人気歌手テイラー・スウィフトの経済効果「スウィフトノミクス」

アメリカの人気ポップ歌手、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)が引き起こす経済現象を指して、「スウィフトノミクス」という言葉が使われています。

この現象は、テイラー・スウィフトのコンサートチケットに関連して発生し、単に供給と需要や人気度だけでは説明しきれない特別な出来事です。

例えば、テイラー・スウィフトの全米ツアーのチケットは発売と同時に、驚くほど多くの人々が求め、ウェブサイトまでクラッシュするほどの騒ぎが巻き起こりました。

そこで今回は、いま注目の経済学「スウィフトノミクス」についてお伝えいたします。

moomoo証券は米国株に関する情報を迅速かつ効率的に提供する高性能アプリです。プロ投資家が利用するようなツールを試してみたい方は、moomoo証券のiOSアプリまたはAndroidアプリをぜひ試してみてください。

あわせて読みたい
​moomoo証券(ムームー証券)についての詳細解説:口コミ、評判、口座開設方法、手数料 moomoo証券は、米国の金融情報アプリ「moomoo(ムームー)」を運営する企業であり、米国株のファンダメンタルズ分析やテクニカル分析に役立つ多彩な機能や、最新の米国...
おすすめ投資口座!
moomoo証券
  • リアルタイムマーケット情報
  • 金融ニュース(経済指標や決算速報含む)
  • 板情報(米国株のみ)
  • 銘柄ランキング(高配当利回り・上昇トップ・空売り増減など)
  • 銘柄検索・スクリーニング
  • ヒートマップ
  • 機関投資家売買動向
  • 投資家同士のコミュニティー「moo」

\ 機関投資家や著名な投資家の取引情報がわかる! /

目次

コンサートの「ぜいたく」が危機の時代の新たなトレンド

新型コロナウイルスのパンデミックが私たちの生活に大きな影響を与えました。社会的距離の必要性から、多くの大規模な集会やイベントが制限され、中止されました。これにより、音楽コンサート、スポーツイベント、劇場などのエンターテイメント体験がしばらくの間利用できなくなりました。

しかし、パンデミックが終息し、これらのイベントが再開される時、人々はそれらを新たな「ぜいたく」として楽しむことを始めました。言い換えれば、これらの体験は一般的な日常から特別な贅沢として位置づけられつつあります。

この変化は、私たちの消費行動や価値観が変わっていることを示しています。コンサートや他のライブイベントは、社会的なつながりの再構築や一時的なストレス発散の手段として、新たな価値を見出されつつあります。特に厳しい社会的、経済的状況下で、これらのエンターテイメント体験は人々の幸福感と生活の質向上に貢献しているのです。

ロッコノミクス

音楽業界を通じた経済学の新概念「ロッコノミクス」とは何でしょうか?

故アラン・クルーガー氏はプリンストン大学の政治経済学教授であり、音楽産業を通じた経済現象を「Rockonomics(ロッコノミクス)」と命名しました。 クルーガー教授は、若干16歳でデビューし、コンサートと商品の売上を成功させたテイラー・スウィフトを「経済学の天才」と絶賛しました。

ロッコノミクスは、元バラク・オバマ政権の経済顧問であったアラン・クルーガーが提唱した経済学の概念です。 彼はこの概念を使用して、音楽業界内で起こるさまざまな経済的現象とその影響について研究しました。

スーパースターエコノミー:音楽産業の特徴

クルーガー教授による観察によれば、音楽産業はしばしば「スーパースターエコノミー」の特徴を示しています。これは、市場の大部分の利益がほんの一部のトップパフォーマーに集中している状況を指します。 この現象は、音楽業界だけでなく、映画業界、スポーツ業界、さらには技術業界でも見られるものです。

デジタル化とグローバリゼーションの進展により、この現象はさらに増幅されています。たとえば、デジタル音楽配信プラットフォームが普及することで、人々は世界中のどこからでも音楽を簡単に購入・ストリーミングできるようになりました。その結果、有名なアーティストの曲は世界中で広く聞かれ、その収益も増大する傾向があります。

さらに、ロッコノミクスは、音楽産業が他の産業とどのように相互作用するかにも焦点を当てています。例えば、規模の経済、ネットワーキング効果、著作権法などについても考察しています。 これらの概念は、音楽業界だけでなく、様々な産業や市場全体の動向を理解するための鍵となることが多いです。

