インデックス投資:毎月5万円積み立ての成果は?

インデックス投資で毎月5万円を積み立てると、最終的にどれくらいの資産ができるのでしょうか?多くの人がこの疑問を抱いています。

この記事では、具体的なシミュレーションを用いて、インデックス投資で毎月5万円を積み立てると、将来どれだけの資産を築けるのかを解説します。毎月の積み立て額について迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

マネックス証券は、初心者からベテラントレーダーまで幅広く使いやすく、米国株の取引が充実している、資金が少ない人でもIPOに参加しやすいです。
この機会にぜひマネックス証券公式サイトをチェックしてみてください。

※当サイトには広告が含まれます。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

目次

インデックス投資とは?

初めての投資法を探している方々に、インデックス投資の基本を分かりやすく説明します。

インデックス投資は、市場全体への投資を目指す方法で、株価指数を代表する投資信託などを利用します。これは、個別株の価格変動に比べてリスクが低く、長期にわたる投資に適しているとされています。さらに、手数料やコストが低く、投資初心者にとっても手軽な選択です。

インデックス投資には、次の9つの主要な種類があります。

  1. 国内債券
  2. 海外債券(先進国)
  3. 海外債券(新興国)
  4. 海外債券(ハイイールド)
  5. 国内株式
  6. 海外株式(先進国)
  7. 海外株式(新興国)
  8. 国内REIT
  9. 海外REIT

インデックス投資でおすすめされる主要な指数には、全世界株式(オール・カントリー)、米国のS&P 500、欧州のEuro Stoxx 50などが含まれます。

あわせて読みたい
オールカントリーとS&P500、どちらが投資に適している? オールカントリー(オルカン)とS&P500は、インデックス投資の人気先として注目を集めていますが、両者の選択に迷うこともあるでしょう。 https://moneychat.life/m...

最後に、インデックス投資では”入金力が全て”とよく言われます。投資資金を増やす方法や、投資のシミュレーションについて知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

あわせて読みたい
資産形成と入金力: 効果的な資産運用の基礎を知ろう! こんにちは! 投資や資産運用に関心を寄せている方には、「投資は資金量が肝心」「積立投資の重要性」といった言葉を聞いたことがあるかもしれません。 この記事では、...

インデックス投資を毎月5万円積み立てるといくらになる?

インデックス投資は、毎月5万円を積み立てるとどれくらいの資産が築けるのでしょうか? 今回は、以下の条件でシミュレーションを行ってみました。

  • 初期投資金額:0円
  • リターン(年率):5%
  • 毎月積立額:5万円
  • 投資期間:30å¹´

その結果、毎月5万円を30年間積み立てると、総投資額は1,800万円になります。

平均的なリターンの場合、30年後の運用収益は、2,361.3万円です。

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html

毎月5万円の積み立てが可能であれば、将来の資産に対する不安も軽減できます。老後の資産形成に向けた第一歩を踏み出しましょう。

松井証券は、国内有数の老舗証券会社であり、投資家からの信頼も厚いです。多彩な投資商品やアドバイザリーサービスを提供しており、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに応えています。

この機会にぜひ松井証券公式サイトをチェックしてみてください!

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

インデックス投資の注意点

インデックス投資は低リスクな投資方法ですが、成功するために気をつけるべきポイントがあります。以下、そのポイントを一つずつ解説します。

1. コストがかかる

インデックス投資には、手数料や費用がかかります。ですから、コストを最小限に抑えることが大切です。そのために、低コストのETF(上場投資信託)やインデックスファンドを選びましょう。

投資先のコストを比較することで、長期的なリターンに影響を及ぼすコストを最小限に抑えられます。以下はいくつかの低コストETFの代表例です。

  • Vanguard S&P 500 ETF (VOO): このETFは、アメリカの株式市場の代表的な指標であるS&P 500を追跡するETFで、コスト率は0.03%と非常に低い水準です。
  • iShares Core MSCI EAFE ETF (IEFA): IEFAは、先進国を対象としたMSCI EAFE指数に連動するETFで、コスト率は0.07%です。
  • Schwab U.S. Large-Cap ETF (SCHX): このETFは、米国の大型株式に投資することを目的としており、コスト率は0.03%です。
  • SPDR Portfolio S&P 500 ETF (SPLG): このETFも、S&P 500に連動して投資することを目的としており、コスト率は0.03%です。
  • iShares Core S&P Total U.S. Stock Market ETF (ITOT): ITOTは、米国の株式市場全体を対象とするETFで、コスト率は0.03%です。

2. リバランスを定期的に行う

リバランスとは、ポートフォリオのバランスを定期的に調整することを指します。市場の変動に対応するために、リバランスを実施しましょう。変動に応じてポートフォリオを調整することは重要です。

3. 投資目的とリスク許容度を考慮する

投資目的とリスク許容度に合った戦略を選ぶことが肝要です。投資目的は個々に異なり、「退職後の生活の資金準備」や「子供の教育資金の積み立て」など多岐にわたります。それぞれの目的に合致したリスク許容度を決定し、適切な投資戦略を採用しましょう。自身の投資目的とリスク許容度をしっかり確認することが重要です。

あわせて読みたい
インデックス投資と株価の歴史:暴落前に投資すべき? インデックス投資を始める際、多くの人が「株価が暴落するのを待ってから投資すべきか?」と疑問に思うことでしょう。 この記事では、インデックス投資において暴落前に...

まとめ インデックス投資で老後資金を毎月5万円積み立てよう

この記事では、インデックス投資を活用し、毎月5万円ずつ積み立てる方法について詳しく説明しました。

老後の資金を準備するためにどれだけの資産が必要なのか、そのポイントを解説しています。これを参考に、自身の資産形成に役立てましょう。

松井証券は、国内有数の老舗証券会社であり、投資家からの信頼も厚いです。多彩な投資商品やアドバイザリーサービスを提供しており、投資初心者から上級者まで幅広いニーズに応えています。

この機会にぜひ松井証券公式サイトをチェックしてみてください!

おすすめ投資口座!
松井証券
  • 優秀なロボアドバイザー
  • サービスの手厚さ
  • PTS取引に対応
  • 事前入金なしでIPOに応募

\SBI証券と楽天証券の両方の商品が買える /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次