【投資で資産を守る新時代】預金だけでは不十分!初心者向けの賢い投資戦略とポートフォリオ

現代は預金だけに頼ると、資産の価値が減少してしまう時代です。この変化と不安の中で、新しい資産ポートフォリオの構築が必要になっています。

会社員かフリーランスか、既婚かシングルかといった個々の状況に合わせて、資産を守りつつ増やすためには、どのような投資戦略が適切なのでしょうか? 今の時代に合った投資方法を探求することが大切です。

マネックス証券は、初心者からベテラントレーダーまで幅広く使いやすく、米国株の取引が充実している、資金が少ない人でもIPOに参加しやすいです。
この機会にぜひマネックス証券公式サイトをチェックしてみてください。

※当サイトには広告が含まれます。

おすすめ投資口座!
マネックス証券
  • 国内現物株が手数料引下げでお得に
  • 取扱商品の種類が多い
  • IPOに強くて便利
  • 米国株と中国株に強い
  • 便利なツールやアプリが豊富
  • 投資情報やマーケット情報が豊富
  • 少額投資ができる
  • ロボアドバイザーサービスの「マネックスアドバイザー」の手数料が安い
  • 一般信用取引の種類が豊富
  • 投資で貯まるマネックスポイントが便利

\米国株の取扱銘柄数5,000超 /

目次

不安定な時代に資産を守る!投資の新常識

現在の不透明な世界情勢の中、投資は一見怖く感じるかもしれません。しかし、インフレの時代には投資の必要性が増しています。預金の利息が少ない今、インフレによりお金の価値が下がるリスクがあります。

デフレが続いたため、インフレのリスクを軽視しがちですが、投資への考え方を変えるべき時が来ているのです。

投資には価値が下がるリスクもありますが、重要なのは投資の基本原則を守ることです。

その原則とは、以下の3つです。

  1. 「長期」投資で一時的な価値減少に耐える
  2. 複数の資産に「分散」投資をする
  3. 積み立て」を利用し、高値での一括購入を避ける。

これらを理解し実行することで、投資で資産を守ることが可能です。

長期投資の力と分散投資によるリスク軽減

国内外の株式と債券に均等に投資し、10年間保有した際、最高の収益率は2011年度から2020年度の間に10年保有したケースでは、最低でも、1999年度から2008年度の10年間であっても、リターンはマイナスにはならなかったという報告もあります。

つまり、「分散」投資をして「長期」保有すれば、いつ始めても資産が減少することは起こりにくいようです。また、「積み立て」投資によって投資時期を分散させることで、さらに効果的な結果が期待できます。

資産を安全に運用するためには、必要な資金を別に確保し、長期での値上がりを待つ余裕のある資金のみを投資することが重要です。投資の基本原則を守りながら、資産の価値減少を防ぎましょう。

あわせて読みたい
【新NISA!】つみたてNISA(積立NISA)の始め方!新NISA口座開設方法や買い方・証券会社の選び方まで徹底... つみたてNISA(積立NISA)を始める手順や、口座開設、投資方法、証券会社の選び方について詳しく説明します。 つみたてNISAは、2018年1月から導入された非課税制度で、最...

①投資に回す額を決める

投資を始める第一歩は、いくら投資できるかを正確に判断することです。これには、現在の資産のうちどれだけを投資に回せるかを明確にする必要があります。

ポートフォリオを構築する際の基本を理解しましょう。緊急時に備える資金は「流動性資金」とし、数年以内に使用する予定の資金は「安全性資金」として確保します。残りの資金、つまり長期的に増やしたい資金は「利殖性資金」として位置づけます。

流動性資金と安全性資金を適切に確保することで、株価が下落した際に売らざるを得なくなるような状況を避け、長期的な価値の上昇に集中できます。

資金の分配において、ライフスタイルに合わせたポイントも重要です。例えば、目黒氏によると、「収入が不安定なフリーランスは流動性資金を多くする必要があり、子どもの教育費は安全性資金として確保すべきです」とのことです。パンデミックによる業績悪化や将来の収入不安がある場合、流動性資金や安全性資金を多めにすることを推奨します。

