株の多くは一定の業界に集中していることがあり、その業界全体が景気後退に陥ると配当金が減少するリスクがあります。このため、異なる業種の株を組み合わせて分散投資することが重要です。

金利上昇リスク

金利の上昇は、株価の全体的な下落につながる可能性があります。金利が低下すると株価は通常上昇しますが、金利が上昇すると株価は下落する傾向にあります。

これらのリスクを理解し、投資戦略を慎重に計画することが高配当株投資の成功の鍵です。投資は慎重に行い、自分の投資目的やリスク許容度に合わせて資産を適切に分配することが重要です。

高配当株投資が「やめとけ」と言われる背景

高配当株は、その魅力的な配当利回りにより多くの投資家を引きつけますが、一部の経験豊富な投資家からは「高配当株はやめとけ」という声も聞かれます。この記事では、高配当株に関するそのような警告の背景にある理由を探ります。

1. 配当の維持の不確実性

高配当株の最大の魅力は、安定した配当収入ですが、この配当が継続的に維持される保証はありません。業績の悪化や経営戦略の変更により配当が減少する可能性があり、これが「やめとけ」と言われる理由の一つです。

2. 株価下落リスクの存在

高配当株は、配当収入に目がいきがちですが、株価の変動リスクを忘れてはいけません。株価が下落すれば、投資した資本自体の価値が減少し、最終的なリターンに影響を及ぼします。

これらのリスクを適切に評価し、ファンダメンタル分析やテクニカル分析などを駆使して投資判断を行うことが重要です。経験豊富な投資家のアドバイスは参考になりますが、自分のリスク許容度と投資目的に合わせた独自の判断が肝心です。高配当株投資は、表面的な魅力に惑わされず、企業の健全性や市場動向を綿密に分析した上で慎重に進めるべきです。

あわせて読みたい
ファンダメンタルズ分析とは?初心者にもわかりやすく解説 投資やトレードをするときに、どのようにして銘柄や通貨ペアを選びますか? 市場の動向やニュースをチェックしたり、チャートや指標を分析したりすることが多いでしょう...
あわせて読みたい
ファンダメンタルズとは?初心者向けに基礎から解説 株式投資や為替取引などの経済ニュースでよく聞く言葉に「ファンダメンタルズ」というものがあります。 ファンダメンタルズとは、一国や一企業の経済活動状況を示す基礎...

高配当株だけに投資するのはリスク?

投資の世界では、高配当株にのみ投資する戦略がしばしば議論されます。一見魅力的に見えるこの方法ですが、投資初心者にはいくつかの潜在的なリスクがあります。

高配当株だけに集中する投資は、多様性に乏しくリスクが高まる可能性があります。投資の基本原則の一つは分散化です。様々な資産クラスや業種に投資を広げることで、リスクを減らし、投資のリターンを最適化することができます。しかし、高配当株だけを対象にすると、この分散化のメリットが得られません。

さらに、高配当株への投資は、企業の財務状況や将来の見通しに対する深い理解が必要です。投資に関する知識や経験が浅い初心者が高配当株に手を出すと、潜在的なリスクを見落としてしまう恐れがあります。

これらの理由から、投資初心者には高配当株だけに依存するよりも、インデックス投資をおすすめします。インデックス投資は、市場全体に分散された多様な銘柄に投資するため、リスクを分散しやすく、初心者にも管理しやすい方法です。市場の平均的なリターンを目指すインデックス投資は、長期的な資産形成の基盤として、特に初心者にとって有効な戦略と言えるでしょう。

あわせて読みたい
投資初心者は「新NISAでインデックス投資と銀行預金」で十分!?投資初心者におすすめの資産配分をご紹介! 投資の世界では、「アセット・アロケーション(資産配分)」が長期投資の成功において極めて重要であると広く認識されています。 資産配分とは、リスクとリターンのバラ...

JT株 – 高配当銘柄としての魅力とリスクのバランスを考察

日本たばこ産業株式会社(JT)は、その高い配当利回りで多くの投資家に注目されています。しかし、JT株への投資を巡っては賛否両論があります。この記事では、JT株の潜在的な魅力とリスクについて解説します。

JTは、たばこ産業に属しているため、将来的な規制強化や社会の健康志向の高まりなど、業績に影響を与える要因が存在します。このような外部環境の変化は、売上や利益に直接的な影響を及ぼす可能性があり、投資家にとっては重要な検討材料となります。

一方で、JTはディフェンシブ銘柄としての特性を持っています。ディフェンシブ銘柄は、景気の変動に左右されにくい安定した業績を示すことが多く、不確実な市場環境においても安定した収益源となる可能性があります。

2010年から2015年にかけては、海外市場における成長戦略が奏功し、JT株は成長株として株価が上昇しました。しかしながら、国内市場における喫煙者の減少などの要因で、2016年以降は株価が下落傾向にありました。2021年には高配当株としての注目度が再び高まり、投資家からの関心が再燃しています。

JT株を検討する際には、長期的な視点での市場トレンド、業績の安定性、配当利回り、および潜在的な業界リスクを総合的に考慮することが重要です。投資家は、これらの要素を踏まえた上で、自身の投資戦略とリスク許容度に照らし合わせて、投資の是非を判断することが求められます。

高配当銘柄投資におすすめのネット証券会社!

