AI半導体のすべてを知ろう!エヌビディアの強さ

AI半導体とは、人工知能(AI)の演算処理を高速化するために設計された半導体チップのことです。

AIは膨大なデータを学習して、人間のように判断や推論を行うことができますが、そのためには高い計算能力が必要です。AI半導体は、AIの一種である深層学習(ディープラーニング)に適した構造や回路を持ち、従来の半導体よりも効率的にデータを処理できます。

AI半導体は、スマートフォンやパソコン、自動車やロボットなど、様々な分野でAIの活用を可能にする重要な技術です。

目次

半導体とは

半導体とは、電気を通す性質が金属ほどではないが、ゴムのような電気を通さない絶縁体ほどでもない物質のことです。

半導体は、温度や電圧などの条件によって電気の通り方を変えることができます。この特性を利用して、電気信号を制御したり、増幅したり、記憶したりすることができます。半導体は、トランジスタやダイオードなどの電子部品の素材として使われます。また、これらの部品を集積回路(IC)として一つのチップにまとめることで、さらに高度な機能を実現できます。半導体は、コンピューターやスマートフォン、テレビやカメラなど、現代の情報社会に欠かせない電子機器の基盤技術です。

20代向けITエンジニア特化型就職サポート【ウズキャリIT】

AI半導体とは

AI半導体とは、AIの演算処理を高速化するために設計された半導体チップのことです。

AIは膨大なデータを学習して、人間のように判断や推論を行うことができますが、そのためには高い計算能力が必要です。

しかし、従来の半導体では、AIの一種である深層学習(ディープラーニング)に必要な多層のニューラルネットワーク(人間の脳を模した回路)を効率的に処理することができませんでした。そこで登場したのが、AI半導体です。

あわせて読みたい
生成AIとは?初心者向けにわかりやすく解説 AI(人工知能)と聞くと、何を思い浮かべますか? 画像や音声、テキストなどを認識して分類したり、予測したりするAIが多くの人に馴染みがあるかもしれません。 https:/...

AI半導体は、深層学習に適した構造や回路を持ち、従来の半導体よりも効率的にデータを処理できます。例えば、深層学習では多くの行列演算(数値の配列同士の計算)が必要ですが、AI半導体ではこれらの演算を並列化して高速に実行できます。

また、深層学習では多くのメモリ(記憶装置)が必要ですが、AI半導体ではメモリと演算回路を近づけることで、データのやり取りを減らして消費電力を抑えることができます。さらに、AI半導体では、深層学習の特性に合わせて、演算精度やメモリ容量などを柔軟に調整できます。

AI半導体は、スマートフォンやパソコン、自動車やロボットなど、様々な分野でAIの活用を可能にする重要な技術です。例えば、スマートフォンでは、AI半導体を使って顔認証や音声認識などの機能を高速かつ低消費電力で実現できます。パソコンでは、AI半導体を使って画像や動画の編集や生成などの作業を高速かつ高品質で行えます。自動車では、AI半導体を使って自動運転や先進運転支援システム(ADAS)などの機能を高速かつ安全に実現できます。ロボットでは、AI半導体を使って人間との対話や協調作業などの機能を高速かつ自然に実現できます。

エヌビディアはなにがすごいのか

AI半導体の分野で最も注目されている企業が、米国のエヌビディアです。

エヌビディアは、もともとはゲームなどの映像を高速に処理するためのGPU(画像処理半導体)を開発していましたが、そのGPUが深層学習にも適していることに気づきました。エヌビディアは、GPUをAI向けに最適化し、さらにAIの開発や運用に必要なソフトウェアやプラットフォームも提供することで、AI半導体の市場で圧倒的なシェアを獲得しました。

あわせて読みたい
NVIDIA(エヌビディア)とは?いま流行りのAI半導体企業について初心者にわかりやすく解説! NVIDIA(エヌビディア)は、半導体やAI(人工知能)の分野で世界をリードする企業です。 特に、GPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)の開発で知られており、...

エヌビディアは、AI半導体の技術革新にも積極的に取り組んでいます。例えば、2017年に発表した「Volta」というGPUは、従来のGPUよりも15倍も高速に深層学習ができるとされました。また、2019年に発表した「Ampere」というGPUは、「Volta」よりもさらに20倍も高速に深層学習ができるとされました。さらに、2020年に発表した「Grace」というCPU(中央処理半導体)は、従来のCPUよりも10倍も高速に大規模なデータセンターで深層学習ができるとされました。

エヌビディアは、AI半導体だけでなく、AIの応用分野でも多くの成果を出しています。「DLSS」は、低解像度の画像を高解像度に変換する技術で、ゲームや動画の品質を向上させることができます。「Omniverse」は、3Dモデルやシミュレーションなどのデジタルコンテンツを共有や連携できるプラットフォームです。「Clara」は、医療画像や遺伝子データなどを分析する技術で、診断や治療に役立てることができます。

エヌビディアは、AI半導体の分野で圧倒的なリーダーシップを発揮していますが、その一方で、競合企業も続々と参入しています。例えば、米国のインテルやAMDは、自社のCPUにAI機能を追加したり、専用のAI半導体を開発したりしています。また、米国のグーグルやアマゾン、フェイスブックなどのIT大手は、自社のクラウドサービスで使うために、独自のAI半導体を開発しています。さらに、中国のアリババやテンセントなどのIT大手も、自社のAIサービスで使うために、独自のAI半導体を開発しています。日本でも、ソニーや富士通などの電機メーカーや、トヨタやホンダなどの自動車メーカーが、AI半導体の開発に取り組んでいます。

まとめ AI半導体

AI半導体とは、AIの演算処理を高速化するために設計された半導体チップのことということがわかっていただけたのではないでしょうか?

AI半導体は、深層学習に適した構造や回路を持ち、従来の半導体よりも効率的にデータを処理できます。AI半導体は、スマートフォンやパソコン、自動車やロボットなど、様々な分野でAIの活用を可能にする重要な技術です。AI半導体の分野では、エヌビディアは、AI半導体の分野で圧倒的なリーダーシップを発揮していますが、その一方で、競合企業も続々と参入しています。AI半導体は、今後も技術革新と市場競争が激しくなる分野です。AI半導体の最新情報に注目しましょう!

G-JOBエージェント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次