自分のライフプランを考慮し、資産をこれら3つのカテゴリに分け、自分に合ったポートフォリオを描いてみましょう。

②どのように投資をするか決める

投資を始める際に次に考えるべきは、どのようなスタンスで投資をするかです。まずは、利殖性資金(長期的に増やしたい資金)を決定し、それをどの投資対象にどの割合で分配するかを検討します。

株式は長期的な資産増加の主要な源泉です。流動性資金と安全性資金を確保した上で、利殖性資金は基本的に株式に全額投資しても良いでしょう。しかし、株価は数年ごとに20~30%下落することがあり、その下落によるストレスで投資をやめたくなることが一般的です。

株価が下落している時に投資をやめると損失が確定してしまいますので、それは避けるべきです。そのためには、リートや金などの資産を組み合わせて、株式100%のポートフォリオよりも価値の変動を緩やかにすることが効果的です。自分自身がどれだけのリスクを取れるかを考慮し、どの投資対象にどの程度投資するかを決めることが重要です。

moomoo証券は米国株に関する情報を迅速かつ効率的に提供する高性能アプリです。プロ投資家が利用するようなツールを試してみたい方は、moomoo証券のiOSアプリまたはAndroidアプリをぜひ試してみてください。

あわせて読みたい
​moomoo証券(ムームー証券)についての詳細解説:口コミ、評判、口座開設方法、手数料 moomoo証券は、米国の金融情報アプリ「moomoo(ムームー)」を運営する企業であり、米国株のファンダメンタルズ分析やテクニカル分析に役立つ多彩な機能や、最新の米国...
おすすめ投資口座!
moomoo証券
  • リアルタイムマーケット情報
  • 金融ニュース(経済指標や決算速報含む)
  • 板情報(米国株のみ)
  • 銘柄ランキング(高配当利回り・上昇トップ・空売り増減など)
  • 銘柄検索・スクリーニング
  • ヒートマップ
  • 機関投資家売買動向
  • 投資家同士のコミュニティー「moo」

\ 機関投資家や著名な投資家の取引情報がわかる! /

リスク別投資ポーロフォリオのススメ!

ここでは、あなたに合った投資ポートフォリオの組み方をご紹介いたします。

リスクを抑えたい人向けの投資ポートフォリオ

リスクを抑えたい場合のポートフォリオには、地域や資産の多様化が鍵となります。利殖性資金の60%を世界中の株式に分散投資し、高いリターンを目指しましょう。残りの部分は、先進国の債券、国内のリート、金に投資して、ポートフォリオ全体の価値の変動を安定させます。

リート(不動産投資信託)とは、多くの投資家から資金を集めて、オフィスビルや商業施設などの不動産に投資し、その賃料収入を収益とする投資商品です。景気が悪化しても賃料はしばらくの期間は下がりにくいため、景気が悪い時でもある程度の安定性を提供すると考えられています。
リートの価格の動きは株価とは異なるため、ポートフォリオの分散効果を期待することができます。国内リートに投資するインデックスファンドだけでなく、先進国のリートに投資するインデックスファンドも存在し、これらを利用することで手軽にリートへの投資が可能です。このように、リートは安定性と分散効果の両方を投資ポートフォリオに提供する魅力的なオプションです。

国内株にも投資したい場合は、株式投資を国内株15%、先進国株45%と分けることを検討してみてください。投資信託を活用しつつ、国内株に関しては自分で個別銘柄を選ぶ方法もあります。また、金への投資はETF(上場投資信託)を利用することで、手軽に行うことができます。このように分散し、リスクを抑えつつ投資を行うことが、賢い投資戦略です。