クルーガー教授の研究は、音楽産業を通じて、経済の理解を深める新たな視点を提供しています。それは、技術の進歩やグローバリゼーションが、どのようにして産業の構造と収益性を変化させるかを示す一例とも言えます。

テイラー・スウィフトという存在が新たなカテゴリーを築いている

カリフォルニア大学リバーサイド校のキャロライン・スローン教授によれば、テイラー・スウィフトは通常のアーティストとは異なり、新たなカテゴリーを築いているとのこと。また、チケット転売市場を研究するカナダのビクトリア大学のパスカル・クーティ教授は、”希少性が需要を増加させていると感じることが非常に一般的だ” と指摘しています。

希少性の経済学|スカルピング

パスカル・クーティ教授のコメントは、経済学の基本原則を示しています。それは、商品やサービスの価値はその希少性に応じて高まるという考えです。この原則は、限定版の商品、人気のスポーツイベントやコンサートのチケット、希少なアート作品など、供給が制限されているアイテムほど当てはまります。

音楽コンサートやスポーツイベントのチケット転売市場では、この原則が特に顕著です。特定のイベントのチケットが数に限りがあるため、需要が供給を超えると価格が急騰します。これが「スカルピング」として知られる現象の一因で、転売業者はイベントの人気や希少性を利用して高額でチケットを再販し、利益を上げます。

ただし、このような転売行為は公正な市場へのアクセスを制限し、元の価格よりも高い価格でチケットを入手しようとする一般消費者に不利益をもたらすとして非難の声もあります。これに対処するため、一部のアーティストや主催者は、チケット転売を制限するためのさまざまな手段を採用しています。

価格の非弾力性

一方で、スウィフトノミクスが経済の重要な問題に対する答えを提供するかどうか、具体的には金利や失業率が上昇しているときでも消費が増え続けるかについては意見が分かれています。メリーランド大学のカーニー教授は、法外な高額チケットに対する現象を検討する際に慎重であり、米国経済の健全性を評価する上で、「多くの熱心なファンにとって、チケットの需要は非常に非弾力的な要素であるという観点がむしろ適切であるかもしれません」と述べています。

カーニー教授のコメントは、特定の商品やサービスに対する消費者の需要が「非弾力的」であるという経済学の概念を指摘しています。需要の「非弾力性」とは、価格の変動に対して需要があまり変動しない性質を指します。言い換えれば、価格が上昇しても下落しても、消費者の購入量がそれほど変わらないことを示します。

この概念は、特に熱心なファンが存在するエンターテイメント産業でよく見られます。たとえば、人気バンドのコンサートチケットやスポーツイベントのチケットなどが該当します。ファンがそのバンドやスポーツチームを非常に強く支持している場合、チケットの価格が上昇しても需要が大きく減少することは滅多にありません。

これは、彼らがその経験を高く評価しており、価格が重要な要素でないことを示しています。そのため、彼らの需要は価格変動に対して「非弾力的」であると言えるのです。この事実から、非弾力的な需要が存在する市場では、チケット転売業者が価格を引き上げることが可能であることが理解できます。その結果、チケットの転売市場で法外な価格が見られることがあります。

まとめ スウィフトノミクス

「スウィフトノミクス」は、テイラー・スウィフトというユニークなアーティストが引き起こす現象で、その影響力、コンサートチケットへの高い需要、およびそれに伴う転売市場での異常な価格高騰を指します。

この現象は経済学的な視点からも分析されており、注目されています。

moomoo証券は米国株に関する情報を迅速かつ効率的に提供する高性能アプリです。プロ投資家が利用するようなツールを試してみたい方は、moomoo証券のiOSアプリまたはAndroidアプリをぜひ試してみてください。

あわせて読みたい
​moomoo証券(ムームー証券)についての詳細解説:口コミ、評判、口座開設方法、手数料 moomoo証券は、米国の金融情報アプリ「moomoo(ムームー)」を運営する企業であり、米国株のファンダメンタルズ分析やテクニカル分析に役立つ多彩な機能や、最新の米国...
おすすめ投資口座!
moomoo証券
  • リアルタイムマーケット情報
  • 金融ニュース(経済指標や決算速報含む)
  • 板情報(米国株のみ)
  • 銘柄ランキング(高配当利回り・上昇トップ・空売り増減など)
  • 銘柄検索・スクリーニング
  • ヒートマップ
  • 機関投資家売買動向
  • 投資家同士のコミュニティー「moo」

\ 機関投資家や著名な投資家の取引情報がわかる! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次