未来のお財布は顔と手で!生体認証決済の革新的な可能性

近年、技術の進歩により私たちの日常生活における支払い方法は大きく変わってきました。一般的なキャッシュやクレジットカードに代わる新たな支払い手段として、生体認証決済が注目を集めています。特に顔や手のひらを使った生体認証決済は、私たちの身体的な特徴を利用する画期的な方法であり、未来のお財布としての役割を果たす可能性があります。

大手カード会社も「顔で支払い」 生体認証決済に勢い

米アップルや米グーグルが既にスマホでの決済の本人確認に生体認証を活用しているほか、米クレジットカード大手のマスターカードは顔を見せて支払う「手ぶら決済」の取り組みを一部で始めているようです。

目次

生体認証決済とは

顔や手のひらは、それぞれの個人に固有の特徴を持っています。

顔の形状や手のひらの模様は、他の人とは異なる独自の特徴を持っており、この特徴を利用することで、個人を正確に識別することができます。この生体認証技術を支払いに応用することで、パスワードの入力やカードの出し入れの手間を省くことができます。

顔や手のひらを使った生体認証決済は、多くの利点を提供しています。

まず第一に、便利さが挙げられます。支払い時に顔をスキャンするだけで取引が完了し、キャッシュやカードを持ち歩く必要がありません。また、手のひらを使った支払い方法は、さらに手軽で簡単な操作が可能です。手をかざすだけで支払いが完了するため、よりスムーズな体験が期待できます。

さらに、生体認証はセキュリティ面でも優れています。指紋や虹彩などの生体情報は、個人ごとに異なるため、他の人がなりすましをすることは非常に困難です。従来のパスワードやPINコードなどと比べて、生体認証は高い認証の信頼性を持っています。

虹彩(こうさい): é»’目の奥の茶目の部分のことを言います。 中心部には瞳孔という穴が開いており、これがカメラでいう絞りの役割をします。 瞳孔以外の部分の虹彩は色素の細胞によって光が通過できないようになっています。

しかしながら、顔や手のひらを使った生体認証決済には懸念事項も存在します。プライバシーの問題や誤認識の可能性など、いくつかの課題が浮上しています。そのため、この新たな支払い方法を実現するには、適切なセキュリティ対策や法的規制の整備が欠かせません。

未来のお財布は顔と手で支払いが可能になるかもしれません。

貸付投資のFunds(ファンズ)

大手企業も生体認証決済を導入

アップルやグーグルなどの巨大テック企業は既に決済に顔認証を導入しています。

マスターカードや中国の電子商取引(EC)大手アリババ集団傘下の金融会社、アント・グループが手掛ける決済サービス「アリペイ(支付宝)」も、生体認証決済事業への投資が進んでいるようです。

米スターバックスは現在、精算時間を短縮して利便性を高めるため、米アマゾン・ドット・コムの手のひらによる生体認証決済「アマゾン・ワン(Amazon One)」を試験導入しています。米エナジーマートなどのコンビニエンスストアやヤフーもアマゾン・ワンや顔認証技術を通じて生体認証決済の研究開発を進めています。

一方、米銀大手JPモルガン・チェースは一部小売りと共同で生体認証決済を試しているようです。

GMOコイン【法人口座】<.div>

生体認証決済のメリットとデメリット

ここで生体認証決済のメリットとデメリットをまとめます。

生体認証決済のメリット

  1. 便利さ
    生体認証決済では、顔や手のひらをスキャンするだけで支払いが完了します。お釣りを用意したりクレジットカードやQRコードを読み取ったりする必要もなく、キャッシュやカードを持ち歩く必要がなく、手間を省くことができます。
  2. 高いセキュリティ
    顔や手のひらの生体情報は個人ごとに異なるため、他の人がなりすましをすることが困難です。指紋や虹彩などの生体情報は高い認証の信頼性を持っています。生体認証では身体的な特徴により本人確認を行うため、パスワードを管理・入力する必要はありません。よりスピーディーかつ安全な決済を実現しています。
  3. 速さとスムーズさ
    生体認証決済は迅速かつシームレスな支払い手段です。顔をかざすだけで取引が完了し、手のひらをかざすだけで支払いができます。また、認証端末に顔を向けるだけというシンプルな設計であることから、電子マネーの使い方が分からず利用していない層も活用しやすい可能性があります。

生体認証決済のデメリット

  1. プライバシーの懸念
    生体情報を利用するため、個人のプライバシーに関する懸念があります。生体情報が不正にアクセスされる可能性や、個人の識別情報との関連付けによるプライバシー侵害のリスクがあります。
    また、万が一顔認証システムの情報が漏えいした場合、パスワードのように何度も変更できないため高いリスクが生じます。
  2. 誤認識の可能性
    生体認証システムは高度な技術を使用していますが、時には誤認識が起こることがあります。環境の変化や生体情報の一時的な変化、認証端末との距離や設置場所、光の当たり具合など条件によって、正確な認識が妨げられる可能性があります。
    2019年のエセックス大学の発表によると、ロンドン警視庁の顔認証システムが犯罪者と認識した42人のうち、正しかったのは8人だったと報告されています。81%の確率で不正確な認証が起きることが分かり、公的機関でのシステム利用が見直されています。
  3. 限定的な対応デバイス
    生体認証決済は特定のデバイスやシステムに依存しています。対応デバイスが限られているため、普及までに時間がかかる可能性があります。

まとめ 生体認証決済

生体認証決済は、顔や手のひらなどの個人の生体情報を利用した支払い方法です。この新たな技術は、便利さと高いセキュリティ性を特徴としています。顔や手のひらをスキャンするだけで支払いが完了し、キャッシュやカードを持ち歩く手間を省くことができます。また、個人の生体情報は他の人とは異なるため、なりすましを困難にします。

一方で、生体認証決済にはプライバシーの懸念や誤認識の可能性といったデメリットも存在します。生体情報の取り扱いには注意が必要であり、個人のプライバシー保護を確保する必要があります。また、環境の変化や一時的な生体情報の変化によって、誤認識が起こる可能性もあります。

生体認証決済はまだ進化の途中であり、普及には課題が残されています。プライバシーやセキュリティの面での懸念事項を解決し、技術の信頼性を向上させる必要があります。しかしながら、その利便性と高いセキュリティ性から、生体認証決済は将来的に私たちの支払い方法の一部となる可能性を秘めています。適切な対策と技術の進歩によって、生体認証決済がより安全で便利な支払い手段として発展していくことが期待されます。

コインチェック<.div>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社シュタインズ
「テクノロジー×教育の研究開発」を事業の基盤に、現在は金融教育サービス事業「Moneychat(http://moneychat.life/)」の企画と開発を進める。

目次