あるいは、

少し積極的に投資したい人向けの投資ポートフォリオ

積極的に投資を行いたい場合、株式の割合を全体の約85%に設定し、高いリターンを狙います。世界中の株式に投資する投資信託を利用すると、この戦略は手軽に実行できます。さらに、国内リートや先進国リートへの投資を投資信託で行い、金にはETFを用いて投資します。

株式は景気の動向を先取りして価格が変動する傾向がありますが、リートは景気が下落しても比較的価格が安定する傾向にあります。これらの異なる価格変動の要因により、資産の分散効果を高めることができます。株式投資の部分については、国内株、先進国株、新興国株に分け、それぞれの比率を調整することも効果的です。この方法で、リスクを分散しながら、積極的なリターンを目指すことができます。

あるいは、

積極的に投資したい人向けの投資ポートフォリオ

「積極的に投資したい」と考える場合、流動性資金と安全性資金を確保した上で、利殖性資金(長期的に増やしたい資金)を全額株式に投資する方法があります。短期的な価格変動に動じない自信があれば、この戦略は適しています。

全世界の株式に投資する投資信託を利用すれば、一つの商品で世界経済の成長に参加することが可能です。国内株の個別銘柄にも投資したい場合は、それらを先進国株や新興国株の投資信託と組み合わせると良いでしょう。さらに、ポートフォリオに金を約10%程度加えることで、分散効果を高めることができます。この戦略では、一つの資産クラスに集中することで高いリターンを狙いつつ、金による分散でリスクを軽減することが期待できます。

あわせて読みたい
オールカントリーとS&P500、どちらが投資に適している? オールカントリー(オルカン)とS&P500は、インデックス投資の人気先として注目を集めていますが、両者の選択に迷うこともあるでしょう。 https://moneychat.life/m...

積み立てと税制優遇を活用して、賢く投資しよう

資産を効果的に増やすためには、「買い方」に工夫が必要です。まず、積み立て投資が重要です。例えば、投資可能な資金が300万円ある場合、一度に全額投資するのではなく、時期を分散させて投資することで、高値で大量に購入するリスクを避けることができます。

もう一つのポイントは、税制優遇制度を利用することです。投資信託やETFを対象とした「つみたてNISA」は、得られた利益が非課税になる特典を提供します。この制度では、長期投資に適した、低コストの商品が選べるメリットもあります。

あわせて読みたい
【新NISA!】つみたてNISA(積立NISA)の始め方!新NISA口座開設方法や買い方・証券会社の選び方まで徹底... つみたてNISA(積立NISA)を始める手順や、口座開設、投資方法、証券会社の選び方について詳しく説明します。 つみたてNISAは、2018年1月から導入された非課税制度で、最...

また、「iDeCo(個人型確定拠出年金)」では、投資された金額が所得控除されるため、所得税や住民税が低減されます。さらに、運用で得られた利益も非課税です。年収や職業によって掛け金の上限は異なり、自営業者やフリーランス、企業年金がない会社員には特に節税効果が大きいです。

ただし、iDeCoは60歳まで引き出せない点に注意が必要です。深野氏によると、「キャリア形成のための費用捻出が可能かどうかを考慮し、金額はライフサイクルに合わせて調整すると良い」とのことです。

投資を始める際には、商品の種類が豊富で手数料が低いインターネット証券を検討するのも一つの選択肢です。

国内株、個人取引シェアNo.1証券でNISA口座で国内4取引所, 海外9カ国の株式に投資できるのはSBIだけです。NISAでIPOもできるなど死角がないので、迷ったらSBI証券で口座開設しましょう。

以下にリンクからすぐ開設ができますよ!

おすすめ投資口座!
  • 豊富な商品・銘柄から投資先を選べる!
  • 高ポイント付与率でクレカ積立ができる!
  • IPO投資できる!
  • SBI証券の取扱商品数は業界トップクラス

\ 株式取引シェアNo.1! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次