マネックスカードは、クレジットカード投資において最高のポイント還元率を提供しています。さらに、マネックス証券では現在特別キャンペーンを実施中で、新たに口座開設を行うと2,000円のボーナスが得られます。口座開設を検討している方にとって、これは大変魅力的な機会です。

このように、マネックス証券はこれから投資を始める方にとって、コスト効率の良い選択肢となり得ます。特にクレジットカード投資を利用することで、投資の利便性とともに追加のメリットを享受することが可能です。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株No.1! /

マネックス証券|無料クレジットカードと積み立て還元

マネックス証券は、主要なネット証券会社(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券を含む)の中で、最高のポイント還元率1.1%を提供しています。これは、クレジットカードを利用した積立投資において非常に有利な条件です。

加えて、ワン株(単元未満株)の買付手数料や投資信託の購入時の申込手数料が無料である点も、投資家にとって魅力的なポイントです。このため、インデックス投資や高配当株に興味がある方にもマネックス証券はおすすめです。

IPO(新規公開株)に関しても、マネックス証券は取り扱い銘柄数が多く、完全平等な抽選システムを採用しています。これにより、投資資金が少ない方でも当選する可能性があり、IPO投資を始めたい方にも適しています。

現在、マネックス証券では口座開設により2,000円がプレゼントされるキャンペーンも実施中です。投資を始める絶好の機会となるでしょう。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株No.1! /

SBI証券の魅力|低手数料と多様な国の株式

SBI証券は、業界でトップクラスのシェア率を持ち、特にその低い手数料が大きな魅力です。

SBI証券では「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」という2種類の手数料プランがあります。スタンダードプランでは、手数料が55円からとなっており、アクティブプランでは1日の約定代金が100万円まで無料です。これらのプランは投資スタイルに応じて途中で変更が可能です。

あわせて読みたい
【図解】株式投資やったことない初心者が、SBI証券でとりあえず株を買ってみるまで!株の始め方で躓いて... こんにちは! 株式投資を始めてみたい!と思っても、どうやって株を買えばいいかわからないという初心者の方も多いのではないでしょうか? 私もSBI証券で証券口座を開い...

SBI証券は、外国株式の取り扱いが9カ国にわたり、業界で最多を誇ります。具体的には、米国、中国、韓国、ベトナム、ロシア、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの株式を扱っています。

三井住友カードで積立投資を行うと、積立額の0.5%~5.0%相当のVポイントが付与されます。クレジットカード積立投資の上限は月5万円で、その利用で250円~2,500円相当のポイントが得られるためお得です。

さらに、SBI証券では1株から取引できる単元未満株(S株)も取り扱っており、特に高配当株への投資にも適しています。

これらの特徴により、SBI証券は多様な投資ニーズに対応可能な証券会社として、多くの投資家に選ばれています。

おすすめ投資口座!
  • 豊富な商品・銘柄から投資先を選べる!
  • 高ポイント付与率でクレカ積立ができる!
  • IPO投資できる!
  • SBI証券の取扱商品数は業界トップクラス

\ 株式取引シェアNo.1! /

松井証券老舗のネット証券と手厚いサポート

松井証券は、国内有数の老舗証券会社であり、投資家からの信頼も厚いです。多彩な投資商品やアドバイザリーサービスを提供しており、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに応えています。その他のメリットやサポート体制についても紹介します。

松井証券の魅力の一つは、手厚いサポート体制です。ウェブ上で簡単によくある質問を確認できるだけでなく、投資信託や株に関する相談について、それぞれ専用の電話相談窓口を設けています。これにより、サービス全般や特定の分野について必要な情報を迅速に入手できる環境が整っています。

さらに、契約者のパソコン画面を共有しながら相談できる「リモートサポート」も提供されており、パソコン操作に不慣れな方でも安心して相談を受けることができます。

この機会にぜひ松井証券公式サイトをチェックしてみてください!

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

まとめ 高配当株投資の落とし穴

本記事では、高配当株の投資における重要な注意点を深掘りしました。多くの投資家が高配当株の魅力に引かれますが、配当のみに目を奪われると見逃してしまうリスクが存在します。

買ってはいけない高配当株の特徴として、以下の点が挙げられます:

  1. 配当利回りが異常に高い場合 – これは業績悪化や株価の大幅な下落を示唆している可能性があります。
  2. 安定した業績を持たない企業 – 高配当を維持する力がない可能性があります。
  3. 利益率が低い – 不況時には特にリスクが高まります。
  4. 特別配当や記念配当による一時的な配当利回りの増加 – 継続的な高配当ではない可能性があります。

高配当株への投資を検討する際は、配当利回りだけでなく、企業のファンダメンタルズや市場動向を総合的に分析することが重要です。投資家としては、ファンダメンタル分析やテクニカル分析の知識を身につけ、長期的な視点での投資判断を心がけることが求められます。

高配当株投資は、魅力的なインカムゲインの源泉ですが、リスクの完全な理解と適切な分析に基づく投資判断が、成功への鍵となります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次